イヌ1



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









寝る前の読書の習慣

これはどうすればよいのでしょうか・






読書は気を付けて




実は筆者は寝る前の読書がになっています。


寝る前に何らかの本を読まないと

うまく寝つけないようです。




どうやら活字中毒の症状があるらしく、

ある一定の活字を見ないと寝れないのです。









リラックスするためには


私の話を少し書きましたが、

これは別の人にも当てはまります。


寝る時にはリラックスすることが必要になります。



そしてリラックスするには

寝る時の睡眠儀式が必要になります。




もちろん何もなくても寝れるのであれば、

全く問題はないのですが、


人は何らかの入眠儀式があるものです。





例えば、寝る前に


ぬるめの風呂に入る

一杯飲む

パジャマに着替える


などと言った



寝るための準備です







実はパジャマに着替えたところで、

眠れる訳ではないのですが、



パジャマに着替えると

眠る時間


という動機づけすることにより、

入眠儀式に加えることができるのです。





つまりパジャマに着替えることに意味は無くても

毎日寝る前にパジャマに着替えることで

眠る準備をすることができるのです。



ネコ8



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










読書の効能!



皆様の中にも寝ながら読書をすることで、

ウトウトとし、知らないうちに寝ていた

ということはありませんか?



こういうことはよくあることです。、



しかしそれが深い睡眠につながるかというと

そうではありません。




実際にそういうケースでは

すぐに起きるのではないですか?




それは深い睡眠ができていないからです




読書をすると脳を使います。



それは文字を読む訳ですから・・・。




しかし頭が疲れていると、

段々理解力が付いて行かなくなり、

遂には力尽きて寝てしまうのです。




そういう時にはあまり脳を活性化する本は

読まない方が良いでしょう。




特にワクワクするようなSFや推理小説などは

睡眠の妨げになります。


続きが気になるような本は止めましょう。




良い本は哲学書のようなものです。

内容も無味乾燥でつまらないものです。


もちろん哲学が

三度の飯より好き

という人はダメですが、


そうじゃない人には効果があります。





毎日2~3ページくらい

約1年かけて読むくらいの本を

寝る前に読むのはどうでしょうか?









眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック




女性6