皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


nemuri_neko


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











眠れないと死ぬ?




数週間にわたって眠りを剥奪する
という実験があります。


これはネズミの実験ですが、
2匹のネズミを回転テーブルに置きます。


片方には脳波を測定し、
眠ると回転するようにできており、
回転すると、テーブルから落ちます。


両方は仕切りがしてあり、
お互いに行き来できません。


テーブルの下には水を張ったプールがあり、
ネズミは濡れるのが嫌いなので
回転テーブルが回ると目を覚まします。


もう一方には寝てもテーブルは回りません。


こういう状況で実験すると、
片方のネズミはどんどん痩せて、
2~3週間で死んでしまいます。



しかし片方のネズミは何の変化も起こりません。



面白いことに、
睡眠不足のネズミは餌を食べる量が増えます


どんどん増えていき、最終的には2倍も食べます
しかし体重は逆に減少していくのです。



女性5


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











眠れない病気!



人は100時間程度しか断眠できません。


ある実験では
200時間程度断眠した記録がありますが、
それも例外的な事例でしょう。


断眠が72時間を超えると、
幻聴や幻視に悩まされます。


あるはずのないものが見え、
あるはずのないものが聞こえるという
ことになります。


ただし長時間睡眠をしなくても
一晩眠ればすっかり良くなります


寝不足もリカバリーは早いのです。





ところで一睡見できなくなる病気が
あることをご存知でしょうか?


家族性致死性不眠症と言い、
イタリアの名門一族で初めて見つかりました。


基本的に遺伝する病気です。


症状が発生するのは
中年期以降に不眠が始まります。


そのまま次第に一睡見できなくなり、
7~32か月後に死亡します。



この病気は狂牛病と同様に
プリオンの異常によって起きます。


プリオンは外部から取り込むという
イメージがありますが、
事実は、人を含むすべての動物は
プリオン遺伝子を持っています。


そのプリオン蛋白が
異常を起こすことによって発生しますが、


狂牛病は、食物を介して入ってくるのに対して、
家族性致死性不眠症は家系に伝わる
遺伝子の異常によって起こります。



しかしこの病気はいまだに謎が多く、
どうして死に至るのか分かっていません


人は眠れないと死に至るのですが、
この病気はそれを証明しているのかもしれません。










眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



ネコ2