女性6



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。




昼寝はした方がよいか?




基本的には個人の勝手であるが、
昼寝はした方がよいでしょう。


昼寝は昼飯を食べたから眠くなるのではなく、
1日の半分の時間帯で眠くなるという
人間のリズムの結果です。


人間は起きて16時間後に眠くなります。
そしてその半分の時間帯でも眠くなるのです。


大体、2~4時ごろという感じです。


その時に20分程度の仮眠をとると
眠気が収まって午後の仕事の能率も上がります。


そのため昼寝をとることは良いことです。
眠気を無理に抑えて仕事をしても
能率は上がりません。



ところでその時の体勢は
どうすればよいでしょう?




ネコ9


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









昼寝の体勢!


この時の体勢は横になってはいけません。

それは睡眠慣性が働くからです。



「睡眠慣性」とは眠気とほぼ一緒です。
これは本格的に眠る体制になることを意味します。


そうすると起きた後も頭はボーッとして、
なかなか目覚めません。


昼寝をすることで眠気をとり、
午後の仕事の能率を上げようとしているのに、
眠気が増すのであれば逆効果です。


そのためには「横になる」と、
体に本格的に眠るよ
とメッセージを出しているようなものです。


本格的に寝てはダメなのです。


午後の能率を上げるために、寝るのだということを
忘れないでください。



そこで体勢ですが、
イスに座ったままというのが一番いいのです。


そう…デスクワークの人は良くやります。
あの机に伏せて寝る体勢が
「睡眠慣性」を抑えて、
熟睡する前に起きることができるのです。




因みにスペインなどは
シエスタという昼寝が一般的ですが、

90分以上寝る人と30分以内の人を比較すると

30分以内の人の方が
病気なりにくいことがわかっています。




通常の睡眠の場合、
90分サイクルをイメージして
眠ることが効率的ですが、


昼寝は起きてすぐに活動することが目的なので
あまり深い睡眠はいけません。


なんでも目的によって
使い分けなければならないのです。








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック




ネコ2