このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


男性1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










ところで睡眠不足が続くと
どういう現象が起きるのでしょうか?


色々ありますが、
大きな問題の一つに
細胞の修復能力が減少します。


細胞の修復能力とは
成長ホルモンが影響しています。


市長ホルモンはその名の通り
体の成長を促すホルモンですが、
体の修復にも使います。



皆さんも寝不足になると
肌がボロボロになり、
髪の色艶がなくなりませんか?




それは成長ホルモンが
少なくなっているからです。






成長ホルモンは安静時によく出ます。


特に寝ついてから
2~4時間ごろによく出ます。


人間の睡眠には2種類あり、
各々「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」と言います。


レムとは急速眼球運動のこと。
つまり目を瞑りながらも瞼の下で、
目玉がキョロキョロ動いている状態です。


この時は体は休んでいるのですが、
脳は休んでいないのです

ネコ10


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









それ故に脳を休ませる必要があります。


これがノンレム睡眠、
つまり急速眼球運動を伴わない睡眠です。


この時は脳が休んでいるのです。





人間はノンレム睡眠とレム睡眠が
交互に来ます。


そして最初に眠ると
ノンレム睡眠から入ります。



そしてノンレム睡眠とレム睡眠の
1サイクルは約90分です。


人間の睡眠は90分ごとの
サイクルを繰り返します。


特に最初の2回の90分サイクルは
「深睡眠(徐波睡眠)」といい、
特に深い睡眠をする。


この時に成長ホルモンが
大量に出るのです



先に書いたように
成長ホルモンがよく出るのは
睡眠から2~4時間ごろです。


つまり1~2回目の深睡眠の前後なのです。



しっかり寝ないと
成長ホルモンの分泌が低下する。


そのため細胞の修復がされない




睡眠不足になると
こういった弊害があるのです。









眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック




イヌ1