このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。



ネコ6


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










「睡眠負債」の考え方


「睡眠負債」
とはその名の通り睡眠の借金です。

通常、その人にとって必要な睡眠量があり、
それに足りない時間が借金として積み重なっていきます。


これが「睡眠負債」です。



「睡眠負債」は基本的に預金できません。
つまり最高でもゼロです。


しかし現実には「睡眠負債」は
ゼロになることが望ましい訳ではありません。


それはゼロになると眠りにくくなるからです。
つまり「睡眠の質」が悪化します


寝付きが悪くなり、夜中に何度も起きて、
長時間眠れないと焦って益々眠れなくなります。


こういった状態では
睡眠時間を効率的・効果的に使うことができず、
正に「時間の無駄」となります。


「睡眠負債」は多少あった方が良いのです。


女性6


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











「寝だめ」できるか?



先程「睡眠」は預金できないと書きました。
これはいわば「寝だめ」という考えです。


「寝だめ」はできるか?



実は「寝だめ」には2種類あります。
1つは先に書いた「預金」的な考え方で、明日は徹夜なので、

今日中に2倍寝ておくという、正に「寝だめ」です。



これはできません




睡眠は「預金」はできません。
「負債」はありますが、貯めておくことはできないのです




もう1つは連日、睡眠不足なので休日にまとめて寝て、
「睡眠負債」を解消するという考えです。



これはできます。



「睡眠負債」を解消するために、
少し多めに寝ることは「借金返済」になります。


しかし大量な負債を
一気に解消することはできません。

モノには限度があります。


ネコ3


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








先取りはできる!


実は、今夜徹夜だから寝だめしよう
というのはできないのですが、


先取りはできるのです。



どういうことかというと
眠気は一気に来るものではなく、
リズムがあります。


一時眠気が襲っても
しばらく頑張っていると
眠気がなくなることがあります。


そしてまた時間が経つと
眠気が襲ってきます。



このように眠気にはリズムがあります。
定期的に襲ってくるものなのです。


その眠気を先取りするため
少し仮眠をとるのです。


決して量をカバーするのではなく、
必ず襲って来る眠気を先取りして仮眠をとるのです。


そうすると眠気に対処することができます。


昼寝も午後に襲ってくる眠気を
先取りして対応するので効果的なのです。



その代わり先取りは
多く寝ることに意味はありません


あくまで眠気を
先取りして抑えるためのものですから。


眠気がきたら、というより眠気がくる前に
こまめに先取りして仮眠をとりましょう。








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



男性3