睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

運動不足

不眠症と糖尿病の関係!


皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ5



不眠と糖尿病!




不眠症だと糖尿病に
なりやすいという話があります。



それは本当でしょうか?




それについて調査があります。




海外において行われたのですが、

健常の男性6599人に対して
平均15年追跡した調査においては
不眠症の人は、非不眠症の人に対して、


糖尿病の発症リスクが
1.52倍高まることが報告されています。




また我が国日本においても、
8年間の追跡調査で、糖尿病の発症が
有意に高まることが報告されています。



つまり不眠症の人は、そうじゃない人に対して
糖尿病のリスクが高まるのです。



ところで不眠症の人は
糖尿病のリスクが高まるとは
どういうことなのでしょうか?




実は、不眠症→糖尿病ということではなく、
肥満と関係があるのです。


つまり不眠症→肥満→糖尿病という流れなのです。



不眠になると肥満になることは
よく知られています。



睡眠不足により、活動が停滞し、
エネルギーの消費が減少します。


つまり活発に活動できなくなります。


そのため消費エネルギーが減少します。




トカゲ1





また寝不足は生命の危機に直結します。
そのため生物はそれを補うために、
エネルギーを補給しようとします。


つまり食欲が増進するのです。




食べる量が増えて、
消費する量が減少するのですから
肥満につながることは当たり前です。




そして肥満になることが、
糖尿病のリスクを増大させることも
また当たり前でしょう。



また不眠状態でものを食べるということは
脂肪として蓄えられることは
いうまでもありません。


つまり、より多くの脂肪を蓄え、
肥満状態になるということになるのです。



以前、食べてすぐに寝ると「牛になる」のか?
という記事を書きました



もちろん「牛になる」ことはないのですが、


牛のように太る


ということは言えます。




昔の人は、そのことを指して、


食べてすぐに寝ると牛になる


と言ったのではないか?




不眠をほっておくと、
肥満になり、糖尿病になる。




不眠をることなかれ!




ネコ1



運動不足は快眠の大敵!デスクワーカーの意外な運動不足の原因



男性3



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











以前、昼間活動した方が
眠りやすくなると書きました。



しかしデスクワーカーでは
座って仕事をやることが多い。


そのため運動不足になり、
夜の睡眠にも支障をきたします。



そこで仕事終わりにでも

電車の駅を一駅前で降りて歩く、

帰ってら、ジョギングシューズに変えて、
そのまま10分ほど走る

お風呂上りにストレッチをゆっくりする



などでも良いと書きました。






ところでデスクワーカーの仕事で
運動不足の意外な原因をご存じでしょうか?






それは椅子のキャスターです。

男性5



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










かなり以前は椅子にキャスターなどは
付いていませんでした。


最近のデスクワークでは
ほとんどがキャスター付きになっています。



ところでどうしてキャスター付きだと
運動不足になるのでしょうか?




それはキャスター付きだと
体が移動するからです




どういうことかというと、
キャスター付きの椅子に座ったまま移動すると
体もつられて動きます。


そのため

「体を動かしている」


と錯覚してしまうのです。



実際には体をほとんど動かしていない。
それなのに移動するので体は錯覚する。


それ故に運動不足を認識しにくいのです。




今日も一日働いた。



しかし運動量からすると
全く足りていない。
それは体感以上に動いていないのです。

ネコ11


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










そこでキャスターを
固定したらどうでしょうか?




キャスターを固定すると、
自分で立って動かなければいけません。


それ故に立ったり座ったり、
数メートルの移動も頻繁に起きます。




また少し偉くなると、
部下にやってもらうことはありませんか?


何でもやってもらわないで、
少しは自分で動くようにしましょう。


体を動かすことを意識すると、
一日の運動量が変わってきます。


そうすれば特別に運動をしなくても良くなります。


毎日適度に体を動かしことで

軽い運動をこなすことになり、

心地よい肉体の疲労から

毎日深い睡眠ができるようになります。



快適な睡眠に必要なことは
肉体の軽い(あくまで軽くです)疲労です。



適度な運動をすることで
快適な睡眠ができるのですが、


それはキャスター付きの椅子に
座っていてはできません。



キャスターは固定して、
極力自分の足で移動するようにしましょう。










眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック





ネコ10


livedoor プロフィール
夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく