睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

快眠

寝起きに、背伸びをするのはどうしてか?



このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


女性6


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









なぜ背伸びをするのか?



起きた時に背伸びをするのは
どうしてでしょうか?




そりゃー寝起きなら当たり前だろう。


そう思っているかもしれません。





ではなぜ当たり前なのでしょうか?







確かに私たちは寝起きに背伸びをします

それはどうしてでしょうか?





実は背伸びとはストレッチの一種です。


その目的は筋肉を伸ばすことにあります。




寝ている時には筋肉には負荷がかかりません。

そのため筋肉は収縮している状態にあります。




そこで筋肉を伸ばす(=ストレッチ)と、
血管が影響を受けます


血管は筋肉を伸ばすと収縮し、
緩めると広がります。


その時に血流量が増えます


トカゲ1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










血流量が少ないのは
副交感神経優位になっているからです。


人間は活動している時は交感神経が優位になり、
休んでいる時には副交感神経が優位になります。


そして副交感神経優位のままでは
血流量が少なく、体温が上がりません



そこでストレッチが必要になります。




ストレッチをすると、筋肉を刺激し、
血管を刺激し、血流量を増やします。



血液の流れが良くなると、体温も上がります。


同時に心臓の動きも活発になり、
交感神経を刺激します。




これらは人間だけではなく、犬猫も同様です。



犬や猫も寝起きは背伸びをします。


これは筋肉に刺激を与え、血管に刺激を与え
血流量を増やそうとしているのです。


そして交感神経優位の状態を作り、
脳や体を活性化させようとしているのです。



起きてすぐ背伸びをするのは理由があるのです。



スムーズに体を覚醒状態にするための
自衛本能と言えるのです。









眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



イヌ1



二度寝はどうして気持ちいい?

このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


男性4


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










朝起きるのは辛いですね!




毎朝、暖かい布団から
寒い外に出る。


別にすぐに外気に触れる訳ではありませんが、
外に出たくない。




そういう時に二度寝をするのは
気持ちの良いものです。






毎朝起きなくちゃと思いながらも

「あと5分」
などと言って二度寝します。


そして気がつくと遅刻している。



そこまでいかなくても
二度寝が気持ちが良いのは間違いないでしょう。





ところでどうして二度寝
気持ちが良いのでしょうか?





そこにはコレチゾールというホルモンが
関係しています。


ネコ3


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










コレチゾールの働き!




コレチゾールとは抗ストレスホルモンで、
ストレスに対抗して分泌されます。


しかし生活リズムの中で
分泌される時間が決まっています。


大体、起床の1~2時間ほど前
多量に分泌されます。



例えば7時起床なら
5~6時ごろに多量に分泌されるのです。


この時間帯に大量のコレチゾールが
一気に分泌されるのです。


因みに夕方から夜にかけて
分泌量が減少します。




ところでどうして明け方に
大量のコレチゾールが分泌されるのかというと、
日常生活のストレスに対応するためです


日中には脳や体を使って活動します。
そうすると脳や体には負担やストレスがかかります


そのため起床時間に合わせて
抗ストレスホルモンの分泌を行なうのです。


寝不足が続くとストレスが溜まり、
コレチゾールが大量に分泌されます。


しかしそれに追いつかないと
枯渇することになります。


そうするとイライラすることになります。


寝不足でイライラするには
このようなメカニズムがあったのです。










二度寝はどうして気持ちが良いか?


ところで二度寝
どうして気持ちが良いかですが、


このコレチゾールが分泌される時
多幸感が醸成されます。


つまり幸せな気分になるのです。


これは母親の胎内にいた時のような
幸福で安らぎに満ちた瞬間です。



この多幸感を
二度味わうことができるのです。



これが二度寝が気持ちの良い理由です。




二度寝
は気持ちが良い。


だから決して
やってはいけないものではないのです。


だけど二度寝は寝坊の原因になります。



ほどほどにしましょう。








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



女性1

寝つきが良いのは、良いことか?



このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。




あなたは寝つきが良いですか?


寝つきが良い人は、
睡眠の問題はないと思うかもしれませんが、


そうではありません。


もしかしたら、
睡眠に問題を抱えているかもしれません。

ネコ3



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










寝つきが良過ぎるのは、危険のサイン!




これを見てください

のび太




これはマンガドラえもんで、
のび太の特技「すぐ寝ること」
実践しているシーンです。


このストーリーは
いつも居眠りをして怒られているのび太が


「もしもボックス」
「居眠りが褒められる世界」をリクエスト


そして居眠りができるのび太が、
テレビで模範演技をするという場面です。


0.93秒!


こんな短時間で眠ることができるのは
まさに「のび太ならでは」です。


しかしこのように極端ではなくても
寝床に入ってすぐに眠るというのは
むしろ危険なサインであると言えます。




それは慢性の寝不足である
可能性があるのです。



夜泣き1



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









毎回書くことですが、
快眠には「量」「生活リズム」「質」
必要です。


深く質の良い睡眠と、
毎日同じ時間に寝て起きるリズム、
そしてある程度の量が必要なのです。


その「量」と「質」の片方もしくは両方で
睡眠が足りてない可能性があります。



睡眠不足は負債と同じように、
どんどん体に蓄積されていきます。


そして睡眠不足が蓄積され過ぎると、
心身ともに障害が発生します


これは当然良い状態ではありません。




以前睡眠負債について書いたことがあります。



睡眠負債に吹いてはこちら




その時に書いたのですが、
睡眠負債は多少あった方が良いのです


しかし必要以上あると、
慢性の疲労状態になります。



寝つきが良いのは良いことですが、

寝つきが良すぎるのは考え物です。


単ある寝不足かもしれないからです。




それをチェックするのは

やはり全体量が足りているかどうかで
判断すべきでしょう。






眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



ネコ10



運動不足は快眠の大敵!デスクワーカーの意外な運動不足の原因



男性3



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











以前、昼間活動した方が
眠りやすくなると書きました。



しかしデスクワーカーでは
座って仕事をやることが多い。


そのため運動不足になり、
夜の睡眠にも支障をきたします。



そこで仕事終わりにでも

電車の駅を一駅前で降りて歩く、

帰ってら、ジョギングシューズに変えて、
そのまま10分ほど走る

お風呂上りにストレッチをゆっくりする



などでも良いと書きました。






ところでデスクワーカーの仕事で
運動不足の意外な原因をご存じでしょうか?






それは椅子のキャスターです。

男性5



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










かなり以前は椅子にキャスターなどは
付いていませんでした。


最近のデスクワークでは
ほとんどがキャスター付きになっています。



ところでどうしてキャスター付きだと
運動不足になるのでしょうか?




それはキャスター付きだと
体が移動するからです




どういうことかというと、
キャスター付きの椅子に座ったまま移動すると
体もつられて動きます。


そのため

「体を動かしている」


と錯覚してしまうのです。



実際には体をほとんど動かしていない。
それなのに移動するので体は錯覚する。


それ故に運動不足を認識しにくいのです。




今日も一日働いた。



しかし運動量からすると
全く足りていない。
それは体感以上に動いていないのです。

ネコ11


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










そこでキャスターを
固定したらどうでしょうか?




キャスターを固定すると、
自分で立って動かなければいけません。


それ故に立ったり座ったり、
数メートルの移動も頻繁に起きます。




また少し偉くなると、
部下にやってもらうことはありませんか?


何でもやってもらわないで、
少しは自分で動くようにしましょう。


体を動かすことを意識すると、
一日の運動量が変わってきます。


そうすれば特別に運動をしなくても良くなります。


毎日適度に体を動かしことで

軽い運動をこなすことになり、

心地よい肉体の疲労から

毎日深い睡眠ができるようになります。



快適な睡眠に必要なことは
肉体の軽い(あくまで軽くです)疲労です。



適度な運動をすることで
快適な睡眠ができるのですが、


それはキャスター付きの椅子に
座っていてはできません。



キャスターは固定して、
極力自分の足で移動するようにしましょう。










眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック





ネコ10


快適な睡眠のために必要な”軽い”疲労



ネコ2



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








睡眠の目的は色々言われているのですが、
間違いなく疲れをとることでしょう。

日常の疲れを心身ともにとる。


ちょっと考えればわかることですが、
寝不足だと疲れがとれません。


睡眠の目的の一つは間違いなく
疲れをとるためのものです。



一概に言えない部分もありますが、

疲れているとよく眠れます。




疲れて眠れないのは
脳が休んでいないからです


横になって体を休めていても
脳が活性化していると眠れません。



これは自律神経が交感神経優位になっているためで、
交感神経は活動する時に活発になる神経です。




それに対して眠る時は
副交感神経優位にしなければなりません。



そのためにはリラックスすることが必要なのですが、
ここは別の記事に書いたので、参照してください。






こういった部分はありますが、
疲れるとよく寝られるというのが一般的でしょう。






逆に言うと、
疲れていないと眠りにくいのです。




そういう面で日中は
積極的に体を動かすことが必要となります。


そうすると良く寝れるようになりますが、
ここで反発が出そうです






そんな時間ねーよ
…と。



イヌ1



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









ちょっと体を動かす!



確かに日常的にデスクワークをしていると
そんな時間はありません。


そのまま夜まで仕事をして、
帰ってから体を動かす暇なんてありません。


でもそんな大袈裟な必要はありません






電車の駅を一駅前で降りて歩く、

帰ってら、ジョギングシューズに変えて、
そのまま10分ほど走る

お風呂上りにストレッチをゆっくりする




などで十分なのです。






必要なのは適度な運動による疲れ、

そして体温の上昇を促すことなのです。




体温が下がると眠くなるのですから、
少々、体温を高めに誘導するのがコツです。


ここで少々体温を上げるのが必要で、
激しい運動をすると温度が上がり過ぎて、
眠れなくなります。



筋肉が温度を持つと、
体温が下がらないからです。





それもできれば習慣にしましょう。





ある時だけやっても体に沁み込みません。


以前快眠に必要な3要素を説明した時に

「質」「リズム」「量」と言いましたが、


その体内リズムに覚え込ませるのです。



そうすると

「昼間の活動」
   ↓
「夜の軽い運動」
   ↓
「軽い肉体の疲労」
   ↓
「深い睡眠」


という流れができていきます。




快適な睡眠に必要なことは
肉体の軽い(あくまで軽くです)疲労です。



そうなるように、
夜のスケジュールに加えておきましょう。






眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



女性1





プロフィール

mitsuihide

夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく