眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック







睡眠には2種類あります。レム睡眠とノンレム睡眠です。

この2つは寝ている間に交互に現れてます。1サイクルは約90分。

この間にレム睡眠とノンレム睡眠の1サイクルが行われます。

ネコ4




レム睡眠


レム睡眠とはRapid eye movement sleepの意味で、
日本語では「急速眼球運動を伴う睡眠」といいます。


これは身体は寝ているのですが、脳は覚醒状態であるために起きることで、
比較的浅い眠りです。夢を見るのもレム睡眠中に見ます。


このレム睡眠は約20~30分ほど続きます。





ノンレム睡眠


ノンレム睡眠とは、レム睡眠とは逆で「急速眼球運動伴わない睡眠」をいいます。
このノンレム睡眠は、レム睡眠と違い、深い眠りで別名「脳の眠り」と言われています。
これはレム睡眠中は「脳は眠らない」からいわれていることです。


ノンレム睡眠は1~4段階あり、数字が大きくなるほど深い眠りになります。
特にレベル4の深い眠りは「深睡眠(しんすいみん)」
もしくは「徐波睡眠(じょはすいみん)といわれ、
睡眠の質を改善するのに欠かせません。


この深睡眠は寝ている初期の段階にしか現れません。時間がたつと深睡眠は出現しないのです。


つまり長く寝たからといって、睡眠の質を確保できないのです。

ネコ5




睡眠中の現象


睡眠に入ると、最初に現れるのがノンレム睡眠です。つまり最初に深い眠りに入るのです。
この最初のサイクルと2回目のサイクルくらいがレベル4の深睡眠に入ることができます。
しかしその後の眠りでは何度行っても深睡眠には入りません。
それは寝ている時間が長くなると、起きる準備をするように脳が命令するからです。


睡眠中というのは、危険な状態です。しかし生物の中で眠らない生物はいないのです。
それは睡眠の必要性を表していますが、同時に危険な状態を持続することへの
危機管理も必要としているのです。


初期の段階でしっかり睡眠をとれば、あとはできるだけスムーズに起きられるように、
深睡眠状態にはならないようになっております。

女性2



ここに睡眠の質を上げるポイントがあります。








眠りの時間をいくら増やしても深い眠りになりません。もちろん忙しい身の上で
たくさん寝るなんて贅沢ができる訳がありません。



それよりも睡眠の質=深い眠りをいかに実現するかが重要になります。



そのためには最初の3時間をしっかり眠ること。



最初の3時間での2つの睡眠サイクル、このタイミングで来る2回の深睡眠で

できるだけ「睡眠の質」を確保することが重要だと思います。






眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック