皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


夜泣き1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック












最近について書きました。


今回は夢の中でも見るのも嫌な夢
悪夢について書いていきます。







悪夢を見るという恐怖!



夢の中には”良い夢”ばかりではありません。

中には悪い夢、悪夢を見ることもります。



悪夢とは文字通り「悪い夢」です。
見ていると不快になる夢、恐怖を感じる夢です。


大体、起きて意識のある時の体験に
基づくものが多いのですが、
たまに体験していない夢もあります。


「不快」「嫌悪」「恐怖」「怒り」などの
感情が混じることが多い。



悪夢を見る人は、夢の中の差し迫った恐怖に対し、
危機を避けようとしたり、対処をしようとします。


しかしほとんど成功しません


むしろ夢の中の恐怖に対して、
対処が失敗することの方が多いのです。


そして悪夢で目が覚めます


寝起きは最悪で、びっしょりと汗をかき、
息遣いが荒いこともあります。



悪夢を全く見ない人は存在しないのですが、
毎晩のように見ると問題があります。


研究者によっては
悪夢障害と名づける人もいます。

男性1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











確かに毎晩毎晩リアルな悪夢を見るのなら
障害と言ってよいかもしれません。


悪夢によって夜中に起きたり、
寝ることが怖くなることで
睡眠不足から日中の活動が低下し、
注意力が散漫になります。



寝ることが怖くなるとは
不眠の症状の第一歩です。


寝ようと一生懸命になることは
かえって快眠から遠のきます。


それは寝よう寝ようとして
緊張するからです。


緊張すると、交感神経優位になり、
急速に適している副交感神経優位にはなりません。


大体、交感神経は行動するときのモードです。
別名「逃走と闘争の神経」と言われています。


つまり危機に対して、

逃げるか?戦うか?

を判断しているのです。


恐怖にかられた悪夢を見ているということは
リラックス状態からほど遠いことを意味します。


それが睡眠を阻害するのです。











悪夢の男女差!



このように悪夢には共通の不快さがあるのですが、
興味深いのは男女差があるということです。


男性の場合、
危機的な状況における情動を伴った悪夢が多い。
「上司に繰り返し怒られた」
「通り魔に追いかけられた」

などという悪夢が多いのです。



女性の場合、
自分と子供を守る自己防衛的な夢が多いのです。
「子供が崖から落ちそうになるのを助けた」
「子供の乳母車が坂を転がり落ちた」

などという夢が多いのです。



男性の場合は、
自己を中心とする被害に対する悪夢が多く、


他方、女性の場合は、
子供の危機に関する悪夢を見ることが多い。



そこには母性本能の働きが
考えられています。











眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



ネコ1