睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

生活リズム

大人も朝の楽しみを!


皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


男性5



朝の楽しみで、早起きを!



以前、子供を早寝早起きにするためには
朝の楽しみを作ることを提案しました。

それについては下を参照してください。
http://kaitekisuimin01.com/archives/22764939.html



早く起きないというのは
夜更かしをする子供が多いということです。


夜更かしをすると
睡眠時間が足りず、情緒不安定になり、
キレやすい子供が増える。


そのためには
早寝早起きの習慣をつけさせ、
十分な睡眠時間をとり、
なおかつ規則正しい生活をすることが必要です。



そのためには
朝早く起きる習慣をつけることが必要です。




しかしコンビニが24時間やっており、
インターネットが発達している昨今、
夜更かしをすることが容易になりました。


そこで朝早く起きると
好きなことができる「お楽しみの時間」を作り、
子供を早起きにさせるように提案しました。






例えばゲームの好きな子供がいると、
夜にゲームをやることは厳禁にします。


しかし朝早起きをしたら、

朝食の時間まではゲームをしても良い

と決めるのです。



そうすると子供は
早く起きるメリットを感じて
早起きするようになります。



もちろん早起きと言っても
2時や3時に起きても困る訳で、
時間は決める必要はあります。



例えば
6時まではしっかり寝ること…とか



しかしそれ以降は、朝食までの時間は
いくらやっても良いと決めます。



これはゲームでなくても例えばお菓子とか、
アイスクリームとかでもいいでしょう。


ある程度の制限の下で、
子供の朝の楽しみを作ってあげるのです。


これによって、
早起きするモチベーションが上がります。



もしかしたら
朝の時間を有効に使うために
学校へ行く支度を昨夜のうちに
するようになるかもしれません。



夜更かしの習慣は
特に子供には有害です。



そのための早寝早起きの習慣をつけるため
このような方策が有効だと思います。





ところでこれは子供だけではなく、
大人に対しても有効なのです。




女性5







大人にも朝の楽しみを!



朝起きたら好きなことができる。


もしくは朝起きた時の楽しみを作る




こういったことであれば、
朝起きるのが楽しみになります。


そして早起きの習慣ができるようになります。




特に子供時代と違って大人の場合、
睡眠時間が短くなります。


つまり早起きになるのです。




そのため早起きには
それほど苦労しないはずです。




そのため例えば朝起きたら、
30分ほど散歩するとか、


好着な読書にあてるとか、



時間を有効に使って
自分の好きなことをやりましょう。


やはり朝は体を動かすことが望ましいのですが、
DVDを見るのでも構いません。



早起きの習慣を作ると、
自然に生活リズムが良くなります。


朝の時間の有効活用に利用しましょう。



ネコ2





子供の夜更かしをやめさせる方法


皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


夜泣き2




夜更かしする子はキレやすい!



最近は夜更かしする環境が整っています。


24時間でコンビニがやっていて、
テレビの深夜放送もある。


それ以外にもレンタルDVDがあり、
インターネットもある。



夜中に活動することが
容易にできるのです。





このような環境になかにいると、
大人だけではなく、子供も夜更かしをします


当然なことに、大人が夜遅くまで起きていると
子供も気になります。


昔、私が子供の時には
父親が見ている9時からの映画が気になって
寝られませんでした。


そういったように
大人が夜更かしすると子供も夜更かしします。




そうするとどうなるかというと、
子供の情緒が不安定になります。



つまりキレやすくなるのです。








子供の成長にもマイナス



子供は成長します。


その時に成長ホルモンを出し、
実際に成長に資するのですが、


その成長ホルモンは
寝ている時に分泌されます。



寝る子は育つというように
実際に良く寝る子は、よく成長するのです。



しかし寝不足だと
成長ホルモンの分泌が乱れます。


さらに寝不足による集中力の欠如により、
情緒が不安定になり、キレやすくなるのです。



また子供のころから
乱れた生活パターンを繰り返していると、
大人になってからも悪いパターンが治りません。


そうならないためには
子供のころから夜更かしの習慣を
早めに修正することが必要となります。



ネコ9




夜更かしの習慣を治す



子供は夜更かしが好きです。
もちろん大人も大好きですが、
子供は夜更かししたいのです。


そうすると当然早く起きることはできません。




そこに

「早く寝なさい」とか

「早く起きなさい」

とか言っても、効果が薄いのが実情です。






ではどうすればよいのでしょうか?






それは朝に
楽しみの時間を作ることです。




例えばゲームの好きな子供がいると、
夜にゲームをやることは厳禁にします。


しかし朝早起きをしたら、

朝食の時間まではゲームをしても良い

と決めるのです。



そうすると子供は
早く起きるメリットを感じて
早起きするようになります。



もちろん早起きと言っても
2時や3時に起きても困る訳で、
時間は決める必要はあります。



例えば
6時まではしっかり寝ること…とか



しかしそれ以降は、朝食までの時間は
いくらゲームをやっても良いと決めます。



これはゲームでなくても例えばお菓子とか、
アイスクリームとかでもいいでしょう。


ある程度の制限の下で、
子供の朝の楽しみを作ってあげるのです。


これによって、
早起きするモチベーションが上がります。



もしかしたら
朝の時間を有効に使うために
学校へ行く支度を昨夜のうちに
するようになるかもしれません。



夜更かしの習慣は
特に子供には有害です。


成長ホルモンの分泌にも影響しますし、
日常の集中力の欠如にもなります。


そのために
早寝早起きの習慣をつけることが必要です。



そのためには
子供の楽しみを上手に使うことが
効果的でしょう。


ネコ2

定年退職と不眠!


皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ3



定年になると眠れない!



毎日朝早く起きて、
満員電車に揺られて、会社に出かける。



そういう生活を30年も40年も続けて、
やっと迎えるのが定年です。



会社員の時にはこう思ったでしょう。



定年になれば、
毎日ゆっくり寝られる
…と。






実はそうでもないのです。





定年退職をすると、
よく夜中に目覚めて眠りが浅くなった
という人も多いのです。


定年になると
むしろ眠りの質が悪くなる。




こういうことって多いのです。






それはどうしてでしょうか?


それには3つの理由があります。







定年になると眠れない理由!



1つ目は生き甲斐の喪失です



実は長く勤めていると、
それが習慣になってしまいます。


特に仕事人間だった人には
”仕事が趣味”という人も多く、
その仕事がなくなることにより、



生き甲斐が喪失することになります。


そういう人は心に
ポッカリ穴が開いたようになり、
空虚感で眠れなくなります。



自分の生き甲斐がなくなった。
これから何を楽しみにして過ごせばいいんだ。


こういった状況に苛まれて、
逆に眠れなくなるのです。



イヌ1





生活リズムの変化!


それからもう一つの理由は
生活リズムの変化です。


当然ですが、
毎日会社に行っていた生活は
自分の生活にリズムを生み出します。


朝何時に起きて、何時の電車に乗り、
何時に会社に着き、何時まで働いて
何時に帰る。



これが体にしみ込んだ
リズムになるのです。



例えば
夜12時に寝て朝6時に起きていた人が
9時まで寝ようとすると
3時間多く寝ることになります


その3時間はこれまで
働いていた時間に入っていきます。


その分、生活リズムが変わってきます。


その生活リズムの変化のために、
むしろ眠れなくなるのです。







睡眠時間の短縮!



最後の理由は睡眠時間の短縮です。


実は退職とは関係ないのですが、
人間は年をとると眠りが浅くなります


それは若い時と比べて
睡眠の必要性が薄れてくるからです。


ある調査では若者は
時間以上眠らなければならないそうですが、
年を取るとそうではありません。


もっと短くて済むのです。



これは退職とは関係なく、
誰にでも起きることなのですが、



退職を機に生活リズムが変化することと、
長く寝床に入っていることで、
睡眠自体が浅くなるのです。


睡眠の必要量が減っている時に
これまでより長く眠るのですから
睡眠が「薄まる」のです。



そのためこれまでより眠りが浅く、
ふとしたことで覚醒することになります。




定年退職すると、
心ゆくまで眠ってやろうと思うかもしれませんが、
なかなか難しいのが実情です。



女性2




寝ると病気が治るのはどうしてか?病原菌と睡眠!



皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ2





病原菌と睡眠!


不眠で悩んでいる人は
長時間、寝床に入っていても
目が冴えて眠れません。


不眠症で悩んでいる人は
布団に入ることがに恐怖を感じます。


布団に入っても
目が冴えて眠れない。


その間の孤独
永遠に続くかと思う長い時間は、
大変な苦痛を伴うものです。


こういった時に、
ぐっすり眠ることができるということは
どれだけ快適なことか!



快適な睡眠をすることが
ありがたく思うものです。




しかし不眠で悩んでいる人でも
しっかり眠ることができるケースがあります。



それは病気になった時です。







感冒と睡眠!


風邪をひいたときには
「眠ると治る」と言われています。


事実、何日か寝ていると
風邪が治ることがあります。


これらは誰でも
経験することではないでしょうか?



風邪=つまり感冒にかかると、
ダルくなり眠くなる。


特にインフルエンザにかかった時など、
起きていられず、眠りっぱなしになります。


昔は抗生物質もなかったので、
よく眠ることが特効薬でもありました。


これは寝ていることによって、
身体が休まるからなのだが、
それだけではありません。


免疫機能とかかわりがあります。


ネコ9






免疫機能と睡眠!


免疫機能の中でも
病原菌に感染した時に身体を防御する仕組みで、
白血球の仕組みは重要な働きがあります。


白血球は、直接病原菌に作用しますが、
そこに睡眠が強く作用します。


つまり睡眠物質の働きを高めることで
感染した時に我々を休息に誘います。




これらは1980年代以降に
わかってきたメカニズムです。





風邪をひいたときに眠くなるのは
こういった身体の免疫機能が
正常に働いている証拠でもあるのです。



身体を出来るだけ休息させることで、
体内のエネルギーを病原菌除去に注力させる。


そして免疫機能を最大限に発揮するのです。




身体の機能は本当によくできています。
生体機能一つをとっても生物進化の中で獲得した
歴史があり、それが正常化に貢献しているのです。




風邪をひいたら、しっかり寝るということは
学問的に証明される以前から行われていました。


医者ももちろんですが、家庭でもそうです。



風邪をひいたら諦めて寝る。
如何に寝る時間をしっかり確保するかを
考えるべきなのです。



風邪を治すにはしっかり眠るに限るとは
誰にも異存がないでしょうが、
それには身体を休息させ、免疫機能を高め、
それによって病原菌に力を注力することができる
非常に優れた対応力なのです。



これらは民間療法ですが、
それでも学術的に正しいものだと言えるでしょう。



病気なれば、しっかり眠ることができる。


しかし不眠を解消するために
風邪をひきたいとは思わないでしょう。


ましてやこういうケースでは
確かに不眠症の人でも良く眠れますが、
風邪が治れば不眠症は再発します。


そういう面では不眠症対策としては
意味のないことかもしれません。



女性4




時差ぼけによる不眠


皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


男性5



24時間社会



24時間社会になって久しい。



昔は夜にやっている店などなかったが、
砂金ではコンビニやファミレスなど
深夜にやっているのが当たり前になりました。


このような深夜に働いている人のおかげで
我々の豊かな生活が成り立っている。




因みにヨーロッパでは、
250年前に警察などが
夜間に活動するようになった。


それ故に夜にぐっすり眠れるようになったのだ。




日本でも江戸の昔から夜回りが行われている。





人が寝ている時間に働くことで、
ほかの人々の安心安全を確保している。


それ自体は喜ばしいものだ。









時差ぼけ!


24時間社会になると、
生活リズムが狂います。



人は太陽とともに生きています。



太陽が昇ると活動し、沈むと寝る。




そのための生活リズム
人間の体に息づいています。




人は起床により
生活リズムがリセットされます。


もう少し具体的に書くと、
太陽光を浴びると体内時計がリセットされます。


それから睡眠へのカウントダウンが始まり、
起きて16時間後に眠くなるのです。



だから生活リズムは大切ですが、
そのリズムを自ら壊すこともあります。



それが時差ぼけです。


ネコ8




時間調整!


体内時計は約24時間でリズムを刻んでいます。


しかし時差ぼけ=海外旅行は
そのリズムを壊します


それは私的でも仕事でも同じことです。
生活リズムを壊すのです。




先ほども書いたように
人は太陽とともに生活しています。



海外旅行を行くときは
最初出発地の時間に体内時計が同調しています。


しかし到着地では時間が違うため、
体内時計との齟齬が生まれます。


これが生活リズムを壊し、
体調への影響を起こします。


特に問題なのは眠れないことです。




これらは人が太陽とともに
約24時間のリズムで生活していたため、
仕方がなく起きることです。








西より東!


一般的に、西へ行くより、
東の方が時差ぼけは激しいのです。


その理由は
入眠障害が起こりにくいからです



24時に寝て、7時に起きる生活をしている人が、
時差8時間のヨーロッパに行くとします。


この時同様に24時から7時に眠ると、
日本時間では朝の8時から15時に寝ます。


これは早朝(朝8時)という、
内部体温が低い時間に眠ることになるので、
入眠障害が起きにくいのです。


ただし、日本の昼にかけて眠ることになるので、
睡眠の後半が浅く、中途覚醒は起こりやすい。





東に行く場合はその逆です。
例えば時差7時間の米西海岸へ行くときには
日本時間の17時から24時に起床します。


この時間はまだまだ活動時間なので、
内部体温が下がらず、なかなか寝付けません


その代わり睡眠後半はじっくり眠れます。




睡眠障害は入眠障害が主ですから、
寝付けないのはつらいことです。



時差ぼけは到着時間の時刻に
早く体内時計を合わせることです。



飛行機の中から
到着時刻に合わせた生活をしましょう。


ネコ5




livedoor プロフィール
夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく