睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

迷信

不眠は遺伝するのか?


皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ3



不眠は遺伝するか?




色々な病気には遺伝的性格があります。


ガンは遺伝が原因であることもありますし、
各種の病気でも遺伝の影響が考えられます。


また病気などでなくても
ハゲや毛深いなどもそうですし、
身長や体重、それに性格なども
遺伝の影響があります。



人間は父母から生まれるのですから、
その遺伝的性格が影響を及ぼすことは
十分考えられるでしょう。


そういう意味では
不眠も遺伝的側面が考えられないでしょうか?



これは現在でも、
あまり注目されていないのですが、
不眠は遺伝的な背景を有する者が多いのです。




外国の調査でも不眠症者の70
家族歴を有すると報告されています。


一方、非不眠症者の中では、
家族に不眠症者は20程度しかいません。



この20%とは
一般の不眠症レベルと変わりません。






つまり不眠症者が家族に居ると、
通常より不眠症者が発症する割合が多くなるのです。


もちろん家族が共有する生活習慣や、
睡眠衛生の特性にも配慮すべきです。



家族が深夜まで起きていることを
常態化していると、子供もそうなるように、
不眠に対しても影響を与えることがあります。




しかし遺伝的傾向も確実に観察されています。



nemuri_neko



不眠が遺伝する理由!



どうして不眠が遺伝するのかというと、

まだよくわかっていません。




しかし一説によると、睡眠中の脳波パターンが
遺伝性を有するからだと言われています。


睡眠機能に関しては
色々な遺伝子が睡眠に影響を与えていることが
報告されています。


特に徐波睡眠(ノンレム睡眠でも一番深い睡眠)の
増減に関しては遺伝子の影響が考えられている。


遺伝子は当然、親から子へ遺伝します。



また体内時計を司るマスタークロック
時計遺伝子の関与がある。



これらの遺伝子が
睡眠の影響を与えているのです。



故に、不眠に関しても
遺伝的影響が否定できないのです。




ただし残念ながら、不眠と遺伝が
どの程度影響があるかはわかっていません。




最近までに分かっていることは




睡眠に遺伝子が影響を与えている。

      ↓

実際に重要な睡眠関係遺伝子がある

      ↓

じゃ、不眠にも関係あるんじゃ・・・。






というくらいです。


しかし最近の予想では
確実に影響はあるだろうということです。




実際に70%の不眠症者が、
家族に不眠症者がいることからも
その確率は高いと言えるでしょう。


今後の研究が待たれます。





のび太



「不眠」に関する日本初の記述!


皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ10



不眠症に対する歴史的認識!




不眠症とは昔から存在しているのですが、
その認識とはどうなっているのでしょうか?



実は古代から中世、近代まで睡眠という概念が、
科学的に実証されていなかった。



以前書いたように、「夢」については
「神のお告げ」だとか「未来への警告」として、
認識されていました。


しかし睡眠そのものに
価値があった訳ではないのです。




もちろん昔から「夢」と同様に、
睡眠不眠という状態に関しては
膨大な伝説がありました。


また睡眠に関して、社会的生活習慣、気候、
季節変動などにより影響があることは、
伝説や逸話、民話や文学などにより、
指摘されてきました。




しかしヨーロッパにおいて、古代はもとより、
中世や近世初期には睡眠に価値はなかったのです



当時の認識では睡眠そのものは、
死んでいるのも同様なのです。





睡眠の重要性が理解され始めたのは
実は…つい最近のことだったのです。




最近では、睡眠を様々な側面から研究するとして、
「睡眠科学」「睡眠医学」「睡眠社会学」といった
本柱が提唱されている。


また「睡眠文化」が系統的に取り上げられ、
睡眠の社会文化、行動科学、動物学、人類学、哲学
などが睡眠という現象に注目しています。




ネコ9




日本で最初の不眠の記録!



平安時代の末期から鎌倉時代の初期ごろにかけて
描かれた絵巻物に病草紙(やまいのそうし)
というものがあります。


これは当時の種々の奇病や治療法など
風俗を集めたもので、簡単な説話風詞書です。


絵、詞書とも作者は未詳です。





その中に不眠症の女が取り上げられています。


その場面の詞書はこうです。


山とのくに…女あり、とりたてていたむことろ

なけれども、よるになれども、ねいらるることなし

よもすがら、おきゐて、なによりもわびしきことなり



と記載されています。




これは間違いなく不眠のことを書いています。



当時から「不眠」は病気だと
認識されていたのです。







当時の西洋では、

睡眠をコントロールしているのは脳であると

知られるようになっていたが、

ほかに目立った議論はされていません。



それなのに日本では

平安時代から「不眠」を病気と認識していたのです。




また江戸時代でも「養生訓」で有名な

貝原益軒が、快眠についても触れています。




このように日本は不眠関係の先進国だったのです。



これは現在でも変わりません。


睡眠専門の学者がこれほど多い国も珍しいのです。




日本では健康のため、

早くから睡眠に目を向けていたと言えるでしょう。


女性2







昔の夢を見るのはどうしてか?


皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ3



夢はいつ見るか?




眠ると夢を見ます。


必ず見るという訳ではないのですが、
見ることも多くあります。



夢を見るとのはレム睡眠の時です。




人間の睡眠にはレム睡眠ノンレム睡眠があり、
レム睡眠とは比較的浅い睡眠で、
体は眠っているのですが、脳は起きている状態。


ノンレム睡眠とはその逆で深い睡眠。
体も脳も眠っている状態です。


眠ると最初に深いノンレム睡眠に入ります。
そして徐々に覚醒していき、レム睡眠に入ります。


その後またノンレム睡眠に入り、

ノンレム睡眠→レム睡眠→ノンレム睡眠…

というサイクルを繰り返します。



この1サイクルは約90分で、
寝ている時に何度か繰り返します。




こういったサイクルの中で
夢を見るとのは浅い睡眠の時です。




因みにこの90分のサイクルを意識すると
快適な睡眠ができます。


眠る時間を90の倍数にして、
その瞬間に目覚めると、スムーズに起きられます。


つまり6時間とか7時間半とかの睡眠にすると
快適に目覚めることができます。




ところで夢は
どのように意識されていたのでしょうか?




イヌ1




昔の記憶!



よく昔のことを夢に見ることがあります。


よく遊んだ河原、毎日通った学校、

何度も行った駄菓子屋などの記憶が

に現れることがあります。





これはどうしてでしょうか?




夢を見ている時の脳波を見てみると、

PGO波という脳波が出ています。



このPGO波は色々な影響を与えるのですが、

その一つに海馬(かいば)」への影響が考えられます。



海馬は記憶を司る部分です。



PGO波は、海馬に刺激を与えて記憶を引き出し、

夢に映し出していると考えられるのです。





この時に記憶の引き出しから、

どの映像を引き出してくるかは

まったくの偶然です。




そして夢にはストーリーがありますが、

その引き出された記憶をキッカケに

夢のストーリーは自分で組み立てます。



つまり夢はまったくの偶然から始まり、

それをキッカケとして、

自分で好きなストーリーを作り上げているのです。



もちろん無意識のうちに






当然、夢のストーリーは

その時の精神状態に左右されます。





例えばプラス思考の時はストーリーも前向きで、

ハッピーエンドになります。




逆にマイナス思考の時は悪い結末を迎えます。





そういった意味で、

どのような傾向の夢を見るかは、

その人の精神状態を表します。



それ故に夢を現在の自分が置かれている状況を

判断する材料としても良いでしょう。



悪い夢ばかり見る時は

悲観的に、マイナス思考に陥っている時です。


物事を悲観的に考えずに、プラス思考になるように

考え方を変えるようにしましょう。




夢は夢とバカにせず、

自己の状態を判断する材料ととらえれば、

有効活用できるはずです。


そういう意味で、

夢のお告げとは正しいのかもしれません。



女性6






低血圧の人は目覚めが悪いか?


皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ6



低血圧!



低血圧の人は
寝起きが悪いと言われます。






低血圧や高血圧は
血圧が正常の範囲外であるという症状です。



因みに「低血圧」とは
日本では定義がないのです。


高血圧の場合は
日本高血圧学会で基準が示されていますが、
上が140、下が90以上の人を言います。



高血圧に関しては色々な合併症を誘発して、
生命にかかわることもあるため、
研究が進んでいます。


そのため明確な定義もあり、
「日本高血圧学会」などというものもありますが、
「低血圧」の場合は直接生命にかかわらないので、
それほど問題にされていません。




そのため上に書いたように、
低血圧に関する定義が存在しないのです。


ただし低血圧も「急激に低下した場合」は
生命にかかわることになります。





ところで日本では無いのですが、
世界保健機関(WHO)は世界共通の基準として
上を100、下を60以下を低血圧としています。


日本においても低血圧の基準としています。







ところで最初の質問ですが、
低血圧の人は目覚めが悪いと言います。




これは本当でしょうか?



実はそうではありません。



低血圧の人は
朝、体を動かすのが苦手なだけです。



ネコ2



すぐ動けない!



確かに低血圧の人は朝が苦手です。


しかし低血圧の人は
目覚めに関しては問題ないのです。


ただ血圧が低いため、
すぐに動くことができません。


特に「起立性低血圧」などでは
ベッドから起きると立ちくらみがします。


そのため目覚めが悪いと
思われているのです。




車でいえばエンジンの
かかり具合が悪い状態です。


そのため目は覚めるのですが、
そのままベッドから起き上がることができません。



ただそれだけなのです。





そのため低血圧の人は
実際に起きる10分ほど前には起きて、
ベッドから起きる前に体を起こしましょう。


車でいうところの
アイドリングをするのです。



そうやって体を温めて、
それから起きれば低血圧の人も対応できます。





布団の中で横になったまま手足を動かしたり、
仰向けで膝を立てて、お尻を上げ下げすると、
体が温まって低血圧でもスムーズに起きられます。



また朝は低血糖なので、
枕元にチョコレートやキャラメルなどを置き、
糖分を補給すると目覚めがしやすくなります。


もし食べ物を寝起きに食べにくいというのなら
オレンジジュースなどでもいいです。




低血圧でも目覚めは問題ありません。
体をスムーズに動かすため、
アイドリングに注力しましょう。



女性6



一晩寝るとできるのはどうしてだ?



皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。



女性6




カルニ博士のテスト!


一晩眠るとできることってありませんか?


一生懸命野球の練習をしていて、
その日はなかなか打てなかった。


しかし一晩寝て翌日になると、
に打てるようになる。




ピアノの練習をしていて、
どうしても弾けなかったパーツがある。


しかし一晩眠ると弾けるようになっている。



これはどうしてでしょうか?




イスラエルの研究者 カルニに博士は、
視覚弁別課題」というテストを行った。


これは不規則な図柄から一定のパターンを
すばやく識別する技能を見るもの。
スポーツや楽器の技能習得を見る検査だ。


つまりこの技能が高い人は
スポーツや楽器の技術習得も高い




このテストを健康な若い人に行ったところ、
集中的に練習すると成績は一定レベルまで
向上しますが、


それ以上に次の日になると
成績が向上することを発見しました。



カルニ博士はこの現象について、

睡眠中に何らかのプロセス

が働いている可能性に言及しています。




そしてカルニ博士はテストの後に
夜寝るグループと、徹夜するグループに分けると
寝るグループの方が成績が良かったことを発見した。


しかしこれは睡眠不足による、
集中力欠如の可能性もあり、
睡眠が効果的だったのかは分かっていない。


そこでその部分を考慮して、
朝、練習を行って、日中ずっと起きていて
夜にテストをするとどうなるかを確かめた。


そのケースでは成績の向上は見られなかった


つまり睡眠をとったグループの方が
成績の向上が大きかった。





やはり睡眠は成績向上の
効果があるのではないか?




ネコ8






ハーバード大学の実験!


同様にハーバード大学では
キーボードのタイピング練習を繰り返して、
練習によるおよび睡眠による成績向上を比較した。


それによると
繰り返し練習でもある程度の成績向上があるが、
睡眠後の方がさらに著しい向上が確認された。


ハーバード大学では
新しい技量を身につけたら、その日のうちに
6~8時間の睡眠をとるべきであると発表した。



これらの結果は、習得しようとする技能について
練習による技能向上はみられるが、その後、
睡眠をとることで、さらに著しい向上が見られる
ことを指摘している。



このようなことは個人的にも体験しているし、
実査の実験結果にも表れている。


しかしどういうプロセスかは
現在のところわかっていない


わかっているのは、睡眠は単に脳や体を
休めるだけではない、ということです。




もちろん睡眠をとれば技能が
向上する訳ではありません。


その前にしっかり練習しないとダメです。




そういえば、徹夜で試験勉強をしても
あまり成績が良くなかったことがあったなぁ



それは単に頭が悪いだけかもしれませんが。




ネコ4





livedoor プロフィール
夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく