睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

太陽

昼食後に眠くなるのはどうしてか?

皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ2



昼飯の後に眠くなるのはどうしてか?



昼を食べて、午後の仕事をしていると
ついついくなります。


誰にでも経験があるのではないでしょうか?




ところでどうして
昼間に眠くなるのでしょうか?






よく言われる解釈では
昼食と関係があるということです。


昼食を食べると血液が胃の方に行ってしまうため、
脳に血液が行かなくなって眠くなる。




このようなことはよく言われます。



まあ血液が脳に行かなくなると言わなくても、
食べ物を消化するために、エネルギーを使うから
眠くなると考えられています。


しかしそれは根拠がありません


実際に朝食後などは眠くなりません。



もし消化にエネルギーを使うために、
眠くなるのなら朝も眠くなっていなければ
おかしいことになります。

目覚めていない人が眠くなることはありますが
 それは別の話です。



別の説では、

朝から起きているので昼には眠くなる、
というものもありますが、


それなら夕方は
もっと眠くならないといけません。


女性2



昼食をとらなくても眠くなる!


実は昼食をとらなくても眠くなるのです。


ある実験で昼食をとったグループと、
とらなかったグループに分け、
昼間の眠気を調べたところ、


ほとんど差がないことがわかりました。


つまり昼食云々は関係なかったのです



因みにどうして昼食の後に眠くなるのかというと
体内時計のリズムの結果です。


人間は起きて16時間後に眠くなります。


だから7時に起きた人は
夜の11時ごろ眠くなるのです。


そしてそのリズムは日中にも及んでいます。


つまり16時間の半分程度の時間に
眠気が襲うようになっているのです。


だから上記の7時から夜の11時だと
昼の3時ごろには眠くなるのです。


昼食をとる時間は12~1時ごろ。


ちょうどそのころは
眠気のピークに向かっている時なので、
眠くなっていっているのです。



そうであれば昼食をとったグループと
とらないグループに違いがないのも
当たり前なのかもしれません。




因みにこの睡眠のリズム(=半日リズムという)は
どうして起きているのかは分かっていませんが、


一説には日中の暑い中に動き回ると
エネルギーの消耗が激しいから起きる、
と言われています。


朝、太陽とともに起きて活動し、
太陽が沈むと就寝する。


われわれ人間の生活は昔からそうでした。


そして太陽の活動が一番きつい時間帯は、
活動しないで休息にあてる。


非常に合理的にできているのでは
ないでしょうか?


男性4




朝スムーズに起きるには?


幸せな充実した生活は

、目覚める時に分かります。




朝の目覚めが快適でないと

人は幸せではありません。







スッキリ目覚めるということは


ぐっすり眠れたということです。





それは充実した生活を

送れていることを意味します。





ぐっすり眠ることは、

比較的悩みがない人です。




もちろん悩みがない人などいませんが、

それが比較的軽い人です。





仕事のこと、健康のこと、人間関係のこと



色々悩んでいたら眠れませんよね。








ぐっすり眠れるということは

こういった悩みがそれほど深刻じゃない証拠です。


ネコ3




眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック













起床の重要性!



人間は起床した時にから、

睡眠のカウントダウンが始まります。



起床の16時間後に眠くなるのです。





そういった生活リズムが

体内時計として成立しています。






つまり正しい起床が、

正しい睡眠のなのです。








毎日同じ時間居起床することが

生活リズムを整えて、

正しい睡眠に誘います。







もちろん毎日同じ時間に寝て、

睡眠時間も一定の方が良いのですが、



なかなかそうはいかないでしょう。





そういった場合、

起床時間を一定にすることを心がけるべきです。




つまり寝る時間が不安定でも、

起きる時間を一定にさせるのです。


ネコ4



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック












起きるのが苦手な人は?





そうはいっても、

起きるのが苦手な人はいるものです。






毎日布団の中でウダウダして、

スッキリ起きられない。





低血圧な人などは、

起きるのに時間がかかります。







そんな時は
どうすればいいのでしょうか?









<太陽光線を浴びる>


一つの方法は太陽を浴びるというものです。

誰でも経験があると思いますが、

太陽を浴びると覚醒効果があります。



特に目から入った光は

脳を刺激して覚醒します。






これが脳をリセットして、

16時間後へのカウントダウンが始まるのです。




とにかく日の光を浴びるようにしましょう。





もし時間があるようなら、

ベランダを掃除するなども良いでしょう。


もしくは植物の手入れなどもしてください。



習慣づければ自然と太陽を浴びるようになり、

脳の覚醒に役立ちます。





もしそんな時間がない人なら、

毎朝、10秒ほど太陽を見ましょう。


もちろん凝視することはないです。
(目を傷めます)



しかし目からしっかり太陽光が

入るようにしましょう。




そして通勤時は日向を歩き、

電車の中でも極力窓側に立ち、

光を浴びるようにしましょう。







そうすることで脳が覚醒します。



女性1



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











<布団から出られない時は>

特に寒い時は布団から出にくいですよね。


そういう時はどうすればいいのでしょうか?




その時は布団の中で

ヨガストレッチをしましょう。




体を伸ばすと血行が良くなります。

そうすると体が覚醒していきます。




まあヨガとかストレッチというと

堅苦しいかもしれませんが、

要は体を動かせばいいのです。




布団の中で体を動かすと、

血流量が増大して、体熱が上がり、

覚醒してきます。



そうすると起きやすくなります。





布団から出らたら、太陽光を浴びることをれずに






もしそれでも起きられない人がいれば、

最後の手段としてシャワーを浴びます。



少々熱めの42~3度程度で。




熱めのシャワーは体温を上昇させます。





そしてシャワーが皮膚を刺激し、

交感神経優位
になります。







ただし湯船につかるのは良くないです。


血圧が急激に上がり、疲労になります





こういった対策を持つことで、

スムーズに朝起きられるようになるでしょう。











眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック





イヌ1

livedoor プロフィール
夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく