イヌ1



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








快適な睡眠のためには
夜遅く食べないことは重要です


お腹の中に消化物があると
睡眠中も消火活動が続き、
眠りにくくなります。

つまり睡眠の質が低下します。


できれば寝る3時間前、
少なくとも2時間以上前に
食事をすませましょう。




夕食を早めに食べると、
早朝お腹が空いてきます。


この空腹具合が、
スムーズに目を覚まさせてくれます。




ネコ9







朝何を食べる?



よく洋食和食かということで

朝食にはどちらがいいかと言われます。



結論から言うと和食の方が良いのですが、

洋食でも別にいいです





和食の方が良い理由は

よく噛むからです


よく噛むことで、
体を活性化させることができます。


噛むことは運動と一緒なので、
体を目覚めさせます。



以前、起床後16時間後
眠くなるという話を書きました。



つまり朝7時に目覚めると
夜の11時に眠くなるのです。


その時にしっかり目覚めることで、
体内リズムをリセットし、
1日のスタートとなります。


そのためには起きたら
しっかり朝日を浴びる習慣をつけることと

朝食をしっかりとることです。



朝食もよく噛むことで、
体を動かし、顎を動かすことで
体内リズムが活性化してきます。


そして体をしっかり動かすと
セロトニンを分泌します。


このセロトニンは、
夜になるとメラトニンになります。


このメラトニンが
睡眠に誘うのです。



よき眠りはよき起床から、

そしてよき朝食からなのです。




ただし和食の方が理想的ですが、
洋食でもしっかり口を動かせれば大丈夫です。


問題はゼリーなどで代用することです。




ゼリーは栄養補給にはなりますが、
口は動きません。



だから起床時の食事としては不適切です。


もちろん手軽で、
しかも時間がかからないから便利だとは思いますが、


こと睡眠よおび起床の面では
マイナスと言わざるを得ません。



便利なことは必ずしも
良いことではないのです。







眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



女性4