男性3



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











以前、昼間活動した方が
眠りやすくなると書きました。



しかしデスクワーカーでは
座って仕事をやることが多い。


そのため運動不足になり、
夜の睡眠にも支障をきたします。



そこで仕事終わりにでも

電車の駅を一駅前で降りて歩く、

帰ってら、ジョギングシューズに変えて、
そのまま10分ほど走る

お風呂上りにストレッチをゆっくりする



などでも良いと書きました。






ところでデスクワーカーの仕事で
運動不足の意外な原因をご存じでしょうか?






それは椅子のキャスターです。

男性5



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










かなり以前は椅子にキャスターなどは
付いていませんでした。


最近のデスクワークでは
ほとんどがキャスター付きになっています。



ところでどうしてキャスター付きだと
運動不足になるのでしょうか?




それはキャスター付きだと
体が移動するからです




どういうことかというと、
キャスター付きの椅子に座ったまま移動すると
体もつられて動きます。


そのため

「体を動かしている」


と錯覚してしまうのです。



実際には体をほとんど動かしていない。
それなのに移動するので体は錯覚する。


それ故に運動不足を認識しにくいのです。




今日も一日働いた。



しかし運動量からすると
全く足りていない。
それは体感以上に動いていないのです。

ネコ11


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










そこでキャスターを
固定したらどうでしょうか?




キャスターを固定すると、
自分で立って動かなければいけません。


それ故に立ったり座ったり、
数メートルの移動も頻繁に起きます。




また少し偉くなると、
部下にやってもらうことはありませんか?


何でもやってもらわないで、
少しは自分で動くようにしましょう。


体を動かすことを意識すると、
一日の運動量が変わってきます。


そうすれば特別に運動をしなくても良くなります。


毎日適度に体を動かしことで

軽い運動をこなすことになり、

心地よい肉体の疲労から

毎日深い睡眠ができるようになります。



快適な睡眠に必要なことは
肉体の軽い(あくまで軽くです)疲労です。



適度な運動をすることで
快適な睡眠ができるのですが、


それはキャスター付きの椅子に
座っていてはできません。



キャスターは固定して、
極力自分の足で移動するようにしましょう。










眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック





ネコ10