ネコ2



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








睡眠の目的は色々言われているのですが、
間違いなく疲れをとることでしょう。

日常の疲れを心身ともにとる。


ちょっと考えればわかることですが、
寝不足だと疲れがとれません。


睡眠の目的の一つは間違いなく
疲れをとるためのものです。



一概に言えない部分もありますが、

疲れているとよく眠れます。




疲れて眠れないのは
脳が休んでいないからです


横になって体を休めていても
脳が活性化していると眠れません。



これは自律神経が交感神経優位になっているためで、
交感神経は活動する時に活発になる神経です。




それに対して眠る時は
副交感神経優位にしなければなりません。



そのためにはリラックスすることが必要なのですが、
ここは別の記事に書いたので、参照してください。






こういった部分はありますが、
疲れるとよく寝られるというのが一般的でしょう。






逆に言うと、
疲れていないと眠りにくいのです。




そういう面で日中は
積極的に体を動かすことが必要となります。


そうすると良く寝れるようになりますが、
ここで反発が出そうです






そんな時間ねーよ
…と。



イヌ1



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









ちょっと体を動かす!



確かに日常的にデスクワークをしていると
そんな時間はありません。


そのまま夜まで仕事をして、
帰ってから体を動かす暇なんてありません。


でもそんな大袈裟な必要はありません






電車の駅を一駅前で降りて歩く、

帰ってら、ジョギングシューズに変えて、
そのまま10分ほど走る

お風呂上りにストレッチをゆっくりする




などで十分なのです。






必要なのは適度な運動による疲れ、

そして体温の上昇を促すことなのです。




体温が下がると眠くなるのですから、
少々、体温を高めに誘導するのがコツです。


ここで少々体温を上げるのが必要で、
激しい運動をすると温度が上がり過ぎて、
眠れなくなります。



筋肉が温度を持つと、
体温が下がらないからです。





それもできれば習慣にしましょう。





ある時だけやっても体に沁み込みません。


以前快眠に必要な3要素を説明した時に

「質」「リズム」「量」と言いましたが、


その体内リズムに覚え込ませるのです。



そうすると

「昼間の活動」
   ↓
「夜の軽い運動」
   ↓
「軽い肉体の疲労」
   ↓
「深い睡眠」


という流れができていきます。




快適な睡眠に必要なことは
肉体の軽い(あくまで軽くです)疲労です。



そうなるように、
夜のスケジュールに加えておきましょう。






眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



女性1