睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

眠れない

眠れない時に羊を数えると効果があるか?



皆さんよく眠れていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。




眠れない時に
羊が一匹、羊が二匹と数えることがあります。

あれは効果があるのでしょうか?


結論から言うと全くありません。




なぜ羊か?

子供(イラスト)1


これは英語圏で生まれた話です。

英語で羊はSHEEP(シープ)
眠るのはSLEEP(スリープ)なので
語呂が良く、そういう迷信ができているのです。

まあ「眠れ眠れ」と暗示しているのなら、
全く意味がない訳ではないのですが、

日本語で「羊」と言ってしまえば、

むしろ眠れなくなります



ただしこの「SHEEP」という言葉は
2つの意味で眠くなります。



1つは先に書いたように「SLEEP」と
同じ暗示にかかるということ。


もう1つはヨーロッパではSHEEP(羊)とは
たくさんの群れを思い出すということです。


それはのどかな光景です。



こういった光景を思い浮かべることは
精神をリラックスさせ、副交感神経優位に誘い、
眠りやすい状態を作ります。





日本では逆効果!


男性5


他方日本ではあまり意味がありません。

先に書いたように日本語では
「羊(HITSUJI)」です。

あまり眠たくなりません。


さらに日本では羊はそれほど一般的ではなく、
羊を思い浮かべた時の親近感が湧きません。

こういったことから、
日本で羊を数えることは止めた方が良いでしょう。

特に、生真面目な人は羊を数えることに
集中してしまったために、
脳が活性化することがあります。

そういうことにならないように、
気を付けなければなりません。






◎どうすればよいか?

夜泣き1


では羊を数えなければ、
どうすればよいのか?

色々やり方はありますが、
要は別のことを数えればいいんです。


数を数えるのは、
それによって疲れて眠くなるからです。

つまり多少疲れるが、
緊張を強いるようなモノではダメなのです。

仕事で何かを数えているような人は、
業務を思い出して眠れません。

そうではなく、「羊」のような
たわいもないようなものがいいでしょう。



お薦めは、今日あった「うれしいこと

今日一日色々なことがあったかと思いますが、
その中でうれしかったこと、
楽しかったことを思い出します。


例えば、通勤途中で子供が遊んでいたとか、
昼飯で、いつもより多めにおかずが盛ってあったとか、
帰る時に、乗り換えでドンピシャンに電車が来たとか



何でもいいんです。






緊張を強いないために、
業務のことは外した方が良いでしょうが、

売店の女の子に、笑顔で挨拶されたとか、
信号を3つ連続で渡れたとか、


何でもいいのです。



それらを数えているだけで、
ウトウト眠くなると思います。



一度試してみてください。

女性2



枕は必要か?



イヌ1




旅先で眠れない!




誰でも経験のあることだと思いますが、
旅先で枕が変わると眠れない…。



そういうことってありませんか?



実は筆者は以前はそうでした。




と…いうより、元々不眠気味だったので、
環境が変わるとより不眠症状が出ていたのですが、
旅先に行くと特に寝にくかったのを覚えています。



枕が変わると…というより、
寝具も部屋もベッドも
そして照明などの環境も全く違います。




以前は仕事柄、よく出張に行っていました。
泊まりの仕事も多かった。


当然、現地のホテルなどに泊まります。


そうすると枕や寝具が違うため、
なかなか寝付けません。





そういう中でどうやれば
寝やすくなるのでしょうか?










自宅に近づける努力!


他の環境はなかなか難しいですが、
だけは何とか対応することができます。



実は最近のホテルでは、
枕が複数ある場合があります。


これは枕が違って眠れないので、
その対応として置いてあります。



当然、寝具やマットレスなどは
複数はないのでしょうが、
枕はある場合があります。


そういった時には、
フロントで確認してみましょう。



また枕が複数無くても対応することができます。


それはタオルで対応するのです。


例えば枕が低くて眠れないときは
タオルを下に敷いて高くするとか、
硬い場合はタオルので巻くとか、



色々な対応はできます。



ホテルの場合、
タオルはたくさんあります。


部屋の中にもありますが、
足りなければ頼めばいいのです。


ネコ6





それからもっと良い方法があります。


を使わなければよいのです。






これはもちろん「宿泊先のホテルで使わない」と
言っているのではありません。



日常的に枕を使わない習慣をつけるのです。



どういうことかというと、
タオルを枕代わりにするのです。



タオルを折りたたんで、
好みの高さに調整して寝るのです。



タオルなので、高さ調整は簡単で、
材質もいろいろなものから選べます。


大体、タイルは社会人などをやっていると
色々な方面からもらいます。


もし足りないようなら、
会社員などをやっていると、職場の同僚に頼めば
いくらでもタダで提供してくれるでしょう。


同僚の家でもたくさんありすぎて
困っているのですから。




最近枕アドバイザーという職業があり、
オーダーメイドの枕を提供していますが、
そこまで細かく枕のオーダーをしなくても


自分のタオルで調整すればよいのです。




大体、枕の高さは多少低い方が良いのです。


その方が気道の確保がしやすいので、
ある程度低い方が望ましいのです。


なら枕など使わなくても、タオルを重ねて、
好みの高さに調整すればよいのです。



それに慣れれば、
旅先で枕に困ることもありません。


高さを覚えておいて、
好みの高さに調整するだけです。


頭にあたる材質を問題にするのなら、
その部分だけタオルをもっていけばよいのです。



枕を使わなければダメと、
無理に考える必要はありません。



枕がなくても
寝れるようにすればよいのですから。


ネコ1




プロフィール

mitsuihide

夢しずく
ギャラリー
  • 睡眠にとって、明日やろうはバカ野郎なのか?
  • 睡眠にとって、明日やろうはバカ野郎なのか?
  • 睡眠にとって、明日やろうはバカ野郎なのか?
  • 寝る前の読書の習慣 睡眠に効果はあるか?
  • 寝る前の読書の習慣 睡眠に効果はあるか?
  • 寝る前の読書の習慣 睡眠に効果はあるか?
  • 寝る前の読書の習慣 睡眠に効果はあるか?
  • 緊張を和らげるため、横隔膜を動かそう
  • 緊張を和らげるため、横隔膜を動かそう
夢しずく