皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ9


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック













不眠と寝不足!



不眠症と寝不足は、
両方とも睡眠量が不足しています。


そういう意味では共通点があります。


少なくとも「自覚的には
睡眠量が足りない状態、
それが不眠であり、寝不足です。



しかしそこには
大きな違いがあるのです。






健康な人が寝不足になっても不眠とは言いません
ただ単に睡眠時間が足りないだけです。


そして健康な人をいくら寝不足にしても
不眠症と同じような状態にはならないのです。



睡眠実験などで、長時間起こしていると
幻視や幻聴といった症状が出てきます。


つまりあるはずの無いものが見えたり、
聞こえたりするのです。


しかし実験が終わり、解放されて一晩眠ると
症状は現れなくなります。


つまり一時的な寝不足があっても
回復は早いのです。


寝不足は、その名の通り寝る時間が
不足しているわけですから、
しっかり眠ることができれば
解決するわけです。


そして寝不足の人は、
時間があればすぐに眠ることができます。


寝たくてしょうがない状態です。




しかし不眠症の人は違います。
寝ようとしても眠ることができないのです



イヌ1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック














眠れないから不眠症!


不眠症は寝不足の人と同様に、
睡眠量が足りません。


しかし眠れないのです。




夜、寝床に入って、寝ようとしても目が冴え、
睡眠不足のまま、昼間活動します。


そして時間があれば、
昼寝をしようとするのですが、
その時も眠れません。


それなのに会議中といった
重要な時間帯になると眠くなるのです。


つまり眠ろうとすると眠れなくなり、
寝ちゃいけないと思うと寝たくなる。


という状態になるのです。



不眠症の患者の人は
今夜眠れるだろうか?
という強い不安感があります。


夜だけではなく、
昼間も大変な不安に襲われているのです。


そういった不安やつらさに加えて、
眠気や疲労感、イライラ、不安感などを感じ、
注意力や作業効率が低下します。





ところで不眠症を解決するヒントとして、
意外に環境が変わると眠れるというのがあります。


通常、人は環境が変わると眠れなくなります。


普段と違う部屋、布団、周りの音など
日常と違う状態は知らず知らずのうちに
人を不安にさせるものです。


都会に住んでいて、喧騒の中で眠っていると
田舎の静かな環境ではよく眠れると思うのですが、
逆に静かすぎて眠れない状態になります。


中には枕が変わるだけで
眠れないという人もいます。



ところが不眠症の人を
普段と違う環境に連れて行くと、
よく眠れることが分かっています。



これは不眠症の人が日常生活の中で
いろいろなものに追いかけられて、
ストレスが蓄積されているからかもしれません


例えば仕事や、例えば人間関係や、
いろいろなしがらみがストレスになり、
不眠の症状が出ているとすれば、


日常生活から抜け出ることで
そのストレスから解放されるかもしれません。


また普段と違う環境で眠ることで、
仕事のストレスと違う、ストレスが加わります。


それが日常の悩み=ストレスを
忘れる効果となるのかもしれません。


不眠症になれば、
日常からの逃避を試してみるのも一案でしょう。










眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



ネコ2