このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


女性6


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









なぜ背伸びをするのか?



起きた時に背伸びをするのは
どうしてでしょうか?




そりゃー寝起きなら当たり前だろう。


そう思っているかもしれません。





ではなぜ当たり前なのでしょうか?







確かに私たちは寝起きに背伸びをします

それはどうしてでしょうか?





実は背伸びとはストレッチの一種です。


その目的は筋肉を伸ばすことにあります。




寝ている時には筋肉には負荷がかかりません。

そのため筋肉は収縮している状態にあります。




そこで筋肉を伸ばす(=ストレッチ)と、
血管が影響を受けます


血管は筋肉を伸ばすと収縮し、
緩めると広がります。


その時に血流量が増えます


トカゲ1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










血流量が少ないのは
副交感神経優位になっているからです。


人間は活動している時は交感神経が優位になり、
休んでいる時には副交感神経が優位になります。


そして副交感神経優位のままでは
血流量が少なく、体温が上がりません



そこでストレッチが必要になります。




ストレッチをすると、筋肉を刺激し、
血管を刺激し、血流量を増やします。



血液の流れが良くなると、体温も上がります。


同時に心臓の動きも活発になり、
交感神経を刺激します。




これらは人間だけではなく、犬猫も同様です。



犬や猫も寝起きは背伸びをします。


これは筋肉に刺激を与え、血管に刺激を与え
血流量を増やそうとしているのです。


そして交感神経優位の状態を作り、
脳や体を活性化させようとしているのです。



起きてすぐ背伸びをするのは理由があるのです。



スムーズに体を覚醒状態にするための
自衛本能と言えるのです。









眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



イヌ1