このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。

ネコ2


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











高齢者の不眠!



高齢者になると眠りにくくなります。


一説によると、60歳以上の人の半数
不眠で悩んでいるとか。



年をとると、若い時分に比べて
ぐっすり眠ることができなくなります。


それにはいくつかの理由があります。








睡眠の質の低下!



まず「睡眠の質」が低下します。


つまり深い睡眠ノンレム睡眠
レベルが下がります。


人間の睡眠には2種類あり、
各々「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」と言います。


レムとは急速眼球運動のこと。
つまり目を瞑りながらも瞼の下で、
目玉がキョロキョロ動いている状態です。


この時は体は休んでいるのですが、
脳は休んでいないのです。


それ故に脳を休ませる必要があります。


これがノンレム睡眠、
つまり急速眼球運動を伴わない睡眠です。


この時は脳が休んでいるのです。





人間はノンレム睡眠とレム睡眠が
交互に来ます。


そして最初に眠ると
ノンレム睡眠から入ります。



そしてノンレム睡眠とレム睡眠の
1サイクルは約90です。


人間の睡眠は90分ごとの
サイクルを繰り返します。


特に最初の2回の90分サイクルは
「深睡眠(徐波睡眠)」といい、
特に深い睡眠をします。






この深い睡眠「ノンレム睡眠」は
高齢者にも現れます



しかしその現れ方が違います。


イヌ1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











このノンレム睡眠は
1~4の段階のレベルがあります。


1.2とは比較的浅い睡眠、
そして3.4は深い睡眠です。



そして高齢者には3.4段階の深いノンレム睡眠が
現れなくなります。



そのため覚醒しやすくなり、
深い睡眠ができなくなります。






また高齢者は食べ物も
たんぱく質をとらなくなります。


元々高齢になると食べる量が減少しますが、
それによりトリプトファンの摂取が減少します。




トリプトファンは必須アミノ酸の一種で、
体内では生成されません。


そして睡眠物質メラトニンの成分でもあります。


つまり食事量減少→トリプトファン減少
→メラトニン減少となり、睡眠しにくくなるのです。


このメラトニンの減少は
生活リズムの乱れにもつながります。








早寝の弊害!



高齢者は眠れないために早く寝る人が多いのですが
これは逆効果になります。


眠れないからと言って
早く寝ても早く目覚めるだけです


もちろん眠くなったから
早く寝るというのなら良いのですが、
そうではなく眠れないから
長く寝床にいるというのなら
余計寝られなくなります。



寝床は眠くなってから入るようにしましょう。





ところで睡眠には成長ホルモンを
分泌するという効果があります。


だから若い人たちは
たくさん寝る必要があるのです。


しかし高齢者には
成長ホルモンの分泌自体が
少なくなります。


それ故に不眠を
それほど深刻に考える必要はありません


例えば若者であれば、
夜中に2度以上目覚めることは問題ですが、
高齢者では普通です


昔より眠れなくことが当たり前だと思って、
気持を楽にしましょう。


それこそが
快適な睡眠の第一歩になります。




眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



女性6