睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

起床

朝スムーズに起きるには?


幸せな充実した生活は

、目覚める時に分かります。




朝の目覚めが快適でないと

人は幸せではありません。







スッキリ目覚めるということは


ぐっすり眠れたということです。





それは充実した生活を

送れていることを意味します。





ぐっすり眠ることは、

比較的悩みがない人です。




もちろん悩みがない人などいませんが、

それが比較的軽い人です。





仕事のこと、健康のこと、人間関係のこと



色々悩んでいたら眠れませんよね。








ぐっすり眠れるということは

こういった悩みがそれほど深刻じゃない証拠です。


ネコ3




眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック













起床の重要性!



人間は起床した時にから、

睡眠のカウントダウンが始まります。



起床の16時間後に眠くなるのです。





そういった生活リズムが

体内時計として成立しています。






つまり正しい起床が、

正しい睡眠のなのです。








毎日同じ時間居起床することが

生活リズムを整えて、

正しい睡眠に誘います。







もちろん毎日同じ時間に寝て、

睡眠時間も一定の方が良いのですが、



なかなかそうはいかないでしょう。





そういった場合、

起床時間を一定にすることを心がけるべきです。




つまり寝る時間が不安定でも、

起きる時間を一定にさせるのです。


ネコ4



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック












起きるのが苦手な人は?





そうはいっても、

起きるのが苦手な人はいるものです。






毎日布団の中でウダウダして、

スッキリ起きられない。





低血圧な人などは、

起きるのに時間がかかります。







そんな時は
どうすればいいのでしょうか?









<太陽光線を浴びる>


一つの方法は太陽を浴びるというものです。

誰でも経験があると思いますが、

太陽を浴びると覚醒効果があります。



特に目から入った光は

脳を刺激して覚醒します。






これが脳をリセットして、

16時間後へのカウントダウンが始まるのです。




とにかく日の光を浴びるようにしましょう。





もし時間があるようなら、

ベランダを掃除するなども良いでしょう。


もしくは植物の手入れなどもしてください。



習慣づければ自然と太陽を浴びるようになり、

脳の覚醒に役立ちます。





もしそんな時間がない人なら、

毎朝、10秒ほど太陽を見ましょう。


もちろん凝視することはないです。
(目を傷めます)



しかし目からしっかり太陽光が

入るようにしましょう。




そして通勤時は日向を歩き、

電車の中でも極力窓側に立ち、

光を浴びるようにしましょう。







そうすることで脳が覚醒します。



女性1



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











<布団から出られない時は>

特に寒い時は布団から出にくいですよね。


そういう時はどうすればいいのでしょうか?




その時は布団の中で

ヨガストレッチをしましょう。




体を伸ばすと血行が良くなります。

そうすると体が覚醒していきます。




まあヨガとかストレッチというと

堅苦しいかもしれませんが、

要は体を動かせばいいのです。




布団の中で体を動かすと、

血流量が増大して、体熱が上がり、

覚醒してきます。



そうすると起きやすくなります。





布団から出らたら、太陽光を浴びることをれずに






もしそれでも起きられない人がいれば、

最後の手段としてシャワーを浴びます。



少々熱めの42~3度程度で。




熱めのシャワーは体温を上昇させます。





そしてシャワーが皮膚を刺激し、

交感神経優位
になります。







ただし湯船につかるのは良くないです。


血圧が急激に上がり、疲労になります





こういった対策を持つことで、

スムーズに朝起きられるようになるでしょう。











眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック





イヌ1

快眠とは?ぐっすり眠るための3つの要素




幸せな充実した生活は

、目覚める時に分かります。




朝の目覚めが快適でないと

人は幸せではありません。




人の幸せとは何でしょうか?



お金?愛情?長生き?




もちろんこれらも重要でしょう。





しかし一番の幸せはぐっすり眠ることなのです。



それはなぜか?


ネコ11





眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









ぐっすり眠ることはなぜ幸せか?


ぐっすり眠ることは、

比較的悩みがない人です。




もちろん悩みがない人などいませんが、

それが比較的軽い人です。





仕事のこと、健康のこと、人間関係のこと



色々悩んでいたら眠れませんよね。








ぐっすり眠れるということは

こういった悩みがそれほど深刻じゃない証拠です。







それに健康であることです。





健康だと眠れません。






さらに生活リズムが整っている人です。




人間は起床した時にから、

睡眠のカウントダウンが始まります。



起床の約16時間後に眠くなるのです。





そのため生活リズムを整え、

規則正しい生活をすることが

快適な睡眠のために必要なのです。







まとめると、

・悩みが少ない

・健康である

・規則正しい生活ができている





故に、ぐっすり眠ることができるのです。





これが快眠につながり、

心地よい起床につながるのです。


ネコ2



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









快眠に必要な3つの要素!


それでは快眠するには

どのようなことが必要でしょうか?







そこには3つの要素が必要なのです。


それは「質」「リズム」「量」です。





順番に見ていきましょう。






<睡眠の質>

睡眠は何といってもが重要です。

「質」とはいかに深く眠るのかということです。



睡眠には浅い睡眠(レム睡眠)と

深い睡眠(ノンレム睡眠)があります。


レム睡眠の時にはは休みません

脳を休息させるには深いノンレム睡眠をとる必要があります。


※「レム睡眠」「ノンレム睡眠」についてはこちらを参照してください。






朝起きた時にも長時間寝たにもかかわらず、

あまり疲れがとれていないことってありますよね。





あれは深い睡眠がとれていないからです。



脳が休まっていないから、疲れがとれないんです。





これが「睡眠の質」です。




因みにレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルは

大体90分です。




つまり90の倍数で睡眠時間をとると、

スムーズに起床することができます。











<睡眠のリズム>

これは生活リズムとも関係があります。


先程書いたように、

眠くなるのは起床に関係があります。



起きた16時間後に眠くなるのです。


そしてそれを司るのは体内時計です。



体内時計は「いつ起きて」

「いつ寝るのか」が刻まれています。




このリズムが正常だと、快適な睡眠ができます。

しかしリズムが狂っていると眠れなくなります。









<睡眠の量>

いくら「質」の高い睡眠をとっていても、

睡眠の絶対「が少なければ意味がありません。


深い睡眠をとって、時間も90分サイクルでも

例えば3時間睡眠なら寝不足になります



よくナポレオンは3時間しか寝ないと言いますが、

実は結構昼寝をとっていたそうです。





つまり快適な睡眠をとるためには、


出来れば6時間以上の睡眠時間は確保するべきです。


もちろん短期間なら4時間半とかでもいいのですが、


ある程度の時間を確保するように心がけるべきです。





あと睡眠時間を確保できない人が

休日に寝だめをするというのですが、

あまり感心しません。




もちろんある程度の睡眠をするのは良いのですが、

それで生活リズムがっては意味がありません。





休日に多少多めに睡眠をとっても

2~3時間程度にしておいてください。



例えば毎朝7時に起きている人なら、

9~10時ごろに起きるようにしてください。





快適な起床こそ、健康な生活のしるし


そのためには快眠こそ必要です。




快眠には3つの要素

「睡眠の質」「生活リズム」「睡眠の量」を

意識しながら、睡眠をとるべきです。









眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









女性6

快適な起床こそが健康の証!


男性4






眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










ほとんどの人は夜寝て、朝起きます。



もちろん夜勤の人もいますし、
シフトが不安定の人もいるでしょう。
看護師のような仕事はまさにそうです。



しかしそういう人より、
夜寝て朝起きる人の方が多いでしょう。





朝起きると、顔を洗って、歯を磨いて、
朝ご飯を食べて、出勤するでしゅ。




満員電車に揺られて、1時間以上かけ、
会社い行く、朝礼をして仕事が始まる。





このような毎日を
送っているのではないですか?








この時、不眠に苦しんでいる人は、最悪です。







また長い一日が始まるのかと…





朝起きても、頭がボーッとして、
なかなか寝床から起きられない。


それは当たり前で、眠れなていないから、
疲れがとれないのです。


疲れがとれないから、
すっきりと目覚めないのです。






本来なら、朝の日差しを浴びると、
脳がリセットします。


今日一日の始まりだと、覚醒するのです。


ネコ11







ここが大事なのですが、
眠ることはこの脳がリセットされた
16時間後に眠くなるのです。



すっきりとした目覚めができないと、
快適な睡眠ができないのです。





その朝が、ボーッとしていたら、
リセットはできません。


それで仕事のやる気が出るでしょうか?



出る訳がありません。







目覚めるとカーテンを開けて、
体一杯に朝日を浴びて、リセットする。


これがその日の活力にもなるし、
この夜の快適な睡眠にもつながるのです。



快適な睡眠は快適な生活から、


そして快適な生活は、
快適な起床からなのです。











この時にあなたの生活が
集約されているのです。





ネコ5









しかし前提があります。





ある程度の睡眠時間があることと、

それが一定の時間であることです。










忙しくて毎日3時間しか寝れないというのなら、


それは別の対処が必要でしょう。





睡眠時間を増やさないといけません。







でもある程度眠ることができるのなら、


つまり5~6時間ほど時間が確保できるのなら、


そしてある一定の時間(シフトチェンジが頻繁ではない)
に眠ることができるのなら、








深い睡眠に誘うことで、
不眠から解放されます。








そして爽やかな起床も約束されます。




いい一日は、
毎朝の朝日を浴びるときに決まるのです。





そのような生活を手に入れましょう。





快適な睡眠こそ、健康の証です。




ぜひ健康な生活を手に入れましょう。








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック






夜泣き2


起床時間を一定にさせて、毎朝しっかり目覚めよう

しっかり眠るためには
起床時間を一定にする必要があります。

起床の16時間後に眠くなるので、
起きる時間が一定でないと寝る時間も一定しません。

よく眠るには、よく起きることが必要です。


ネコ8







眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










起床時間で寝る時間が決まってくる!



人間が眠たくなるのは
起きた時間によって決まってきます。


起きた時間の約16時間後
眠くなるのです。


だから夜11時に寝ようと思えば、
朝の7時に起きなければならないのです。





不眠状態を解消し、しっかり眠るためには、
如何によく起きるかを考えなければなりません。





毎日、何時に寝て、何時間睡眠をしたいのであれば、


何時に起きるのかを決めましょう。


トカゲ1




朝起きるのは…!



「朝は苦手だ!」


という人は多いでしょう。




私も決して得意ではありません。





毎朝、目覚まし時計に起こされても、



二度寝、三度寝をしてしまい


寝坊してしまう。





これも辛いものです









できれば朝は…

すっきりと寝覚めたいと思いませんか?







朝に起きが苦手な人には、



こういう方法があります。



実は人間には、起床時間に合わせて
体を目覚めさせる機能があります。




目覚める数時間前から

コルチゾール
というホルモンが

活発に分泌されます。




コルチゾールはストレスをかけられると、

増加してそれに対応します。



しかし睡眠中分泌することで


目覚ましの役割を果たしてくれます。





これが一定の時間に

分泌するようにすればよいのです。







そのためにはもちろん規則正しい生活を送り、


毎日同じ時間に起きるようにすると自然に分泌されるようになります。



女性5




それ以外にもこういう方法があります。



「明日は○○時に起きる!」


と念じるのです。





別に…非科学的なことを
書いているのではありません。



人間の脳は強く要求すると、
そのように働くのです。





できれば、口に出して、言いながら、

紙に書くのもいいでしょう。



そしてその文字をしっかり認識しながら、


声に出して、脳にインプットします。







一度では無理ですが、


毎日やっていると自然と、

脳にインプットされるようになります。





もちろん睡眠不足では、起きることはできません。




ある程度の睡眠を

しっかりとることが前提になります。






良い睡眠は、良い起床から








そして起床をしたら太陽を一杯に浴びて、

体内時計をリセット
しましょう。





例え、眠る時間が多少遅くなっても、


起床時間は一定にするように
心がけてください







眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










ネコ11



livedoor プロフィール
夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく