睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

二度寝

二度寝はどうして気持ちいい?

このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


男性4


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










朝起きるのは辛いですね!




毎朝、暖かい布団から
寒い外に出る。


別にすぐに外気に触れる訳ではありませんが、
外に出たくない。




そういう時に二度寝をするのは
気持ちの良いものです。






毎朝起きなくちゃと思いながらも

「あと5分」
などと言って二度寝します。


そして気がつくと遅刻している。



そこまでいかなくても
二度寝が気持ちが良いのは間違いないでしょう。





ところでどうして二度寝
気持ちが良いのでしょうか?





そこにはコレチゾールというホルモンが
関係しています。


ネコ3


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










コレチゾールの働き!




コレチゾールとは抗ストレスホルモンで、
ストレスに対抗して分泌されます。


しかし生活リズムの中で
分泌される時間が決まっています。


大体、起床の1~2時間ほど前
多量に分泌されます。



例えば7時起床なら
5~6時ごろに多量に分泌されるのです。


この時間帯に大量のコレチゾールが
一気に分泌されるのです。


因みに夕方から夜にかけて
分泌量が減少します。




ところでどうして明け方に
大量のコレチゾールが分泌されるのかというと、
日常生活のストレスに対応するためです


日中には脳や体を使って活動します。
そうすると脳や体には負担やストレスがかかります


そのため起床時間に合わせて
抗ストレスホルモンの分泌を行なうのです。


寝不足が続くとストレスが溜まり、
コレチゾールが大量に分泌されます。


しかしそれに追いつかないと
枯渇することになります。


そうするとイライラすることになります。


寝不足でイライラするには
このようなメカニズムがあったのです。










二度寝はどうして気持ちが良いか?


ところで二度寝
どうして気持ちが良いかですが、


このコレチゾールが分泌される時
多幸感が醸成されます。


つまり幸せな気分になるのです。


これは母親の胎内にいた時のような
幸福で安らぎに満ちた瞬間です。



この多幸感を
二度味わうことができるのです。



これが二度寝が気持ちの良い理由です。




二度寝
は気持ちが良い。


だから決して
やってはいけないものではないのです。


だけど二度寝は寝坊の原因になります。



ほどほどにしましょう。








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



女性1

夜勤の人はどうすればいいか?

朝起きると人は目覚めとともに
朝日を一杯に浴びることができます。


そうすると体内時計がリセットされ、
その16時間後に眠くなるのですが、
夜勤の人はどうするべきでしょうか?


ネコ5






眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









夜勤の人の対処法!



これまでは朝起きて夜寝るという人を
対象に書いてきました。


でも世の中には
そういう人ばかりではありません。


朝起きて昼に働いて、夜になると眠る人と違い、

夜から働いて、朝に仕事が終わり、
昼に寝る人もいるのです




そういう人はどうすれば
良いのでしょうか?






基本的には朝起きる人と反対のことを
やらなければいけません。



朝起きるとい、体内時計をリセットするため
多くの光を浴びる必要があります。


単に太陽を目で見るだけではなく、
出来る限りで浴びるのです


通勤電車の中ではまん中の方に行かず、
できるだけ窓側に行き、
太陽に身を晒すようにします。

男性4





これと反対をします。




明け方に仕事が終わって家に帰る途中、
太陽が出ていたら、極力避けます



特に朝の太陽は日差しがきつく、
目覚ましの効果があります。


これから睡眠する人には
大敵といえましょう。




そのためできれば地下を歩いて
太陽光を浴びないでおきます。



そういかない人は出来る限り
日陰を歩くように心がけましょう。


またサングラスや帽子、マスクなどをして
体に日があたるのをケアしましょう。






とにかく光を浴びないように
気をつけましょう。










光を浴びると、セロトニンが増加し、
覚醒作用が発揮されます。


そうならないように、朝日を浴びないで、
家に帰ったらカーテンを引いて光を遮ります。


そしてカーテンは遮光性のあるものを選びましょう。



光をしっかり遮らないと、よく眠れません。



雨戸があれば必ずひいて寝ましょう。

日差し1





夜の仕事には2度寝が効果的!


夜の仕事には2度寝が効果的です。


仕事から帰ると、食事はあまりとらずに
早く寝るようにしましょう。


胃の中にものがあるとよく寝られません。




そして早く寝るには
もう一つ理由があります。


それは体温が上昇するからです。




以前書きましたが、人間が寝るときは
体温が下がります



しかし朝から昼にかけて体温は上昇します。


それを上昇させないようにできるだけ早く

寝てしまうのです。




そして最初の2サイクルの3時間、

深いノンレム睡眠をとれるよう、

3時間から4時間半眠るようにします。



そうすると深い睡眠時には
成長ホルモンが多量に分泌するので、
疲れをとることができます。



そして一度昼過ぎに起きます




そうしないと太陽に当る時間が
極端に減ります。



太陽に当らないと、
睡眠物質メラトニンが生成されません。


それでは深い睡眠をとることができなくなります。






イメージとしては


朝8時ごろ寝て、1時ごろに起きる。
寝てすぐに睡眠状態になりませんから、
多少の余裕を見て5時間とします。



そこで最初に3回のサイクルで
深いノンレム睡眠を得ます。


そしてしっかりと太陽を浴びて目覚めます。


そして3時間ほど活動すると、


もう一度2時間ほど仮眠します。




こういった方が睡眠を
効率的にとることができます。









眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック






女性6

livedoor プロフィール
夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく