皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ2


最適な睡眠時間とは?



最適な睡眠時間とはどのくらいでしょうか?



よく8時間睡眠などと言いますが、

8時間が正しいという訳ではありません。



これは人によって違ってくるのです。







つまり長く眠らなくてはダメな人と、

短い時間でも大丈夫な人がいるのです。






長く眠らなければいけない人はロングスリーパー

短くても十分な人はショートスリーパーと言います。





これは当然ですが個人差があります。




例えばロングスリーパーの代表的な人物に

アインシュタインがいます。


彼は毎日10時間以上寝ないと

体調がすぐれなかったといいます。





またショートスリーパーでは

ミケランジェロなどが有名です。



彼は教会の壁などに絵を描く時には、

足場の上で寝ていたそうです。



いちいち降りるのが面倒くさかったようです。



そして15分ほど寝ると起き上がり、

また作業を続けたそうです。






まあ確かに15分くらいの睡眠なら

わざわざ降りることはないでしょう。




もちろん15分が全ての睡眠時間ではなく、

それを複数回繰り返していたそうです。

眠くなると寝て、起きたければ起きる。



ペットの犬猫のような生活ですが、



彼は芸術をやっている時が、

何より楽しみだったから、

このような生活になったそうです。









あとショートスリーパーの代表者のように

言われているナポレオンは

3時間しか眠らなかったといわれるが、

結構昼寝をしていたそうだ。





リングスリーパーやショートスリーパーは

あくまで体質であり、それによって健康は害しない。


むしろ無理やり寝たり起きたりすると健康に悪い。





こういった体質もあるので、睡眠には気を付けましょう。





まあ朝起きた時に快適であれば、

何時間寝ていてもよいでしょう。




ネコ8



そしてもっと重要なのは、

昼間の状態です。



昼間に耐えがたい眠気が襲ってきた時には、

日常の睡眠時間が足りないということです。



その場合は、

もう少し睡眠時間を

確保するようにしましょう。





最適な睡眠時間とは、

朝すっきり起きられることとともに、

昼間の眠気が少ないことです。



こういったことを考えると、

昼間の眠気が耐え難い時には、

昼寝で対処するのではなく、

睡眠時間を30ほど伸ばしてみましょう。




1週間ほどやってみて、昼間の眠気が少なければ、

それがあなたの適性な睡眠時間です。




もし、それでも昼間の眠気がとれなければ、

もう30分増やしてみましょう。



そんな時間がないというのなら…、

睡眠時間を確保するために、

時間を削り出しましょう。



それについてはこちらを参照してください。



快適な睡眠こそが、幸せのバロメーターです。


そのためにも

自分の適性な睡眠時間を把握しましょう。


女性5