眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック






「睡眠の質」を高めるためには寝て最初と2回目に訪れるノンレム睡眠を重視します。

この2つのノンレム睡眠はレベル4に達する「深睡眠」で、ぐっすり眠ることができます。

寝付きを良くすることで「深睡眠」を有効利用しましょう。

そのためには眠りやすい状態副交感神経優位の状態を作るようにしましょう。


ネコ4







これまでで「睡眠の質」を確保するため、

睡眠初期に訪れる回目と回目の「ノンレム睡眠」を重視することを書きました。
http://blog.livedoor.jp/kanagawajiro/archives/1146743.html


そしてそのためには休息状態を作るために、
副交感神経優位」の状態にする必要があることも書きました。
http://blog.livedoor.jp/kanagawajiro/archives/1177985.html



それにはどうすればよいか?





副交感神経優位の状態を作る。


副交感神経優位の状態を作るにはどうすればよいのでしょうか?


(Aさんの場合)

Aさんは忙しいサラリーマン。毎日遅くまで仕事をしています。
日付が変わって帰宅することも多く、睡眠時間の確保できていません。
それにもまして、Aさんを困らせているのは、帰ってから早く寝ても
なかなか眠れないということです。


1日中仕事をしているので、心身とも疲れています。
それなのにベッドに潜り込んで、目をつぶっていても眠くならない。
明日も早く起きて、仕事に行かなくてはならない。しかし眠れない。
眠れないと、明日は大変だ。明日もハードワークが待っている。
それでも眠れない。むしろますます目が冴えてきてしまう。


こういうことってありますよね。


これは副交感神経優位の状態を作ってから、
ベッドに入らないから起きることです。



つまりリラックスしていないのです。







どうすれば良いか?



ここで重要なのは眠る前に「副交感神経優位」の状態を
作るようにしなければならないということです。


そして眠くなってからベッドに入らなくてはならないのです。



Aさんは先程まで仕事をしていました。つまり「交感神経優位」の状態だったのです。


そのままベッドに入れば、興奮状態が続いているので眠ることができません。


だから仕事が終わったら、「仕事のことはきっぱり忘れて!」
リラックス状態を作るように心がけてください。


イヌ1


そんなことはできねーよ!




何て言われそうですが、仕事のことを考えても考えなくても、


また明日はやってくるのです。


そしてその時は嫌でも仕事のことを考えなければならないのですから、

できるだけ「すっぱりと」切り替えるようにしてください。



例えば12時に帰ってきて、明日朝6時に起きなければならない時でも


「6時間しかないから早く寝ないと…」ではなく、


4時間半でもぐっすり眠れば大丈夫だから、1時間半かけてリラックスしようと考えるべきです。



そうすることで、「副交感神経優位」の状態を作ることができます。





眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック