「副交感神経優位」の状態にするには何といっても帰宅時間を有効に使うことです。

もちろん帰宅は疲れる作業ですし、スーツを着ながらリラックスはできないのですが、

できる限り、リラックスに近い状態を作るようにしましょう。


ネコ1





眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








帰宅時にリラックス状態になる。



毎日、満員電車に揺られて通勤する辛さは、私も良く分かります。

しかし睡眠のためには、その帰り…つまり帰宅時間を有効活用すべきです。



それは帰宅してからの短い時間だけで
「副交感神経優位」の状態を作ることは難しいからです。

前回、6時間を4時間半に削るという事例を出しましたが、
あくまでベッドに入って眠れない状態を維持しているのであれば…
という前提付きです。


すぐに眠れるのであれば、
すぐに寝た方が良いのです。



しかし帰宅して、ヘトヘトになっているのに、
興奮状態で眠れないという時には、
その興奮を抑えるために時間を作って、
リラックス状態を作るという意味に過ぎません。



しかし帰宅してから、リラックス状態を作るようにするよりは、
帰宅時間である程度リラックス状態を作った方が、
よりスムーズに副交感神経優位の状態を作ることができます。








帰宅時間の有効活用


帰宅時間は人によって違いますが、
まず一番重要なのは仕事および煩わしいことを
一切考えないということです。


ここで必要なのは「気持ちの持って行き方」です。


どうしても今日あった細々したことを思い出す人は、
できる限りやめてください

もし難しいようなら、思いっきり反省する時間
作るのも良いでしょう。


例えば、会社から帰って、帰宅の電車の中で、
半分まで来るまでは「思いっきり」悩む。

上司の叱責、取引先の苦情、同僚の噂話、
部下の視線等々、思い出して、みます。


その代わり半分が過ぎると、一切悩むのをやめます


大体、悩んでいることは、あまり意味のないことです。
帰りの電車で悩んでいてもどうしようもないことですから。


なら悩まないで、すぱっと切り替えましょう。
しかしそう簡単に切り替えられない人は
悩む時間を作ることで、切り替えをしやすくします。


そして切り替えをしたら、あとはリラックス状態を作るためのみに、行動します。


女性1






帰宅時間でリラックス状態を作る。


リラックス法は人それぞれですから、
一概に何をしろとは言えません。
ただし刺激をすることは避けた方が良いでしょう。




スマホで刺激的な映像を見ることやゲームをして
脳を活性化するなどはやめた方が良いでしょう。



しかしそれが楽しみだ!

という人であれば、あえて禁止はしません。


ストレス解消になれば、リラックスにもなりますから。


要は刺激を求めるのではなく、
リラックスすることが目的ですから。







眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック