眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック




皆さんはよく眠れていますか?





ネコ4




健康な生活をしたい!



だれでも思うことでありますが、健康な生活とは「病気じゃない」というだけではありません。




健康とは


世界保健機構(WHO)の定義では

「身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない」

となっております。



つまり「病気じゃない」だけではないのです。
「精神的」にも「社会的」にも「良好な状態」でなければなりません。



ここで「身体的」「精神的」「社会的」すべての問題を一つのことで解決することは不可能です。









健康をはかる重要な指標



しかし健康でない状態を把握することは、一つの指標だけで十分です。





それはよく眠れているか?





ということです。





なにか悩みがあったり、不安があったりすると、途端に眠れなくなります。

ネコ3





皆さんの日常生活では色々と不安や不快なことも多いでしょう。


そういう時は、よく眠れないのではありませんか?


そう健康であるかどうかは、よく眠れるかどうかで大体わかるのです。









意外に多い不眠症


実は不眠というのが、病気だと認識されたのはつい最近のことなのです。


これまではよく眠れないというと、精神科に紹介されることが常でした。



最近の日本では「睡眠科」という部署が生まれましたが、
まだまだ数は少ないのです。





そして愛知医科大学の睡眠科教授の塩見利明氏によると



日本人の4~5人に1人が睡眠に関して問題を抱えていると言われます。




こういった悩みを持つ多くの人に対して、



医師の数が絶対的に不足しているのが実情なのです。






眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








よく眠れるようになるにはテクニックが必要



ここで重要なのは、眠るにはテクニックが必要であるということです。
眠るとはどういうことか?そしてより眠りやすい状態を作るにはどうするか?



こういったことは、ちょっとした心がけでできるようになるのです。




もちろん非常に重症な睡眠障害もあります。
うつ病のようなケースもあります。
そういったときには専門の病院にかかることをことをお勧めします。




しかしこれまでよりよりよく眠れるようになるためには、
このちょっとしたテクニックを試してみるのもいいのではないでしょうか?






「眠る」とはどういうことなのか?



皆さんは、「人はなぜ眠るのか」ご存じでしょうか?




実は明確な答えはまだわかっていないのです。


ある人は、昼間の活動で疲れた身体を休ませるためと主張し、
ある人は、溜まった老廃物を排出するためと主張し、
ある人は、脳の情報を整理するためと主張します。



それらは正しいかもしれませんが、実はどうでもいいことなのです。




なぜなら寝られないと人間には確実に死に至るからです。




実は寝られない病気というのがあります。




「致死性家族性不眠症」という名前で脳に不具合が起き、
睡眠と覚醒のリズムがコントロールできなくなります。




そして1~2年で死に至ります。



この病気は遺伝性で特効薬や有効な治療法も見つかっていません。



つまり眠れないということは、

生命の危機的な状況も起こりうるということなのです。






理解させれない不眠



ところで不眠で辛いことは何だと思いますか?



それは周りの人の理解がないということです。




不眠自体の認知が少ないこともあり、風当たりはきついのです。



寝不足になると、昼間の活動が鈍る。疲労が蓄積しやすくなる。
やる気が起きなくなり、活動量が減る。



実際に健康上まったく問題がないのに、仕事に前向きに取り組まないのですから、
「やる気のない」と見なされても仕方がありません。



しかし不眠で辛いだけではなく、周りからも理解されないのは耐えられません。



こうした辛い状況に「不眠」で悩んでいる人は陥っているのです。

女性2





睡眠の質を重視する。


こういった「不眠」や「寝不足」に悩んでいる方がたくさんいます。


その中で重症の方は専門の医療機関で治療していただきたいのですが、
そうでない方は、自分たちの努力によって、「寝不足」を解消できます。



それには眠るためのテクニックが必要なのです。



それはどういうことか?それはおいおい紹介していこうと思いますが、
その前に「不眠」を解消するためには何を目指すべきか書いておきます。




ここでは「睡眠のを上げることを目指します。




どういうことかというと、睡眠不足を解消するにはたくさん眠ればいい。



つまり睡眠時間をどう確保するかを考えると思います。




しかしそれだけでは不十分なのです。




大体、現代社会で今の仕事を続けながら、睡眠時間をたっぷり確保するのは
至難の業です。



それができるのなら、睡眠不足で悩むことはないはずですから。




そこで考えるのは「睡眠のです。




簡単に言うと「ぐっすり眠る」ことです。
女性1




睡眠時間を確保しても、目が冴えて眠れないという経験は誰にでもあるでしょう。

ここでは時間は全く問題ないが、(つまりぐっすり眠れない)が問題なのです。




そしてこれはテクニックで十分カバーできるのです。





量を増やすことができなければ、を改善しろ!





「睡眠のを上げることで、

「不眠」「寝不足」の辛さから脱却しましょう。




眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック