睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

レム睡眠

寝ているのに寝ていない?逆説性不眠とは!



皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


女性6





逆説性不眠!


不眠症の中には面白い現象があります。


それは自分が不眠症であり、
毎日眠れないと訴えいる人が、
実際にはよく眠っていることがあります



ある人はもう何年も眠っていないと訴えますが、
何年も眠らないということはあり得ません。


その前に死んでしまいます。




実験によると、2週間程度眠らないと、
脳が破壊されて死に至ります。


眠るということは、
脳を休めるためでもあります。


つまり脳が休まらず、
負担が大きくなって最終的に死に至るのです。




つまり何年も眠っていないということは

あり得ないのです




このように科学的に測定すると
十分に睡眠をとっているにもかかわらず、
自覚的にはほとんど眠れなかったと述べる現象を



逆説性不眠



と言います。





これは特に不眠が慢性化した人に
起きる症状です。



この逆説性不眠は
独立した病態であるかどうかについては
議論があるものですが、



不眠症患者の中には多い症状なのです。


そして悪いことに、
本人は本当に眠れていないと思っているのです。






元々不眠症は身体的な影響がある病気です。


つまり眠れないことにより、
注意力が散漫になったり、疲労感が増したり、
そういったことが問題でしたが、



慢性化すると、
心理的な焦燥感が課題となります。


眠れないことによる焦り、緊張感、不安感などが
精神的、心理的に負担になっていきます。




このように考えると、
実際に眠れていても、眠れていないと考える
逆説性不眠は心理的負担があるという意味で、


通常の不眠と同様に治療の対象となります




ネコ11





逆説性不眠はどうして起きるのか?



では逆説性不眠は
どうして起きるのでしょうか?




ある患者は主観的な睡眠時間は30ですが、

機械で脳波を測定したら、418寝ていました。



418分、つまり時間寝ていたのです。


これは十分な睡眠時間だと言えるでしょう。


しかし本人の評価では30分です。



30分しか寝ていないと評価するのであれば、
睡眠時間は全く足りていません。






この主観と客観のは何でしょうか?





これは時間認知機能の異常が関与しています。



時間認知機能は、
脳による認知システムによって決まってきますが、
ここで睡眠時間を認知することができます。



この時に睡眠時間を認知するシステムは

徐波睡眠の量によって時間を認知します。


徐波睡眠=つまり深い睡眠です。



睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」があり、
「レム睡眠」は浅い睡眠。
それに対して「ノンレム睡眠」は深い睡眠です。


このノンレム睡眠にも4段階あり、
そのうち3~4段階の睡眠は非常に深い睡眠です。

詳しくはこちらを参照してください。
http://kaitekisuimin01.com/archives/1101228.html


この時に脳が休みます。


この3~4段階のノンレム睡眠のことを、
脳波が緩やかになることから「徐波睡眠」と言い、
不眠症対策では特に重視する睡眠です。


簡単に言うと「ぐっすり寝る」のです。




実は逆説性不眠を訴える人は、

この徐波睡眠が少ない人なのです。



特に不眠の慢性化が起きている患者は、
逆説性不眠が起きるというのは、



不眠が慢性化した人は深い睡眠ができていない。
少なくとも実感できない。



そのために眠れていないと思い、

逆説性不眠を訴えるのです。





逆説性不眠は実際には寝ているのですが、

深い睡眠ができていない。


それは脳を休めるには不十分です。



逆説性不眠はそういう意味で、
脳からの悲鳴なのかもしれません。


ネコ10

寝ぼけについて



皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。

女性1





寝ぼけ!



人の睡眠にはレム睡眠ノンレム睡眠があります。




レムとはRapid eye movementの意味で、
日本語で「急速眼球運動」といいます。


急速眼球運動は寝ている時に瞼の下で
目玉がキョロキョロ動いている状態です。



これがあるのがレム睡眠で、
無いのがノンレム睡眠です。



レム睡眠が起こるのは、
脳が覚醒状態であるためです。


比較的浅い眠りで、体は寝ているのですが、
脳が起きている状態、これがレム睡眠です。




ノンレム睡眠は
急速眼球運動を伴わない睡眠です。



深い睡眠で、脳も休んでいる状態です。





このレム睡眠中にはを見ます。




夢を見るとたまに起こるのが

寝ぼけです!



寝ぼけはレム睡眠行動障害と言います。




ネコ3




前回書いたようにレム睡眠中は
情報が遮断されており、
体の筋肉も脱力して動きません。



しかし何らかの原因で夢を見ている時に
体が動くようになると寝ぼけを起こします。

このように犬も寝ぼけます。





人間の場合は65歳以上で200人に1人程度で
発生すると言われています。


比較的男性に多いのが特徴です。



実際の行動はどのようなものでしょうか?



入眠から1~1.5時間たつとレム睡眠に入る。

この時に症状が見られるようになる。

叫ぶ、大声で罵声を上げる、泣く、笑うなど。

両手で何かを探すような動作などが見られる。



時には殴る蹴るなどの攻撃的な行動、

動き回るなどの行動も見られる。


しかし激しい行動をしても覚醒することは少ない




このような行動は
レム睡眠が終わるとおさまります。


大体20~30分くらいです。


そのあとは再び安らかな眠りに
つくことができます。








子供の寝ぼけ


子供の寝ぼけはレム睡眠行動障害と違います。


子供の場合は睡眠時游行症と呼ばれます。


睡眠時游行症は
深い睡眠のノンレム睡眠の時に起きます


この部分がレム睡眠行動障害と違います。


この症状の時は目を見開き、歩き回ります。


ノンレム睡眠なので
夢を見ているわけではありません。



夜驚症という症状も同じく子供の寝ぼけですが、
こちらの場合泣き叫んだり、跳ねたりします。



いずれにせよ大人と同様

20~30分くらいで終わるのが普通です。



ネコ9






夢とはリハーサル?


皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。

女性6






情報の遮断!



人の睡眠にはレム睡眠ノンレム睡眠があります。




レムとはRapid eye movementの意味で、
日本語で「急速眼球運動」といいます。


急速眼球運動は寝ている時に瞼の下で
目玉がキョロキョロ動いている状態です。



これがあるのがレム睡眠で、
無いのがノンレム睡眠です。



レム睡眠が起こるのは、
脳は覚醒状態であるためです。


比較的浅い眠りで、体は寝ているのですが、
脳が起きている状態、これがレム睡眠です。




ノンレム睡眠は
急速眼球運動を伴わない睡眠です。



深い睡眠で、脳も休んでいる状態です。





レム睡眠中にはを見ます。


そしてもう一つ重要な特徴は
レム睡眠中は外界との情報を遮断しているのです。



脳波を見ると、
レム睡眠中は軽くまどろんだ状態です。


つまり簡単なショックで目覚めてしまいます。



そうならないように、
外界からの刺激を完全に遮断するのです。




例えば音は聞こえません。



外界からの振動で、鼓膜は振動するのですが、
内耳には「耳小骨」という骨が振動することで
音を伝えるのですが、


「耳小骨」は耳小骨筋という筋肉が
緩んでいるため音が伝わらないのです。




また体の筋肉は完全に脱力しています。


これは夢を見るため、夢に反応して
体が動くことがないように
体自身が防衛しているためです。



そのため起きるのが金縛りです。


金縛りで体が動かないのは
レム睡眠中で筋肉が脱力しているからです。





レム睡眠が覚醒状態に近い、
まどろんだ状態でも目覚めないのはこのためです。


ネコ2







夢体験はどうして必要?


外務から刺激を受けないレム睡眠中は
夢を見る素材は脳内から生み出される。


寝ている時は当然、視覚は働いていないのだから、
脳もその部分は動いていません。


しかし視覚に基づくイメージや意味を
認識する部分は活性化しています。



もう少し具体的に書くと、


ものを見ると、
情報を受け取って映像を
再構築する一次視覚野と、

その情報に基づいて
意味を認識する二次視覚野に分けられる。



夢を見ている時は
一次視覚野は機能していないが、
二次視覚野は活動しているのだ。



そのため夢は
実際に見ているように体験するのです。




ところでこういった夢を見ることは
どういう意味があるのでしょうか?






哺乳類も夢を見るとですが、
レム睡眠中の運動遮断をする機能を破壊した猫に
レム睡眠中の行動を観察した実験がある。


この猫は生まれた時から飼育されて、
捕食活動をする必要がなかったにもかかわらず、


身構えたり、捕食したり、
威嚇するなどの行動が観察された。




これは猫の危機管理をしているように思える。



フランスの脳生理学者ミッシェル・ジュヴェ教授は
レム睡眠中には人間も動物も共通の行動、
つまり危機対処のリハーサルをしていると考える。


いつでも行動できるように練習しているのだ。




そう思うと、
夢はいつも心地良いものではない
ことの説明も付く。



夢の研究は難しいが、
いつか解明される時が来るのだろうか?

ネコ9





左甚五郎の眠り猫は、レム睡眠か?ノンレム睡眠か?



皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。







眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








左甚五郎の「眠り猫」


左甚五郎という彫刻師がいる。


一説には実在が疑われているが、
彼の代表作と言われているものも多くあります。


左甚五郎の代表作で一番に思い浮かぶのは
日光東照宮の眠り猫です。

nemuri_neko







ここで問題です。



この猫は
レム睡眠中でしょうか?
ノンレム睡眠中でしょうか?





レム睡眠とは比較的浅い睡眠で、
体は休んでいるが、脳は活性化している状態


ノンレム睡眠
とは、深い睡眠で
脳が休んでいる状態です。


人は眠る時にこの2つが交互に現れます。
最初にノンレム睡眠から入り、
その後にレム睡眠が現れる。



ノンレム睡眠は脳を休めるため
人間だけではなく哺乳類にも現れます


つまり猫にもノンレム睡眠があるのです。





では「眠り猫」はどちらなのでしょうか?









眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











レム睡眠の状況

ここで重要なのは
「眠り猫」は前足を踏ん張って、
頭部が上がっているということです。


スフィンクスの部位といわれる体勢で
重力に逆らっています


nemuri_neko



これは筋肉のうち、
抗重力筋が活動していることを意味します。


この抗重力筋は眠っている時にも活動しますが、
唯一、レム睡眠中には消失します。


「眠り猫」は頭部が上がっていることから、
レム睡眠ではなく、ノンレム睡眠だと言えます。





因みにもし猫がレム睡眠なら
下の写真のようになります。

ネコ11




猫の首を支える抗重力筋が働かず、
首は下がっています。

ノンレム睡眠であれば、
必ず首が上がるということではないのですが、
一つの指標として見てみるのもよいでしょう。









眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック




レム睡眠の発見と水戸黄門!



皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


イヌ1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック












睡眠には2種類あります。
レム睡眠ノンレム睡眠です。


この2つは寝ている間に交互に現れてます。
1サイクルは約90分







レム睡眠とは
Rapid eye movement sleepの意味で、
「急速眼球運動を伴う睡眠」といいます。


これは身体は寝ているのですが、
脳は覚醒状態である状態です。


比較的浅い眠りで、
夢を見るのもレム睡眠中に見ます。
このレム睡眠は約20~30分ほど続きます。



ノンレム睡眠とは、レム睡眠とは逆で
「急速眼球運動伴わない睡眠」です。


このノンレム睡眠は、レム睡眠と違い、
深い眠りで別名「脳の眠り」と言われています。










レム睡眠の発見!


実はこのレム睡眠とは
最近発見されたものなのです。


発見されたのは1953年
今から64年ほど前です。


シカゴ大学の大学院生だった
ユージン・アゼリンスキーが息子を被験者に
睡眠実験をやっている時に発見した。


睡眠初期ではゆっくりと一定の波形を描いていた
ポリグラフの線が、激しい上下動を描き出した。


これは覚醒時の脳波と近い動きだった。


アゼリンスキーはこの動きが
一晩に4~5回繰り返されることを突き止め、
目玉が急速に動くことから急速眼球運動REM
(Rapid Eyes Movement)
と名付けた。

ネコ3


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









レム睡眠と夢の関係!

レム睡眠の発見は
睡眠学に大きな変化をもたらした。


画期的だったのは
夢を見る時はレム睡眠だという発見です。


実はノンレム睡眠の時にも
夢を見るケースがあるのですが、
大体、レム睡眠時=夢を見ると考えて
間違いではありません。


夢は脳が覚醒状態に近い状態になるからで
脳が休んでいる時、特に深いノンレム睡眠である
徐波睡眠の時には見ません。


夢に関する研究はレム睡眠の発見によって
格段の進歩をすることになります。








実は水戸黄門が関係している!

ところでアゼリンスキーが発見する遥か昔に、
日本でレム睡眠が観察されている。


それは水戸黄門で有名な水戸光圀です。


水戸光圀没後、側近たちが作った西山遺事には

御眠なされ候時は御目半眼にて、
すきと御閉じなされず、
とくに寝いり候えば、御目の玉くるめき申候

と記述されている。



これは正にレム睡眠の状況です。

そしてもう一つわかることは
水戸光圀は目を開けて寝ていたようだ


意外なエピソードだ!








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



女性2



プロフィール

mitsuihide

夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく