睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

早起き

大人も朝の楽しみを!


皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


男性5



朝の楽しみで、早起きを!



以前、子供を早寝早起きにするためには
朝の楽しみを作ることを提案しました。

それについては下を参照してください。
http://kaitekisuimin01.com/archives/22764939.html



早く起きないというのは
夜更かしをする子供が多いということです。


夜更かしをすると
睡眠時間が足りず、情緒不安定になり、
キレやすい子供が増える。


そのためには
早寝早起きの習慣をつけさせ、
十分な睡眠時間をとり、
なおかつ規則正しい生活をすることが必要です。



そのためには
朝早く起きる習慣をつけることが必要です。




しかしコンビニが24時間やっており、
インターネットが発達している昨今、
夜更かしをすることが容易になりました。


そこで朝早く起きると
好きなことができる「お楽しみの時間」を作り、
子供を早起きにさせるように提案しました。






例えばゲームの好きな子供がいると、
夜にゲームをやることは厳禁にします。


しかし朝早起きをしたら、

朝食の時間まではゲームをしても良い

と決めるのです。



そうすると子供は
早く起きるメリットを感じて
早起きするようになります。



もちろん早起きと言っても
2時や3時に起きても困る訳で、
時間は決める必要はあります。



例えば
6時まではしっかり寝ること…とか



しかしそれ以降は、朝食までの時間は
いくらやっても良いと決めます。



これはゲームでなくても例えばお菓子とか、
アイスクリームとかでもいいでしょう。


ある程度の制限の下で、
子供の朝の楽しみを作ってあげるのです。


これによって、
早起きするモチベーションが上がります。



もしかしたら
朝の時間を有効に使うために
学校へ行く支度を昨夜のうちに
するようになるかもしれません。



夜更かしの習慣は
特に子供には有害です。



そのための早寝早起きの習慣をつけるため
このような方策が有効だと思います。





ところでこれは子供だけではなく、
大人に対しても有効なのです。




女性5







大人にも朝の楽しみを!



朝起きたら好きなことができる。


もしくは朝起きた時の楽しみを作る




こういったことであれば、
朝起きるのが楽しみになります。


そして早起きの習慣ができるようになります。




特に子供時代と違って大人の場合、
睡眠時間が短くなります。


つまり早起きになるのです。




そのため早起きには
それほど苦労しないはずです。




そのため例えば朝起きたら、
30分ほど散歩するとか、


好着な読書にあてるとか、



時間を有効に使って
自分の好きなことをやりましょう。


やはり朝は体を動かすことが望ましいのですが、
DVDを見るのでも構いません。



早起きの習慣を作ると、
自然に生活リズムが良くなります。


朝の時間の有効活用に利用しましょう。



ネコ2





明日やってもいいから早く寝よう!



ネコ5


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









明日やろうは馬鹿野郎

という言葉があります。



今日できることをやらないで
明日やるというのは愚か者

という意味です。



しかし睡眠に関して言うと、

明日やろうというのは

間違っていません。








明日やった方が効率的!



真面目な日本人は

今日できることは今日中にやろう


と思うでしょう。



子供の頃からそのように躾けられました。




何でも予定を立てて

めにやっておこうと考えると思います。



そのことは間違っていません。






しかし寝たいのを我慢して、仕事をしても

効果的ではありません


むしろ眠くなっているのなら

寝た方が良いのです。







このブログでは

不眠症状の改善を目的にしています。


それ故にせっかく眠くなっているのに

寝ないのはもったいないです





眠くなれば寝るべきです。







例えば家事に子育てに忙しいお母さんは

ついついシンクにたまった食器が気になります。


「片付けなきゃ」



と思い一生懸命片付けます。



気づくと洗濯物もたたんでいません。


「早くやらなきゃ」


そうやってセコセコと働きます。





せっかく眠気が襲ってきたのに、

また目が冴えてしまいます







そうじゃなく

明日やればいいのです。







食器なんて明日でいいじゃないですか。

洗濯物も明日たためばいいじゃないですか。





気にすることはありません。



それより睡眠時間を削られ、

もしくは急いで働くことで興奮状態になる方が



自分にとって悪いのです。





グッスリ眠って、

明日少し早く起きてやればいいのです。




大体、朝は体を動かした方が、

覚醒しやすくなります。



なら朝にやった方がいいでしょう。



ネコ11


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










気にすることは禁物!


一つ気を付けなければいけないことは、



明日やることを

気にしてはいけない

ということです




明日は早く起きて


あれをやって

これをやって

子供を送り出す前にあれをやらなきゃ



こう考えると脳が冴えてきて

眠れなくなります。




これにより

睡眠の質(=深い睡眠)が悪くなり

逆効果です。



そうではなく、

明日に残しても気にしないようにしましょう。






もしそういうことができないという人は、

明日やることをメモにしましょう。




朝起きたら

何をやって、次にこれ、そしてあれ

と、メモにしておきます。



できればそこに時間を書いておきましょう。



起きて15分で洗い物

そして食事の支度で30分して、

旦那を送りだしたら、洗濯物をたたむのは15分


といった具合に…。





大体、毎朝のルーティンは

あまり変わらないと思いますので

一度作ればいつでも使えるでしょう。




不眠に関しては、

明日でいいや

と思う気持ちが重要なのです。







眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック




女性5



プロフィール

mitsuihide

夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく