睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

入眠

体温と睡眠の関係


皆さんよくれていますか?

このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ11



体温と不眠!




最近暑い日が続きます。



熱いと寝苦しくなります。
寝付いても深く眠ることができず、
すぐに起きてしまうこともあります。




このような現象は
どうして起きるのでしょうか?






人が眠くなる時には深部体温が下がります。


深部体温 つまり体内の体温です。


よく病気の時に熱を測るのは
表面の体温です。


そうではなく、体内の体温を測るのです。



そうすると、睡眠をするときに
深部体温が低下していることがわかります。



ところでどうして深部体温が低下すると
眠くなるのでしょうか?





人の睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の
2種類があります。


レム睡眠は浅い眠りで、体は眠っているのですが、
脳は覚醒している状態です。


ノンレム睡眠はその逆で、
脳が眠っている深い睡眠です。



最初に眠る時には、
深いノンレム睡眠に入ります。



つまり脳をめるのです。


脳を休めるとは
脳のエネルギー代謝を抑えるのです。


最初に眠るためには
脳の代謝を抑えて、エネルギー消費を下げる
そのために深部体温が減少するのです。



ネコ2




春眠暁を覚えず!



しかし疑問があるかもしれません。



春眠暁を覚えずというように、

暖かくなると眠くなるではないか?

と思うかもしれません。





また冬などに寒い中から帰ってきて、
暖かい室内に入ると眠くなることもあるでしょう。



これは体を温めると眠くなるのではないか?

体温が下がると眠くなる
というのは間違いではないか?…と。





実はそうではないのです。



冬の寒い時には体温を保護するために、
内部に血液を集中します。


そのために深部(内部)体温が
下がらないのです。


よく寒い時には手足が冷たくなり、
血の気が失せることがありますが、
実際に血の巡りは悪いのです。


体温が下がる時には
放熱をしなければなりません。


つまり手足に血流を行き渡らせて、
温度を上げて、熱を放出するのです。


そうしないと体温は下がらないのです。



つまり冬に室内に帰ると、
それまで手足の血流が抑えられていたのが
暖かい部屋に入ると、手足の血管が拡張し、
血流量が上がり、手足の温度が上がる。


そして熱を放出して、
深部体温が下がるのだ。





これは一部の冷え性の女性にも言えます。


冷え性の女性は

手足が冷たくて眠れない

と言います。



本人の認識としてはその通りなのでしょうが、
実際はそうではありません。


これは手足が冷えることで、
手足から熱が放出されない。
そのために深部体温が下がらないから
起きることです。


そのため手足を湯たんぽなどで温めると
血流量が増え、手足が温まり、熱が放射されて
深部体温が下がるので、眠くなるのです。


体温=深部体温と睡眠とは
密接なつながりがあります。



夏の暑いときに眠れない人は、
深部体温を下げるように努力してください。




イヌ1



睡眠を最初に活用したのは忍者?


皆さんよくれていますか?

このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。



ネコ2



我が国最初の睡眠研究!




我が国では古代の昔から、
睡眠に関する記述がありました。


古代の昔はを神のお告げや
未来への啓示と受け取っていました。


その後、「悪夢」を知るようになり、
悪い夢を見ることで、厄払いになるとか、
むしろ「正夢」だとか言うようになりました。



いずれにせよ夢の研究とは、
睡眠研究の第一歩となったのです。




ところでその睡眠を利用しようとした
最初の実験は何かというと、
それは…あの…



忍者でした!




今では忍者というのは世界的なブランドになり、
海外では映画になるほどでした。


その忍者も日本人の目から見ると、

これが忍者?

というのも少なくなく、



あのアメリカで、
黒装束で活動しているのです。




それは目立つだろう(笑)



実際に日本でも夜に活動しなければ、
黒装束などに身を包みません。


だって忍者は目立つことはご法度ですから。



しかし海外で人気の忍者というのは、
大抵、黒装束に身を包み、
アメリカなどの諸外国で活動しているようです。


普通はないのですが、
もうそういうイメージが定着したようです。





その忍者が睡眠の最初の利用実験をしたのです。



それはまさに歴史的瞬間でした。



イヌ1





最初の実験!



忍者はどういう実験をしたのでしょうか?

そしてどうして睡眠の実験をしたのでしょうか?




忍者には幾つかの流派がありますが、
有名なところでは甲賀伊賀でしょう。


今回の実験をしたのは甲賀」の忍者です。



彼らは昔から毒の研究で知られ、
毒矢や武器に使用する毒物を植物や動物から
抽出するなどの実験をしていました。


その活動は現代の薬理学の発祥の地であると
言う人もいるくらいです。



現在でも博物館には様々な生薬やその植物などが
保存されています。





そして甲賀の忍者がやった実験とは
眠っている犬の血液を抜く」という実験です。


これは眠り薬を作る実験で、
眠っている犬の血液を乾燥させ、
「眠り薬」を生成しようとしたのです。




もちろん全く効かなかったようですが!






それから時代は下り、
名古屋大学の前身の愛知医学専門学校で、
犬の実験を行いました。



その実験は犬を長時間眠らせないで、
その状態のまま髄液を取り出し、
別の十分睡眠をとった犬の脳内に注入する
という実験をしました。



そうすると睡眠を誘発させることができました。



これは脳内で作られる睡眠物質、
ホルモンの化学物質が睡眠を
誘発させるからと言われています。



実は同じような研究はフランスにもありましたが、
日本の事例が最初の事例なのです。



このような実験の成果が、
日本の睡眠研究を推進していたのです。



女性2


寝酒は眠れるのか?


皆さんよくれていますか?

このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。

夜鳴きそば



アルコールを飲むと眠れるか?




寝る前に、
よく寝れるようにお酒を一杯。



こういう習慣の人もいると思います。


お酒を飲むと気持ちよくなり、
ウトウトしてきます。


そのために
お酒を飲むのは熟睡するためには良い
と思っている人もいるようです。




確かにお酒を飲むことは
睡眠に誘うことが確認されています。



しかし快適な睡眠を考えるのなら、
寝る前にお酒を飲むのは間違いです



寝酒はむしろ睡眠のを悪化させます。



睡眠の質とは深い睡眠です。



人間の睡眠には
「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があり、
レム睡眠とは浅い睡眠、
ノンレム睡眠とは深い睡眠です。


※レム睡眠とノンレム睡眠に関しては
こちらを参照してください。





寝る前にお酒を飲むと確かに眠くなりますが、
それは寝つきが良くなったにすぎません。


経験あると思いますが、
お酒を飲んで寝ると夜中に目が覚めるのです


これはアルコールには利尿作用があり、
トイレに行きたくなって眠くなるのです。


これは夜中に目が覚める
理由の一つになります。





しかしもう一つあります。




それがアセトアルデヒトの分解です。



nemuri_neko




アセトアルデヒトの分解!



体内に摂取されたアルコールは
肝臓で分解され、アセトアルデヒトになります。


アルコールそのものは
体を冷やすため、寝つきをよくします。


その後、アルコールは分解され、
アセトアルデヒトに変わります。
この物質を分解するために、
体は交感神経を刺激します。



つまり覚醒するのです。


何故ならアセトアルデヒトは毒性のあるので、
早く無毒化しようとします。


そのためアセトアルデヒト脱水素酵素によって、
無害な酢酸に変わります。



アルコールを摂取すると、
アセトアルデヒトが生成され、
それを無害化するために体が覚醒します。


その間、大体3時間ほど。



お酒を飲んで、夜中に目が覚めるのは
そういった意味があったのです。



ではどうすればよいのか?






アルコールは3時間ほどで無害化されるので、
寝る3時間前までに、酒をやめることです。


お酒を早めに終われば、寝る前には
アセトアルデヒトの分解が終わっていますから、
交感神経が刺激されることもありません。


そのためスムーズに、
そしてぐっすり眠ることができるでしょう。




日頃のストレス解消のために
お酒を飲むことは許されるでしょう。
それで眠れなくなったら本末転倒です。


しっかり眠れなければ、
日中の活動にも支障をきたしますし、
ミスも増えます。


むしろストレスが倍増します。



お酒を飲んでも、時間を決めて
寝る3時間前までにスパッとやめましょう。



それが快適な生活リズムを生むのです。


女性1






寝汗をかくのは不快なことか?


皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。

女性5




体温が下がると眠くなる!




人が眠くなるのは体温が下がる時です。


体温といっても表面の温度ではありません。
内部体温といって、体の中の体温です。


人のような哺乳類は恒温(こうおん)性の動物
と言われています。


恒温性、つまり温度を一定に保つのです。


それと違い、
爬虫類以下の動物は変温(へんおん)性の動物で、
外気に対して体温を変化させます。


変温性の動物は外気が低くなると、
活動ができなくなるのと違い、
恒温性の動物は一定の体温を保つことで
常に活動することができます


恒温性の動物は活動領域が広がったが、
その分、大量のエネルギーを消費します。


また活動が広がるのと比例して、
情報処理のために脳が発達しました。


体内を一定の温度に保ち、
大量の情報処理のための脳の活動により、
大量のエネルギーを必要とする。


睡眠はそのを休めるため
行われると考えられています。




そのため体温を低下させているのです。



ネコ10





寝汗はいつ出るのか?


内部体温を下げる時には
手足などが熱くなります。


これは手足から熱を放出するためです。


よく冬などに冷え性で

手足が冷たくて眠れない

という人がいますが、
手足が冷たいから眠れないのではありません。


手足が冷たいと、熱を放出できず、
そのため内部体温が下がらないので
眠れないのです。


手足が温かくならないと、
血流が悪くなり、その分熱が放出されません。


故に内部体温が下がらないのです。


この時に熱を放出するのは
手の甲足の甲太ももの内側などです。


こういったところから、
熱を放出して内部体温を下げます。


そして当然熱を下げるためには
汗をかきます。




因みに緊張する時も汗をかきますが、
どちらかというと手の平足の裏などにかきます。


これは緊張した場面では失敗しないように
手足を湿らせ、手が滑らないようにするためです


しかしあまり汗をかくと、
逆に汗で手が滑ることもありますが。



話を戻すと、
寝汗は温度を下げるためにかくのですが、
大体、就寝後の1~2時間でかきます。


温度を低下させるために
汗をかいて熱を放出するので、
初期に最も多くの寝汗をかきます。



このように寝汗をかいている時は
深い睡眠になっている時が多いのです。


だからこの時に目覚めると

非常に不快になります



それは寝汗をかいたから不快なのではなく、
寝汗をかくほど深く眠っていたのに
そこから起きねばならなかったからです。


深い睡眠から一気に起こされたら
不快になります。


寝汗をかくのは悪いことではありませんが、
起きた時に寝汗をかいていると
不快さは残るでしょう。


寝汗のせいではないのですが・・・。


男性4



金縛りにはどうしてなるのか?レム睡眠時の状態



皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ8


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










睡眠には2種類あります。
レム睡眠ノンレム睡眠です。


この2つは寝ている間に交互に現れてます。
1サイクルは約90分。






レム睡眠

レム睡眠とは
Rapid eye movement sleepの意味で、
「急速眼球運動を伴う睡眠」といいます。


これは身体は寝ているのですが、
脳は覚醒している状態です。


比較的浅い眠りで、
夢を見るのもレム睡眠中に見ます。
このレム睡眠は約20~30分ほど続きます。






ノンレム睡眠


ノンレム睡眠とは、レム睡眠とは逆で
「急速眼球運動伴わない睡眠」です。


このノンレム睡眠は、レム睡眠と違い、
深い眠りで別名脳の眠りと言われています。


レム睡眠中は脳は眠りません。
体は眠っているのですが、脳は活性化しています。


ノンレム睡眠は1~4段階あり、
数字が大きくなるほど深い眠りになります。

特にレベル4の深い眠りは
「深睡眠(しんすいみん)といわれ、
脳を十分休める睡眠です。

この深睡眠は寝た初期にしか現れません。
時間がたつと深睡眠は出現しないのです。



イヌ1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








レム睡眠のこと!

因みにレム睡眠とノンレム睡眠があるのは
脳が高等化した哺乳するだけです。


例えば鳥類や爬虫類には存在しません。


そして急速眼球運動を伴うレム睡眠も
「なぜ眼球運動があるのか?」
わかりません


レム睡眠中は夢を見るので、
夢を視線で追いかけているのかとも思うのですが
実験では否定されています。


レム睡眠中の脳波は軽くウトウトと
まどろんだときと同じ波形をしており、
覚醒時より少しだけ機能が低下している状態です。



ところでこのような状態だと
物音がするとすぐに起きてしまわないのだろうか?


確かに覚醒しやすい状態ではあります。
また物音がするとすぐに起きる人もいます。


それは物音が聞こえたからでしょうか?



しかしそうではありません。



なぜなら音を伝える鼓膜と連動している
耳小骨(じしょうこつ)という骨がありますが、
こことつながっている筋肉が弛緩しているため、
外耳から内耳に音が伝わらないからです


もう少し詳しく書くと、外で音が発生すると、
空気振動として耳に入り、鼓膜を振動させます。


ここまでは覚醒時も変りません


しかしその鼓膜の振動を伝えるのが
耳小骨(じしょうこつ)で、
この骨が内耳についた得るのですが、
この部分の筋肉が弛緩していて、
垂れた糸電話のような状態になっています。


故に鼓膜の振動が内耳に伝わらなく、
音が聞こえません。






金縛りの発生!

レム睡眠中は脳が覚醒(つまり起きている)のに
体は休んでいます。


つまり体中の筋肉が弛緩してる状態です。


このような時には目を覚ましてしまうと、
金縛り状態になります。


脳は覚醒しているのに、
体が動かないというのはこういうことなのです。





レム睡眠は夜明けに近づいて、
時間が長くなります。


これは朝起きる時間に合わせて
脳のウォーミングアップをしているのです。


夢とは
このウォーミングアップの一環なのです。







眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック




女性6



livedoor プロフィール
夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく