快適な睡眠をするためには、
入眠儀式を作る必要があります。


毎日眠るためのルーティンを決めておくと、
スムーズに眠ることができます。


ネコ9







眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








パブロフの犬!


パブロフの犬という実験があります。


旧ソ連の科学者パブロフが、
犬にエサをやる時、一緒にベルを鳴らします。


そうすると犬はベルの音を聞いただけで、
唾液の量が増えるようになります。



元々ベルと唾液の量は全く関係ありませんが、
エサを加えることで、ベルの音=エサと認識、
エサをもらえると思い、反射的に唾液を分泌します。



ここではベルを鳴らすことを条件付け、

そしてベルの音で唾液の分泌が増えることを

条件反射と言います。





これは犬だけではなく、人間にもおきます






レモンや梅干しを思い出しただけでも
唾液の分泌量が増えることは経験があるでしょう。


ネコ8








入眠儀式!




そこで眠る前に毎日のルーティンを決めておくと、
スムーズに入眠することができます。


例えば、よく部屋着のまま(例えばTシャツとか)
眠る人がいますが感心しません


そこで部屋着から、例えばパジャマに着替えると、


「これから眠るんだな!」



と脳が認識します。




もちろんパジャマではなくても、
のTシャツでもいいですし、吹きなアロマの香りや、
癒しの音楽を聴くのもいいでしょう。




とにかくこれをやると、脳が条件反射として

眠るんだな!

と思われる儀式を作ることです。


イヌ1






おすすめはメモ書き!

1つおすすめなのはメモ書きです。



特に明日の仕事を気にして寝られない人は、
明日起きてからの予定を書いておくのです。


何時に「企画書を書く」
何時に「相手に電話をする」

などと予定を書いておくと、頭の整理にもなります。




特に漠然としていると、
寝ていて堂々巡りに仕事を思い出し、
さらに眠れなくなります。



そこでメモ書きして、整理すれば、
明日はこの通りにやれば大丈夫だという
安心感ができます。


それにメモ書きすると、
心配事を外部に吐き出すことができます。



どうして良いのか分らないというのが
一番困るのです。


そうならないように
寝る10分くらい前にメモ書きをする習慣をつけ、
仕事の悩みを外部に吐き出し、
リラックスして入眠することができます。




入眠の儀式を確立し、
睡眠の動機付けをすることで、
スムーズな入眠を心がけましょう。








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック






女性1