皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。



ネコ5


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック






睡眠薬をやめる時にも専門医に相談!


当ブログでは、不眠に悩んでいる人に
できるだけ眠りやすい情報を
提供することを目的にしています。


そのために眠りやすい状況および環境
作ることを提案しています。



それ故に睡眠薬を
利用することは勧めていません。


寝やすい状態とは簡単に言うと、
リラックスをすることが必要です。


緊張した状態や、焦った状態では
むしろ睡眠状態から逸脱してしまいます。



そのような状態を作ることが
寝やすい状態を作るのですが、


非常に強いストレスなどで悩んでいる場合、
睡眠薬は有効な手段となります。




基本的には勧めていないのですが、
全く拒否する必要はありません。



ただし睡眠薬を服用する際は
専門の医師に相談しながらやってください。




そして服用の際、専門医と相談する人でも
やめる時には相談しないでやめる人がいます。





お医者さんにかかるのは、病気やケガの時です。


そのため症状が治まれば、
途端に医者に行かなくなります。



しかし睡眠薬をやめる時には
医者に相談してください。


なぜなら睡眠薬を急にやめると、
かえって症状が悪化することがあるからです。


これを反跳性不眠といいます。



男性1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック














反跳性不眠!


反跳性(はんちょうせい)不眠とは、
リバウンドのことです。


ダイエットなどでも
カロリーを抑えて、体重を減らしていても
やめると元の体重を上回ってしまいます。


むしろダイエット前より、
太ってしまいます。




こういったリバウンドが
睡眠薬服用時にも起きるのです。



むしろ睡眠薬を服用する前より、
不眠が深刻化したり、



再度服用を始めても
以前より多量に飲まなければ、
効かなくなったり、




そのような状態になります。







どのようにすればよいか?


ではどのようにやめれば良いのでしょうか?


それこそ専門医と相談しながら、
その指示を守ってやめてもらいたいのですが、


簡単に言うと、
にやめないことです



少しずつ減らしていくこと、


これを守ると反跳性不眠を
避けることができます。


その方法は大きく分けてつあります





1.漸減法(ぜんげんほう)


睡眠薬の投与量を徐々に減らす方法。

2~4週間かけて睡眠薬の量を減らしていく。
それで3か月を目途として全廃する。

短時間作用の睡眠薬をやめる時に適している。





2.隔日法


薬を飲まない日を作り、
それを徐々に拡大していく方法

例えば、1日毎に飲む日と飲まない日を作り、
飲まない期間を増やしていく。

作用時間の長い睡眠薬をやめる時に適している。




3.漸減法+隔日法


上記両方法の組み合わせ。

短時間作用の薬を長時間作用に代えながら、
徐々に量を減らしていく。

また服用しない日も作り、それを増やしていく。









専門医による指導が不可欠!



上記のようにつの方法があります。


一度睡眠薬の服用を決めると、
むしろやめる時の方が慎重になるべきです。


しかし怖がることはありません



専門医の指導に基づき、
徐々に減らすようにすれば良いのです。


3か月くらいはかかることを認識して
気長に(気軽ではない)減らしていきましょう。











眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



ネコ6