皆さんよくれていますか?

このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。



ネコ11



不眠症の認知行動療法!



不眠症に対する治療では
幾つかの方法があります。



その中で標準的な治療法と推奨されているのが、

認知行動療法というアプローチです。





認知行動療法とは、

問題や症状の維持要因となっている
その人の考え方(認知)や振る舞い(行動)を
把握して、対策をとる心理療法です。


特に行動による”癖”を見抜き、
それに対する対策を施します。




その”癖”が睡眠を阻害している
身体的および心理的要因であれば、
それを取り除いていきます。


特に心理的要因であれば、
それを本人に理解させた上で、
取り除かねばなりません。


こういった”癖”は本人のルーティン、
つまり「日常」になっていることが多いのですが、
それを取り除くとむしろストレスになり、
余計に眠ることができなくなります。


そこでしっかり話し合い、説明して、
睡眠阻害要素を取り除く必要があります。





そして認知行動療法には3つの対策があります。

「刺激制限法」
「睡眠制限法」
「睡眠スケジュール法」

です。




以下では睡眠スケジュール法について説明します。


ネコ5




睡眠スケジュール法!



睡眠スケジュール法は


刺激制限法睡眠制限法の2つを
あわせた方法です。



※「刺激制限法」についてはこちら

※「睡眠制限法」についてはこちら


つまり不眠だからといって、
長々と寝床で過ごさずに、
眠くなってから過ごすようにすること、


そして睡眠日誌で平均睡眠時間を割り出し、
起床時間を決めて、起床時間から逆算して、
入床時間を決めること。



それにより睡眠効率を上げる睡眠法です。




もちろん「刺激制限法」の要素である、
睡眠を阻害する要因を取り除きます。




実はこれまで書いた
「刺激睡眠法」も「睡眠制限法」も

単独で行うことはほとんどありません



両者をミックスして
「睡眠スケジュール法」として行うのが一般的です。


つまり睡眠を阻害する要素を取り除くこと、

睡眠時間を制限して、睡眠効率を上げること、



この両者を並行して行うのです。




考えてみれば、この2つは両立できるものなので、
両方やらないことの方がおかしいのです。





睡眠制限法により、
睡眠時間を極力、入眠時間に合致させ、
寝床で眠れずに焦燥している時間をなくす。


寝床はるところ


という認識を持たせることが、主眼である。



イヌ1





睡眠スケジュール法への抵抗!



不眠症の患っている方は、
睡眠スケジュール法に抵抗を示すことがある。


それは不眠症なので、眠れなくて困っている。



そこに睡眠時間を制限しようとするので、
不眠症患者は抵抗感を示します。




そこにはある考えがあります。




それは眠れなくても、
目を瞑っていれば身体が休まる。




というものです。





確かにこれは事実です。



眠れなくても目を瞑っていると
疲労回復になります。




しかしそれは”多少”であるに過ぎません。



不眠の根本的な対策にはならないのです。



むしろある程度睡眠時間を削っても、
しっかり眠れた方が疲労回復になります。



熟睡できる方が、
良いに決まっているのです。



寝床で焦燥感にかられながら多少休まるのと、
短くてもしっかり熟睡できるのとでは
疲労回復の度合いが違うことが明らかです。



睡眠時間を削っても睡眠効率を上げて、
より深い睡眠をするように説得する。


特に医者は患者と
信頼関係を作らなければなりません。



そして睡眠時間を制限する、
睡眠スケジュール法がどうしていいのかを、
訴えるべきでしょう。



不眠症患者への一番の敵は、
不眠症患者の焦燥感です。


眠れなくて焦ること、
これをなくしていかなければなりません。



女性4