皆さんよく眠れていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。




子供の寝ぼけ

ダリ2


幼児は睡眠中に急に起き上がって
歩き回ったりします。


このような寝ぼけ行動のことを
睡眠遊行と言い、
別名「夢遊病」とも言います。


この睡眠遊行は5歳くらいから始まり、
12歳くらいが最も多くなります。

児童の約15%程度に症状が見られる。


ただし、児童の場合はほとんど気にすることが無く、
症状が出てもそれほど心配することではない。


症状は青年期になると自然に消滅することが多い。
ただごく稀には青年期に入ってからも
引き続いて起きることもある。

この場合は専門の治療が必要であるとされている。





睡眠遊行の発生!


のび太


睡眠遊行はレム睡眠時に起こる。

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠があるが、
レム睡眠とは「急速眼球運動」のことである。

つまり睡眠中に瞼の下で目玉が
キョロキョロ動いている状態を示します。

この状態は体は眠っていても、
脳が覚醒した状態です。

逆にノンレム睡眠は「急速眼球運動」が無い睡眠で
脳も眠っている状態を示します。

このノンレム睡眠にはさらに1~4段階あり、
4に近づくほど深い睡眠となります。



睡眠遊行はこの中で
深いノンレム睡眠の3~4段階で起きます。

このノンレム睡眠の3~4段階とは
睡眠から早い段階で起きます。
大体、寝て2~3時間程度で集中的に発生する。






睡眠遊行の症状!


ネコ10


睡眠遊行中は熟睡の最中ですが、
急に起きだし、虚ろな表情でベッドに腰掛けたり、
部屋の中を歩き回ったり、ブツブツと
意味不明なことをつぶやいたりします。

時には何かから逃げ回るように、
走り回ることもあります。


この時の脳波を測定してみると、
眼を開いて活動しているのに、
脳波は全くの睡眠状態を示します。


睡眠遊行時には障害物をよけたり、
ドアを開いた入りという行動を示すが、
他方では窓から出て落ちたり、
階段を転がり落ちたり、事故に遭うこともある。

そのため家族では家から出ないように
鍵をかけたり、室内を片付けたりする必要がある。


しかし不思議なことに睡眠遊行の最後
ほとんど自分のベットに戻って終る。





睡眠遊行時には

女性4


睡眠遊行時には途中で起こそうとしても
なかなか目を覚まさないことがある。

無理に起こそうとすると激しく抵抗し、
殴りかかるなどの暴力をふるうこともある。

成人の場合はこれが原因で
殺人事件に発展するケースもある。


こういう場合は睡眠遊行時の暴力が
刑事責任を問えるのかが争われることになる。



先程書いたように、睡眠遊行は子供に多く見られ、
他方、青年期になると自然に治癒する。

だから子供の場合は神経質になる必要はない。
特に子供は力も弱く、被害も多くないので、
周りの大人が適切に対応することが必要だ。


しかし大人になってもあるのであれば、
気を付ける必要がある。






夢遊病?


男性5


因みに「睡眠遊行」とは
一般的に夢遊病と言われている。

しかしこの言葉を使うのは慎重であるべきだ。

というのもこの症状が発祥している時には、
「夢」を見ていないからだ。


先述したように、
睡眠遊行はノンレム睡眠中に起きる。


ノンレム睡眠中は夢を見ない。

脳も眠っているために、
夢を見ることもないのだ。


そして睡眠遊行中の脳波は
ノンレム睡眠時の脳波と一緒なのだ。

つまり睡眠遊行中の本人は「夢を見ていない」


事実、睡眠遊行中の患者を無理やり起こした時も
「夢を見ていた」という報告は一切ない。


そして本人にも行動中の記憶がない。



現在、睡眠遊行は完全には解明されておらず、
確実な治療法もない。


そしてこれは「睡眠障害」というより、
覚醒時の障害であると考えられている。


というのも正しいノンレム睡眠の脳波を
表しているからだ。

つまり正しい睡眠から
「起きられない」のが問題だと考えられている。


問題は寝ている時ではなく、起きられないこと。
そして夢を見ていない状態である。

そう考えると、夢遊病というのは
間違った名前だといえるでしょう。


ネコ3