睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

起床

大人も朝の楽しみを!


皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


男性5



朝の楽しみで、早起きを!



以前、子供を早寝早起きにするためには
朝の楽しみを作ることを提案しました。

それについては下を参照してください。
http://kaitekisuimin01.com/archives/22764939.html



早く起きないというのは
夜更かしをする子供が多いということです。


夜更かしをすると
睡眠時間が足りず、情緒不安定になり、
キレやすい子供が増える。


そのためには
早寝早起きの習慣をつけさせ、
十分な睡眠時間をとり、
なおかつ規則正しい生活をすることが必要です。



そのためには
朝早く起きる習慣をつけることが必要です。




しかしコンビニが24時間やっており、
インターネットが発達している昨今、
夜更かしをすることが容易になりました。


そこで朝早く起きると
好きなことができる「お楽しみの時間」を作り、
子供を早起きにさせるように提案しました。






例えばゲームの好きな子供がいると、
夜にゲームをやることは厳禁にします。


しかし朝早起きをしたら、

朝食の時間まではゲームをしても良い

と決めるのです。



そうすると子供は
早く起きるメリットを感じて
早起きするようになります。



もちろん早起きと言っても
2時や3時に起きても困る訳で、
時間は決める必要はあります。



例えば
6時まではしっかり寝ること…とか



しかしそれ以降は、朝食までの時間は
いくらやっても良いと決めます。



これはゲームでなくても例えばお菓子とか、
アイスクリームとかでもいいでしょう。


ある程度の制限の下で、
子供の朝の楽しみを作ってあげるのです。


これによって、
早起きするモチベーションが上がります。



もしかしたら
朝の時間を有効に使うために
学校へ行く支度を昨夜のうちに
するようになるかもしれません。



夜更かしの習慣は
特に子供には有害です。



そのための早寝早起きの習慣をつけるため
このような方策が有効だと思います。





ところでこれは子供だけではなく、
大人に対しても有効なのです。




女性5







大人にも朝の楽しみを!



朝起きたら好きなことができる。


もしくは朝起きた時の楽しみを作る




こういったことであれば、
朝起きるのが楽しみになります。


そして早起きの習慣ができるようになります。




特に子供時代と違って大人の場合、
睡眠時間が短くなります。


つまり早起きになるのです。




そのため早起きには
それほど苦労しないはずです。




そのため例えば朝起きたら、
30分ほど散歩するとか、


好着な読書にあてるとか、



時間を有効に使って
自分の好きなことをやりましょう。


やはり朝は体を動かすことが望ましいのですが、
DVDを見るのでも構いません。



早起きの習慣を作ると、
自然に生活リズムが良くなります。


朝の時間の有効活用に利用しましょう。



ネコ2





快適な睡眠のためには、窓際族も悪くない



皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ6


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








オフィスワーカーの錯覚!


オフィスで仕事をしている人は
照明の下で仕事をすることになります。


もちろん窓際に仕事場がある人は
照明よりも太陽に光をたくさん
浴びているかもしれませんが、
ふつうは照明の明るさに慣れているのです。



余談ですが、
窓際に仕事場がある人は窓際族などといい、
会社員の中でも立場の良くない人が付きます。


しかしこの後書くように
窓際に机がある人は、
快適な睡眠のためには
良い場所だと言えます。





オフィスで仕事をしている時は
決して暗くないと思います。


例えばビルの高いところで働いている人は
ビルから外を見る時に、中の方が明かるい
思うことはありませんか?


知識として、
外の方が明かるいということはわかっていても
感覚として、中の方が明るいと思います。


皆さんもオフィスで働いている時に、
明るい照明の下で仕事をしていると思うでしょ


しかしそれは錯覚なのです。


人の視覚は焦点を合わせるため、
日常の明るさに対応しようとします。


日常的にオフィスの中で仕事をしていると
その明るさに適用してしまうのです。



男性4


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









太陽光と比べ物にならない


実はオフィスの照明は
仕事がはかどりやすいように、
500ルクス程度に調整されているのです。


机に上の高さで500ルクスです。


では太陽の明るさはどのくらいかというと
1万ルクスです。


オフィスの20という明るさです。




人は起きてから16時間後に眠くなります。

例えば朝7時に起きると、
夜11時には眠くなるのです。


それを調整しているのは
脳のマスタークロックです。


そしてマスタークロックは
体内時計の調整を行っています。


つまり起きたら朝だよと、体を目覚めさせ、
夜になると睡眠物質を排出し、眠りに誘うのです。


この時に排出するのが睡眠物質メラトニンです。


メラトニンは昼間はセロトニンという
覚醒物質に姿を変えます。


メラトニンは睡眠に誘い、
セロトニンは覚醒をソ即します。


このメラトニンは
光を浴びると排出を止めます。


それに合わせてマスタークロックは
体内時計を調整するのです。




ところでマスタークロックは暗くなると
メラトニンを排出するように即しますが、
その境目が500ルクスなのです。


つまり1日中オフィスの中にいると、
起きているのかいないのかわからず、
マスタークロックが混乱します


そのためしっかりと光を浴びて、
体内のメラトニンを量を減らして、
覚醒するようにしなければなりません。







それではどうすればよいのか?




簡単な話で、光を浴びればいいのです。


室内は500ルクス程度でも
窓際に行けば5000ルクスくらいにはなります。


新聞を読んだり、朝食を摂ったりするときも
できるだけ光を浴びるようにすれば、
時間的にも大丈夫です。


因みに5分程度光を浴びれば、
マスタークロックの調整はスムーズになります。



そういう面では窓際族は悪くありません。








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



日差し1





朝食にゼリーは大敵!


イヌ1



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








快適な睡眠のためには
夜遅く食べないことは重要です


お腹の中に消化物があると
睡眠中も消火活動が続き、
眠りにくくなります。

つまり睡眠の質が低下します。


できれば寝る3時間前、
少なくとも2時間以上前に
食事をすませましょう。




夕食を早めに食べると、
早朝お腹が空いてきます。


この空腹具合が、
スムーズに目を覚まさせてくれます。




ネコ9







朝何を食べる?



よく洋食和食かということで

朝食にはどちらがいいかと言われます。



結論から言うと和食の方が良いのですが、

洋食でも別にいいです





和食の方が良い理由は

よく噛むからです


よく噛むことで、
体を活性化させることができます。


噛むことは運動と一緒なので、
体を目覚めさせます。



以前、起床後16時間後
眠くなるという話を書きました。



つまり朝7時に目覚めると
夜の11時に眠くなるのです。


その時にしっかり目覚めることで、
体内リズムをリセットし、
1日のスタートとなります。


そのためには起きたら
しっかり朝日を浴びる習慣をつけることと

朝食をしっかりとることです。



朝食もよく噛むことで、
体を動かし、顎を動かすことで
体内リズムが活性化してきます。


そして体をしっかり動かすと
セロトニンを分泌します。


このセロトニンは、
夜になるとメラトニンになります。


このメラトニンが
睡眠に誘うのです。



よき眠りはよき起床から、

そしてよき朝食からなのです。




ただし和食の方が理想的ですが、
洋食でもしっかり口を動かせれば大丈夫です。


問題はゼリーなどで代用することです。




ゼリーは栄養補給にはなりますが、
口は動きません。



だから起床時の食事としては不適切です。


もちろん手軽で、
しかも時間がかからないから便利だとは思いますが、


こと睡眠よおび起床の面では
マイナスと言わざるを得ません。



便利なことは必ずしも
良いことではないのです。







眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



女性4




睡眠時間は個人差がある



ネコ11



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










睡眠は「質」「リズム」「量」で決まります。




睡眠は何といってもが重要です。

とはいかに深く眠るのかということです。




睡眠には浅い睡眠(レム睡眠)と

深い睡眠(ノンレム睡眠)があります。



レム睡眠の時には脳は休みません。

脳を休息させるには深いノンレム睡眠をとる必要があります。





朝起きた時にも長時間寝たにもかかわらず、

あまり疲れがとれていないことってありますよね。





あれは深い睡眠がとれていないからです。


脳が休まっていないから、疲れがとれないんです。





これが「睡眠の」です。







因みにレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルは

大体90分です。




つまり90の倍数で睡眠時間をとると、

スムーズに起床することができます。








<睡眠のリズム>

これは生活リズムとも関係があります。


先程書いたように、

眠くなるのは起床に関係があります。



起きた16時間後に眠くなるのです。


そしてそれを司るのは「体内時計」です。



体内時計は「いつ起きて」

「いつ寝るのか」が刻まれています。




このリズムが正常だと、快適な睡眠ができます。

しかしリズムが狂っていると眠れなくなります。

トカゲ1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








<睡眠の量>

いくら「質」の高い睡眠をとっていても、

睡眠の絶対量が少なければ意味がありません。


深い睡眠をとって、時間も90分サイクルでも

例えば3時間睡眠なら寝不足になります



よくナポレオンは3時間しか寝ないと言いますが、

実は結構昼寝をとっていたそうです。





つまり快適な睡眠をとるためには、


出来れば6時間以上の睡眠時間は確保するべきです。


もちろん短期間なら4時間半とかでもいいのですが、


ある程度の時間を確保するように心がけるべきです。










ところでこのような話は一般的な話です。





個別にはそうでは無い人もいます。






つまり長く眠らなくてはダメな人と、

短い時間でも大丈夫な人がいるのです。







長く眠らなければいけない人はロングスリーパー


短くても十分な人はショートスリーパーと言います。





これは当然ですが個人差があります。


そしてこういう人は先程書いた

「質」「リズム」「量」にも

当てはまらないケースがあります。

ネコ9





例えばロングスリーパーの代表的な人物に

アインシュタイン
がいます。


彼は毎日10時間以上寝ないと

体調がすぐれなかったといいます。





またショートスリーパーでは

ミケランジェロなどが有名です。



彼は教会の壁などに絵を描く時には、

足場の上
で寝ていたそうです。



いちいち降りるのが面倒くさかったようです。



そして15分ほど寝ると起き上がり、

また作業を続けたそうです。






まあ確かに15分くらいの睡眠なら

わざわざ降りることはないでしょう。




もちろん15分が全ての睡眠時間ではなく、

それを複数回繰り返していたそうです。







あとショートスリーパーの代表者のように

言われているナポレオン

時間しか眠らなかったといわれるが、

結構昼寝をしていたそうだ。





リングスリーパーやショートスリーパーは

あくまで体質であり、それによって健康は害しない。


むしろ無理やり寝たり起きたりすると健康に悪い。





こういった体質もあるので、睡眠には気を付けましょう。





まあ朝起きた時に快適であれば、

何時間寝ていてもよいでしょう。








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック





イヌ1






快適な起床のために朝食はどうするか?



幸せな充実した生活は

朝、目覚める時に分かります。




朝の目覚めが快適でないと

人は幸せではありません。







スッキリ目覚めるということは


ぐっすり眠れたということです。





それは充実した生活を

送れていることを意味します。





ぐっすり眠ることは、

比較的悩みがない人です。




もちろん悩みがない人などいませんが、

それが比較的軽い人です。





仕事のこと、健康のこと、人間関係のこと



色々悩んでいたら眠れませんよね。








ぐっすり眠れるということは

こういった悩みがそれほど深刻じゃない証拠です。


ネコ3




眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック













ところで皆さんは朝食は食べますか?




毎日しっかり寝て、快適に起床したといっても

ここで手を緩めてはなりません。




朝食はしっかりとるべきです









ここで2つの説があります。





1.朝は排出に使うために、

あまり食べない方が良いという考え方と、





2.しっかり食べる方が良いという考え方です。








因みに1日3食のうち、

夜をしっかり食べるべきだという人はいません



夜、たくさん食べると消化にエネルギーをとられて

ゆっくり休むことができません


そのため夕食は寝る2~3時間にすませて

できるだけ胃を空っぽにしておきましょう。

ネコ6



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック












ところで先ほどの質問ですが、



私は朝食はしっかりとるべきだと思います。







その理由の1

朝起きてから寝るまでが一番時間が長いのです。

そのため消化する時間をくとることができます。





理由の2


夜は少なめのため、昼食までしっかり食べないと、

時間が開きすぎてしまうのです



そうすると食べたものを脂肪として蓄積します。


むしろ肥満の原因になります。






それから理由の3として

朝しっかり食べることで脳の覚醒作用があります。

しっかり嚙むことで、脳に刺激が送られ、

体が起きてきます。





それから朝食はゼリーのようなものを食べる人がいます。

これはカロリー上や栄養素上は問題ないのですが、

しっかり噛むということからすると問題があります




噛む
ことで脳が刺激されるのです。




そのためこういったものではなく、

しっかりめるもの、できれば和食が望ましいのです。




まあ時間との兼ね合いですが。











眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック







女性4
livedoor プロフィール
夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく