皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ10


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック












睡眠時無呼吸症候群!



睡眠の話をすると、
直接的に事故につながるような話は
ほとんどありません。


しかし寝不足から
自動車を運転する時などに、
事故起こす可能性はあります。


2003年東海道山陽新幹線で
運転士が事故を起こしたが、
これも睡眠不足からの昼間の眠気が原因でした。


この運転士は
睡眠時無呼吸症候群に罹っていました。



睡眠時無呼吸症候群を
専門のサイトから貼り付けると



http://www.sleep.or.jp/sas/what.html
睡眠時無呼吸症候群
(Sleep Apnea Syndrome:SAS)とは

睡眠中に10秒以上の呼吸が停止、
つまり無呼吸が5回以上繰り返される病気です。
主に、いびきや昼間の眠気、熟睡感がない、
起床時の頭痛などの症状があります。

また、SASは生活習慣病と密接に関係しており、
放置すると生命の危険に及ぶこともあります。

また、
SAS特有の眠気は交通事故を起こす危険もあり、
早期に適切な治療をすることが大切です。



このように非常に大変な病気です。




ネコ6


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










気道を確保する!


この原因は幾つかありますが、
主なものは空気の通り道が閉鎖されて
呼吸が正常に行われないことによって
起こるものです。


日本人は元々気道が狭く、寝て筋肉が緩むと
舌の付け根などが下がり、
気道を閉塞するために起きるものです。


特に肥満の人は喉の周りの肉が邪魔をして、
この病気にかかることがあります。


肥満に人はこれにかかると
夜眠れず、昼に活動量が落ちるため、
なおかつ肥満がひどくなります。


そして益々症状がきつくなります。




睡眠時無呼吸症候群の人は
横向きに眠ると、呼吸がしやすくなります。


また枕を使わずに、
バスタオルなどを重ねて枕代わりにして寝ると
気道が確保されて寝やすくなります。


寝ている時にパートナーに
いびきがひどいと言われた場合、
睡眠時無呼吸症候群である可能性があります。


パートナーに聞いてみましょう。









眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



女性1