女性6


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









睡眠薬の利用は専門医に相談!


当ブログでは、不眠に悩んでいる人に
できるだけ眠りやすい情報を
提供することを目的にしています。


そのために眠りやすい状況および環境
作ることを提案しています。



それ故に睡眠薬
利用することは勧めていません。


寝やすい状態とは簡単に言うと、
リラックスをすることが必要です。


緊張した状態や、焦った状態では
むしろ睡眠状態から逸脱してしまいます。



そのような状態を作ることが
寝やすい状態を作るのですが、


非常に強いストレスなどで悩んでいる場合、
睡眠薬は有効な手段となります。




基本的には勧めていないのですが、
全く拒否する必要はありません。




ただし睡眠薬を服用する際は
専門の医師に相談しながらやってください。


不眠も症状によって
必要な睡眠薬が変わってきます。



入眠障害(寝入りが悪い)人は、
できるだけ短期に効く睡眠薬が、


中途覚醒(何度も夜中に起きる)人は
比較的ゆっくり効く睡眠薬が必要になります。


ネコ8


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











睡眠薬の副作用!


一般的に薬には副作用があります。
逆に副作用がない薬は効きません。
薬が効くことは副作用があるということです。


当然、睡眠薬にも副作用があります。


ただし一昔前のドラマなどであった
睡眠薬の飲みすぎで死亡するなどはありません。


ここでは主な睡眠薬の副作用を記していきます。





1.持ち越し効果

つまり起きた後にも薬が効いている状態です。

これは作用時間が長い薬に多く、
効果が切れず眠気やふらつき、
だるさ、頭痛などの持ち越し効果が起こります。



2.筋肉の弛緩作用


ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に多いのですが、
特に足腰に力が入らなくなります。
高齢者の場合は特に気を付けなければなりません。



3.記憶障害

睡眠薬の副作用と言えば、「これ」と言われるほど
一般的なイメージがありますが、
記憶が飛ぶことはあります。

抗不安作用が強い睡眠薬に現れます。



4.反跳性(はんちょうせい)不眠

いわゆるリバウンドのことです。
これは睡眠薬を飲んでいて、
急に中断すると起きます。

場合によっては服用前より
悪くなることがあります。

薬を服用する際ももちろんですが、
止める際にも医師に相談することが必要です。

止める際には、服用する量を減らしていき、
又は期間を延ばして、徐々にやめるようにします。

急にやめることは、に慎んでください



5.奇異反応

滅多にないことですが、
睡眠薬によって、不安や緊張が増大し、
興奮したり、攻撃的になることがあります

超短期作用の睡眠薬は効果が強いので、
奇異反応が起きることがあります。



6.依存性

これもよく言われることですが、
薬がやめられなくなることです。

睡眠薬だけではなく、
酒やたばこといったものでも起きますが、
睡眠薬でも起きます。


何でも頼りすぎるのは良くないことです。




7.そのほかの副作用

その他としては長期の服用による
効果の減少があげられます。

薬に対する耐性
ができるからです。

そのためより強い薬を求めるようになり、
これが依存症になることもあります。


ただし最近の睡眠薬は
長期服用でも効果が薄れることは少ないです。

トカゲ1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック












認知症と睡眠薬の関わり!


睡眠薬を長期に服用すると、
認知症(つまりボケ)になるという話があります。

これは記憶が飛んだり、ボーッとしたりという
副作用からそう思われるかもしれませんが、

結論から言うと、睡眠薬を服用したからといって
認知症になることはありません


先ほどの副作用も一時的なものです。

薬の作用が切れると元に戻ります。







アルコールとの併用禁止!


最後に、絶対にダメな服用法は、
アルコールと一緒に飲むことです


アルコールと一緒に飲むと、
代謝が良くなり効果が促進されます。


つまりより激しい副作用を生むのです。




アルコールと併用することは

絶対にやめてください








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



女性5