眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック






「副交感神経優位」の状態にするには何といっても帰宅時間を有効に使うこと。

そして帰宅中にできるだけリラックス状態を作り出し、「副交感神経」優位の状態を作り上げることが重要です。

そのためには脳の中のつぶやきをやめることが必要になります。


ネコ4






脳の中の”つぶやき”



脳の中での”つぶやき”とは何かわかりますか?

実は我々はいつもつぶやいています。覚醒状態にある時はいつも。

歩いている時も、ぼーっとしている時も、脳が動いている限りつぶやいているのです。

つぶやくことで脳の中の言語中枢を刺激し、記憶や論理の機能も活性化します。

そういったことは「副交感神経優位」の状態からほど遠いのです。

むしろ睡眠しやすい状態から覚醒状態に移行してしまいます。

この脳のつぶやきを、いかに止めるか?これが「副交感神経優位」の状態を

作るうえでの肝になるでしょう。



ネコ1






脳のつぶやきを止められるか?



この脳のつぶやきを止めることができるか?


先に「我々はいつもつぶやいている」と書きました。

ぼーっとしている時も、実はつぶやいているのです。

なら止めることはできないのではないでしょうか?




しかし上記をもう一度読み返してください。

「つぶやくことで脳の中の言語中枢を刺激」と書いてあります。

そう…頭の中でも、声を出しても、つぶやくことは変わらないということです。

脳の使用している箇所では同様なのです。




ではどうやって止めることができるか?


それは通常の言葉でもそうですが、


人間は同時に二つ声を発することはできない。


ということです。



つまり頭の中のつぶやきが始まったら、同時に頭の中で

アーッと叫んでみるのです。


声を出してはダメですよ。周りがびっくりしますから。


心の中で、アーッって。



そうすると、他のつぶやきが出ません。こうすることで意味のある言葉として、

つぶやきを出せなくなります。




これは心療内科医の森下克也氏の推薦する方式です。



イヌ1








あっちょんぶりけ!


私はこの方法に少しアレンジを加え、あっちょんぶりけ!」と叫んでいます。


「あっちょんぶりけ」とは手塚治虫さんの漫画「ブラックジャック」のキャラクターで

ブラックジャックの助手をやっているピノコのよく使う言葉です。



この言葉のいいところは意味がないということです。


何か意味のある言葉を思い出すと、その意味を追ってしまいますが、

この言葉には意味がありません。そして言葉を聞いただけでは意味を想像もできません。


「天網恢恢疎にして漏らさず」とかだと分からなくても意味を考えてしまいます。




それがありません。




そしてもう一ついいことは、私は実は「ブラックジャック」に詳しくないのです。



子供のころに非常に慣れ親しんだアニメとかであれば、内容を思い出してしまいます。

そうすると、脳が活性化することになります。


それではむしろ目が冴えてしまいますし、つぶやきも再開してしまいます。

そうならないように、あまり詳しくない話で、意味のない言葉などが良いと思います。



そうじゃなければ、アーッでもいいと思います。





眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック