皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


男性5


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










アミロイドβ蛋白!


人はなぜ眠るのか?


これについては幾つかの説がありますが、
結論は出ていません


何となく思うのは
体や脳を休めることですが、


どうして体や脳を休めるのでしょうか?



体は筋肉に疲労がたまると
動くことができなくなるからだと言われますが、
脳はどうして休ませなければならないのですか?


それについては
確定的なことがわかっていませんが、
つい最近新たなことがわかってきました。


それはアミロイドβ蛋白です。




アミロイドとは
特定の構造を持つたんぱく質で、
これが沈着すると様々な病気が起こるとされます。


特にアミロイドβ蛋白は
アルツハイマー病の原因と考えられています。


アミロイドβ蛋白が脳に溜まってくると
アルツハイマー病が始まると考えられているのです。




動物実験によると
覚醒時には脳を覆っている脳脊髄液で
アミロイドβ蛋白の濃度が
上昇することがわかっています。


そして眠っている夜間は
脳脊髄液のアミロイドβ蛋白濃度が低下します。



アルツハイマー病の原因物質が
活動中は濃度が上昇し、
睡眠中は低下するのです。



因みに脳脊髄液とは
脳や脊髄の間を覆っている液体で、
体液の一種です。


脳などを保護する目的で作られます。


ネコ3


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









どうして低下するのか?


ではどうしてアミロイドβ蛋白の濃度が
低下するのでしょうか?


この理由は、睡眠中の方が覚醒中より、
脳の髄液中を自由に行き来できる
空間が広がるためです。


髄液の中をアミロイドβ蛋白が
自由に移動でき、排出されるためと考えられます。


単純化して言うと、
寝ている時には水量が増大して
排出されるというイメージです。


もちろん実際には脳脊髄液は増加しません。
しかし自由に動ける空間が増えることで、
排出が容易になるのです。


そういう意味では睡眠とは
脳に有害な物質が溜まり、
定着することを防いでいると言えるでしょう。


眠らなければボケてしまうとは
よく言ったものです。


事実、アルツハイマー病
かかりやすくなるのですから。








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



女性4