イヌ1






眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








昼間は活動する時間です



もちろん夜勤の人もいますし、
シフトが不安定の人もいるでしょう。
看護師のような仕事はまさにそうです。



しかし多くの人は昼間バリバリ活動しています。




朝起きて時間!



目はバッチリ冴え、頭も働きます。





打ち合わせに、企画書作成に、
仕事の準備、段取りの手配、





多くの仕事をこなしていきます。






昼食あとは軽く睡魔が襲いますが、


20分程度の仮眠をとれば大丈夫。





むしろ長い睡眠は能率が落ちます。





せいぜい2~30分、

職場のデスクに顔を埋めて、

ウトウトすれば大丈夫。






その前に缶コーヒーを飲む。






仮眠の前の鉄則です。







カフェインは寝る前に飲んじゃダメですが、


昼間の仮眠には有効です。





カフェインが効き始めるのは2~30分後


丁度、その時に目覚めます。




そして午後の仕事も目が覚め、

気合い充実バッチリこなします。



ネコ10





眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック













しかし…




不眠症の人は、そういきません。








午前中からボーッとしていますが、




午後はなおのこと集中できません。











丁度、体内時計も12時間の半分のリズムで

眠りやすい状態になっています。





体のリズムは24時間と12時間のリズムがあり、

昼過ぎの時間は、眠くなるのです。


昼食を食べただけが理由ではないのです。











特に午後の時間は、最悪です。









昼食後、12時間のリズム、不眠の深化。





集中力の欠如も甚だしい。







そういう状況にいるのが不眠症の皆さまです。






そして多くの事故が起きるのも、

この昼間なのです。


男性5





そんな時にあるのが、





大事な会議であり、

重要な商談であり、

得意先へのプレゼンなのです。








失敗できないプレッシャーから、

益々不眠症状は悪化します。












想像してみてください。






昼間に活発に活動する自分を。




睡魔と戦うことなく、仕事に没頭できる状況を。



やる気を漲る貴方から、発散されるエネルギーは



相手に対する説得力になります。







こいつ!やる気あるなぁ!





そう思われるのも当然です。





発言の中身が同じでも、





寝不足で元気が無い人が言うのと、


しっかり寝て、元気に発言するのと



どちらが説得力があるか。







効果は自明なことでしょう。







夜しっかり眠ることで、


活力ある昼間の生活が送れるのです。





それは仕事上も人間関係上もプラスです。


そして仕事の成績も上がるでしょう。






結局、充実した睡眠は、

充実した私生活につながるのです。









しっかり寝て、前日の疲れをとり、

翌日は朝から活力ある生活を送る。







こういう生活を送りたいと思いませんか?








前日の疲れを引きずり、

ただひたすら、時間をこなすだけ。






そういう生活から
オサラバしようではありませんか。





快適な睡眠こそ、健康の証です。





ぜひ健康な生活を手に入れましょう。







眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










ネコ8