皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


イヌ1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








不眠のつらさ!


当ブログでは、不眠に悩んでいる人に
できるだけ眠りやすい情報を
提供することを目的にしています。


不眠はつらいものです。


昼間の活動が阻害されるだけではなく、
夜間も眠れずに悶々と過ごします。


この時間は永遠に続くかのようで
とても長く感じられます。





さらにつらいのが
周りの理解がないことです。



不眠で昼間の活動が阻害されて、
会議中などに居眠りをしても


やる気がない


の一言で断罪されます。




中には「夜眠れない」というと、


疲れていないからだ!


と決めつけて、
仕事量を増やす上司もいます。



それにより、
益々不眠の症状がひどくなります。




そういう人が、
ついつい睡眠薬に手を出すのは
自然のことだと思います。










睡眠薬の利用!


当ブログでは、
眠りやすい状況および環境
作ることを提案しています。



それ故に睡眠薬を
利用することは勧めていません


寝やすい状態とは簡単に言うと、
リラックスをすることが必要です。


緊張した状態や、焦った状態では
むしろ睡眠状態から逸脱してしまいます。



そのような状態を作ることが
寝やすい状態を作るのですが、


だからと言って睡眠薬を頭から拒否していません。




睡眠薬は使い方によっては
非常に有益になるからです。


不眠症は単独で出る場合が多くなく、
何らかのストレスを伴う場合がほとんどです。




仕事が忙しく、強いストレスに晒されて
布団に入っても寝付けない


こういう人には環境を整えることで
不眠から解放されます。



しかし非常に強いストレスに晒され、
不眠の症状が重かった場合、
環境を整えるだけでは効果が薄いこともあります。


そういった場合は
睡眠薬を処方することになります。





ただし必ず専門の医師に相談して
利用することを忘れないでください。


そうしないと効果がないどころか、
有害になる場合もあります。


ネコ10


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










睡眠薬への誤解!


睡眠薬を処方すると、
悪いイメージが多くあります。


昔のドラマなどでは
睡眠薬の飲みすぎで死亡する設定がありました。


現代でも
「物忘れが激しくなる」「依存してしまう」
といった誤解があります。


一昔前にはそういった薬もありましたが、
現代ではほとんどありません。


どんな薬にも副作用があるように
完全に、安全とは申しませんが、
医師の指示に従って服用すれば、
不眠症患者への強い味方になります。




睡眠薬を、積極的には勧めませんが、
頭から拒否する必要はないのです。








睡眠薬の種類


睡眠薬の種類は
大きくつに分かれます。







1.ベンゾジアゼピン系

非常に多くの睡眠薬があります。
この睡眠薬は抗不安作用(不安を和らげる)が
あるので、ストレスが強い人には効果的です。




2.非ベンゾジアゼピン系

睡眠薬は筋肉の弛緩効果があります。
しかしこの系統は筋肉の弛緩効果が少なく
ふらつきや転倒の危険性が少ないのが特徴です。


そのため特に高齢者へよく使われる睡眠薬です。




3.非鎮静系睡眠薬

これは2010年に日本で発売になった
新しいタイプの睡眠薬です。


いわゆる「鎮静作用」や「抗不安作用」といった
睡眠薬と違い、睡眠物質メラトニンを作用させ、
自然な睡眠を誘発するものです。


メラトニン自体は、体内に自然にあるもので
昼間はセロトニンとして活動しています。





このようにタイプの違いがあります。


何度も書くようですが、
睡眠薬自体は決して悪いものではありません


しかしその処方には専門医の指示により、
服用するようにしてください。


また服用はもちろん、
止める時にも医師の指示に従ってください。



止めるときに一気に止めると、
副作用でかえって眠れなくなることがあります。



便利なものでも細心の注意を払わなければ、
かえって問題になるでしょう。









眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



女性5