このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。

女性2


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








突然ですが男性と女性は体の構造が違います
男性にはなくて、女性にあるものと言うと



そう生理(月経)です。






生理と不眠!



男性にはわかりませんが、
女性には生理の辛さがあります。


それは睡眠にも影響を与えます。


考えてみれば当然で、
睡眠とは「質」「生活リズム」「量」が必要です。


この3つが揃うことで快適な睡眠ができるのです。


そして女性には毎月の生理(月経)があります。
生理(月経)による生活リズムの乱れは
睡眠にも影響を与えます。


女性には生理(月経)前に、やたら眠くなったり、
逆にイライラして眠れなくなることがあります。



これは2つの女性ホルモン
睡眠にも影響を与えているからです。


それはエストゲンプロゲステロンです。


ネコ5


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








2つの女性ホルモン


エストロゲンとは卵胞ホルモンで、
プロゲステロンとは黄体ホルモンと言います。


両者とも脳からの指令に基づいて
卵巣から分泌されます。


プロゲステロンは妊娠を助けるホルモンです。
子宮内膜をふかふかにし、受精卵を着床しやすくし、
妊娠を継続させたりします。


また妊娠が成立しなかった場合、
子宮内を掃除したりします。



エストロゲンとは女性らしさを作るホルモンで、
思春期以降に分泌量が増え、体つきを女性らしくし
妊娠に備えて」、子宮内膜を厚くしたりします。





生理(月経)が終わるころから排卵までの期間は
エストロゲンの分泌が盛んです
そのため肌ツヤがよく、夜もよく眠れます。


しかし排卵期が過ぎると、
プロゲステロンの分泌が高まり
体調や気分がすぐれなくなります。


イライラして寝つけなくなり、
逆に日中は眠くいということもあります。


先程書いたようにプロゲステロンは
妊娠を助けるホルモンなので、
排卵以降は体を休めるように仕向けているのです。



こういった体のリズムの変化が
女性にはあります。


先に書いたように
生活リズムの変化は睡眠には大敵です。


女性の方は毎月この変化が
体を襲っているのです。



但しあまりにもひどいようなら
医者にかかるべきでしょう。


PMS(月経前症候群)のような
病気かもしれないですから。








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック




ネコ8