睡眠は自律神経の変化に影響を受けます。自律神経は内臓等の活動を管理している不随意神経です。

2種類あり、「交感神経」と「副交感神経」に分かれます。

「交感神経」は活動中に活発になる神経で、特に昼間の活動期に活性化されます。

「副交感神経」は休息時に活発になる神経で、睡眠中は副交感神経が活性化されます。


ネコ4




眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック






自律神経とは、呼吸や発汗、体温調整や代謝、そして内臓器官等を機能を司ります。

これは運動神経や感覚神経等の体性神経系とは別です。運動等は本人の意思で動かすことが

できるので、「随意神経」といいます。それに対して自分の意思で動かすことができない自律神経は

「付随意神経」と呼ばれます。

その自律神経は「交感神経」と「副交感神経」に分かれます。







交感神経と副交感神経


交感神経は身体が活発に活動している時に活性化します。特に運動状態の時には活性化され、
発汗や心拍数の上昇、筋肉の緊張等が行われます。このような状態はいわゆる「起きている」
状態とされます。



副交感神経は身体が休息している時に活性化する神経です。身体は落ち着き、心拍数は減少し、
筋肉の緊張は緩和される。つまり「休んでいる」時に活性化するのです。



休息状態、特に睡眠状態にはこの「副交感神経優位」の状態を作らなければなりません。

イヌ1




副交感神経優位


副交感神経が優位になるには、リラックスした環境を作らなければなりません。

先に書いたように交感神経は活動時に活性化します。

この交感神経とは「闘争と逃走の神経」と言われるように、
身体の危機に対して「身構えている」状態です。

このような緊張の連続状態は心身ともに負担が大きい訳です。




眠らない生物はいません



人間のような、ある種の安全な環境に置かれている生き物はさておき、

野生動物でも眠ります。眠ることは命の危険性があります。

しかしそれを差し置いても眠ることを必要としているのです。



そういった生物にとって不可欠な「睡眠」は、緊張状態から解放されることで

眠りやすい状態になります。

このリラックスした状態を作る。つまり「副交感神経優位」の状態を作ることで

速やかに寝付くことでき、最初と2回目のサイクルで現れる「深睡眠」状態に

入ることができます。








副交感神経を高めるために…!




副交感神経を高めるには、逆説的ですが交感神経を刺激しないことです。



つまり刺激を与えないことです。


大きな音を出さない、強い光を当てない、強い運動をしないといったことで、

興奮状態にならないことが必要です。




よく仕事で帰りが遅くなって、明日も早く寝なければならない。

それなのに眠れないということがあると思います。

心身ともに疲れているはずなのに…早く眠りたいのに眠れない。

ベッドに入っても目が冴えてくる。

ネコ1



これは、交感神経が活性化している状態だからです。

先程までに仕事をガンガンやっていて、交感神経が刺激された状態にあり、

それが副交感神経優位になっていないからです。



もちろん仕事が忙しいと、仕事のことばかり考えて、脳が緊張しているので

眠ることができないということもあります。




これら睡眠のための神経を認識し、速やかに寝付くことで

「睡眠のを高めることができます。





眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック