睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

テレビ

睡眠のために、時間を作る!


皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ5



睡眠時間を確保する




快適な睡眠生活をするには、
睡眠のを追求するだけではなく、
どうしてもも確保しなければなりません。


つまり睡眠時間を
確保する必要があるのです。





しかし毎日たっぷり寝ることができる人は
多くありません




大体、何かをやるために
睡眠時間を削ることを
余儀なくされているのです。




ここでは何かをやるために
睡眠時間を犠牲にして削るのではなく、


何かをやめることで

睡眠時間を確保することを考えましょう。








どうやって時間を作れば
いいのでしょうか?



そこでチェックポイントをまとめました。







1.残業が多い
 ・仕事時間を効率的に使えていないのでは?
 ・他人に任せたり、外部依頼できる仕事は?




2.飲み会が多い

 ・本当に必要な飲み会か?
 ・同僚との飲み会は、短く切り上げられないか?




3.通勤時間が長い
 ・自宅で仕事ができる時間を作れないか?
 ・通勤時間の有効活用はできないか?




4.食事を作るのに時間がかかる
 ・作り置きなど活用できないか?
 ・市販されているものをうまく活用できないか?




5家事に時間がかかる
 ・食器洗い機などの活用はできないか?
 ・家族に協力を得られないか?



6.テレビを見る時間が長い
 ・本当に見たい番組か?
 ・録画してまとめて見れないか?



7.習い事などに時間がかかる

 ・必要な資格か?



8.ネット利用の時間が長い

 ・目的もなく長時間やっていないか?



9.趣味の時間が多い
 ・趣味が多すぎないか?
 ・本当に興味のあることだけに絞れないか?
 ・休日にまとめて楽しめないか?



10.レジャーに関わる時間が長い
 ・だらだら時間をかけていないか?
 ・回数を減らすことは可能か?





ダリ3




これらの中でいくつか検討して、
無駄を発見することができたら
できるだけ早く修正してみましょう。


全ての項目では難しかもしれませんが、
いくつかの項目では比較的簡単
時間を確保できるものです。



例えば私の場合、
昔は毎日長時間のテレビを見ていました。


それが仕事が終わった後の
楽しみにもなっていたのです。



しかし他方で、読書も楽しみでした。



そのためテレビを長時間見た後で、
読書の時間をとると、
睡眠時間を削ることになります



そこで思い切って、
テレビを見るのをやめました





そうすると、
読書の時間を十分とることが
できるようになりました。



どうして見たいものは
DVDに録画して、あとでまとめてみます。


そうすると時短にもなります。


大体、3話分を1時間半くらいで見られます。


CMなどを早送りすれば、
十分そのくらいの時間で対応できます。



さらにドラマなどは
DVDがレンタルされてから見るようにしました。


そうすると、
休日にまとめてみることができるので、
さらに時間を確保できました。


テレビなどは思い切ってやめてみるべきです。


意外に簡単にできると思いますよ。



男性3




テレビを見ながら眠るのは良い事か?


x-large;">皆さんよく眠れていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ3



テレビを見ながら眠るのは?



夏になると寝苦しくなります。


暑いと体温が下がりにくくなり、
それが結果として眠れなくなるのです。


人が寝る時は体温が下がります。
それも表面的な温度ではなく、
内部体温という体の中の温度が下がるのです。


そうすると
だんだん眠くなっていきます。





不眠の人は眠ることができないので、
だんだん焦ってきます。



「明日も早い」

「早く眠らなきゃ」

「今日も会議中に居眠りした」

「こんなことだとまた怒られるぞ」



こんなことばかり考えていると、
脳が活性化して、悶々と考え込み、
体温が下がらないことになります。




そしてれないのです。





ところで不眠の人でも
夜にテレビを見ていると
ウトウトと眠くなることがあります。



あれはどうしてでしょうか?










眠っちゃいけない時には眠くなる!



それは眠っちゃいけない時だからです。



不眠の人は眠っちゃいけない時には眠くなり、
眠るべき時には寝られないのです。


よくあるのですが、
リビングでテレビを見ているとウトウトするので、
寝ようと寝床に入ると逆に目が冴えてくる。


これはまさに
不眠症の傾向が見て取れます。



そのため寝るべき夜には寝れないで、
寝ちゃいけない昼間の会議中には眠くなるのです。



これはどういうことかというと、


睡眠を意識するか?どうか?


ということです。


ネコ4




「眠らなければ…」


この意識が眠ることを阻害するのです。




テレビを見ている時には逆に


寝てはいけない


という意識です。





なぜなら、テレビを見ないといけないから。



そのために


寝ちゃいけない

テレビを見るんだ


ということが、睡眠に誘うのです





それでは不眠の人は
テレビを見ることで睡眠に誘うことが
できるのではないでしょうか?






しかしそれは難しいのです。











テレビを見ることでは眠れない!




テレビを見ると、
不眠の人が睡眠に誘うことはあります。



しかし毎度だと、効果は薄れます



元々、テレビに興味があるから、
睡眠を忘れ、夢中になるのですが、
眠るためにテレビを見るとなると、
むしろ目が冴えてきます。


まず番組自体に興味がない訳ですから、
テレビに集中できません。


もちろん毎晩眠る時間に
興味のある番組をやっていれば
問題ないのですが、
そんな偶然もないでしょう。


それにテレビを見ると
部屋の明かりをつけないと目が悪くなります。


不眠を治すために
目を犠牲にするわけにはいきませんし、
なおかつ不眠対策としても効果が薄いのですから
猶更やる必要はありません。




テレビを見ると眠くなるというのは
その番組に興味があり、
寝ちゃいけないと思えるからです。


無理やり興味の番組を見ても
目に光が入るだけで
むしろ覚醒効果が起きるでしょう。




テレビを見ながら眠ることは
不眠対策になりません。


女性2



寝室でテレビを見ない




皆さんよく眠れていますか?

このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。



ネコ9


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









テレビは快眠の大敵!



明るいと目を覚まし、暗くなると眠くなる
これは当たり前のことです。


それと一緒なのですが、
明るいと眠りにくくありませんか?


これは光が神経を刺激し、覚醒するからです。


それなのに寝ながら
テレビを見る人が多いのは頷けません。


これでは眠りたくないのかと思ってしまいます。


寝室でテレビを見る癖がついていると、
眠れなくなる可能性があります





もちろん
俺はこれでも眠れるんだ
という人は良いのですが、


不眠で悩んでいる人は
極力寝室でのテレビ鑑賞は止めましょう。




またテレビはストーリーがあるので、
神経が昂り興奮してきます。


神経が昂ると眠りにくくなりますので、
この面でも寝室のテレビは眠りの天敵です。


男性4


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








寝室は寝るための場所!


寝室は寝るための場所です。


寝室に入る時には寝る時、
こういう動機づけのためにも
極力寝室でテレビを見るのは止めるべきです。




もし一人暮らしの男性とかで、
一部屋しかない人がいれば、
寝室でテレビを見るな
とは言えません。


そのような場合は
寝ながらテレビを見ない
ということにしましょう。



寝室に入るなとは言えませんが、
寝床に入らないということはできると思います。


例えばベッドの上に座ってとか、
布団を敷いたらその上で座ってみるとか、


決して寝床に入って、横になって、
テレビを見ないようにしてください。



そして眠くなってから
寝床に入るようにしてください。






ところでテレビを見ないと、
眠るまでの間何をやっていればいいのか



これはあまり刺激の強くない
読書などがよいでしょう。


長編などは続きが気になるでしょうから、
短編小説などが望ましい。


また4コマ漫画や写真集、
短い詩集や随筆などもいいでしょう。


もちろん寝床には入らないで
座って読むようにしましょう。


寝床に入るのは眠くなってから
この原則を忘れないようにしましょう。





眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック


イヌ1





プロフィール

mitsuihide

夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく