皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ3



不眠は遺伝するか?




色々な病気には遺伝的性格があります。


ガンは遺伝が原因であることもありますし、
各種の病気でも遺伝の影響が考えられます。


また病気などでなくても
ハゲや毛深いなどもそうですし、
身長や体重、それに性格なども
遺伝の影響があります。



人間は父母から生まれるのですから、
その遺伝的性格が影響を及ぼすことは
十分考えられるでしょう。


そういう意味では
不眠も遺伝的側面が考えられないでしょうか?



これは現在でも、
あまり注目されていないのですが、
不眠は遺伝的な背景を有する者が多いのです。




外国の調査でも不眠症者の70
家族歴を有すると報告されています。


一方、非不眠症者の中では、
家族に不眠症者は20程度しかいません。



この20%とは
一般の不眠症レベルと変わりません。






つまり不眠症者が家族に居ると、
通常より不眠症者が発症する割合が多くなるのです。


もちろん家族が共有する生活習慣や、
睡眠衛生の特性にも配慮すべきです。



家族が深夜まで起きていることを
常態化していると、子供もそうなるように、
不眠に対しても影響を与えることがあります。




しかし遺伝的傾向も確実に観察されています。



nemuri_neko



不眠が遺伝する理由!



どうして不眠が遺伝するのかというと、

まだよくわかっていません。




しかし一説によると、睡眠中の脳波パターンが
遺伝性を有するからだと言われています。


睡眠機能に関しては
色々な遺伝子が睡眠に影響を与えていることが
報告されています。


特に徐波睡眠(ノンレム睡眠でも一番深い睡眠)の
増減に関しては遺伝子の影響が考えられている。


遺伝子は当然、親から子へ遺伝します。



また体内時計を司るマスタークロック
時計遺伝子の関与がある。



これらの遺伝子が
睡眠の影響を与えているのです。



故に、不眠に関しても
遺伝的影響が否定できないのです。




ただし残念ながら、不眠と遺伝が
どの程度影響があるかはわかっていません。




最近までに分かっていることは




睡眠に遺伝子が影響を与えている。

      ↓

実際に重要な睡眠関係遺伝子がある

      ↓

じゃ、不眠にも関係あるんじゃ・・・。






というくらいです。


しかし最近の予想では
確実に影響はあるだろうということです。




実際に70%の不眠症者が、
家族に不眠症者がいることからも
その確率は高いと言えるでしょう。


今後の研究が待たれます。





のび太