睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

脳の警告

脳の警告! 机の上を片付けられなければ…!


ネコ3



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック





睡眠不足のサイン!



睡眠時間や睡眠の質が低下すると、
脳の活動も低下します。


これは多くの人が認識している
ことではないでしょうか?



寝不足でボーッとして、
仕事もバリバリこなす。


そういう人もいるかもしれませんが、
ほとんどの人は業務が滞るのではないですか?


睡眠不足は効率が悪いのです



寝ないでやるというのは、
美徳のように言われていますが、


とんでもない


むしろしっかり寝て、
時間内に仕事を終わらせるようにした方が、
より短い時間で効率的に仕事ができます




しかし自分が寝不足がどうかは
わかるのでしょうか?






そりゃーわかるよ!
自分のことだもの!






こう思うかもしれません。





でも意外にそうではないのです。




以前、机の角に足の指をぶつける話を書きました。

「脳の警告」
http://kaitekisuimin01.com/archives/20473844.html




これを不注意とだけ
決めつけるのは危険です。

実は脳がしっかり起きていない
ことがあるからです。


脳がしっかり起きていないから、
体と脳の感覚に齟齬が発生して、
足の指を机の角にぶつけることになるのです。


自分では避けていると思っているのですが、
実際には体がついて行っていないのです。


これは睡眠不足から、
脳が眠っている可能性があります。






それと同様なサインがあります。

それは机の上が汚い人です。






ネコ1



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック













机の片づけができないのはどうして?


なんか子供に注意する話になっていますが、
社会人でも机を片付けられない人は大勢います


書類などが乱雑に散らかっている人が…


これは性格によることもあるのですが、
実は脳からの睡眠不足のサインである
可能性もあります。



どういうことでしょうか?



我々は脳で情報を処理しています。

特に前方に位置する前頭葉は、
我々が効率的に仕事をこなすための
重要な役割を担っています。


その働きは

考えを切り替える

ことと、

複数の情報を処理する

ことがあります。




デスクワークをしていると、
複数の仕事が舞い込んできます。


そこには複数の書類があります。


その時に脳は即座に手元の仕事から

考えを切り替え

手元の仕事と優先順位をつけることを判断します。



どの仕事を先にすべきか?

どれを後回しにすべきか?





しかし前頭葉の働きが低下すると、
この判断が即座に、的確にできなくなります


そのため目先の仕事のみに集中し、
他の仕事は後回しになります


すぐにできる仕事も後回しになるため、
書類は溜まる一方です。


そのため机の上は乱雑になり、
片付けができないことになります。



この脳が低下することで、
情報の取捨選択能力が低下し、
判断力が低下することで、
後回しの仕事が増加する。


この負のサイクルを生み出しているのが、
睡眠不足の可能性は十分あります。



もし机の片づけができず、
書類が溜まり放題だったら、


脳の警告と考えていいかもしれません。


お前は寝不足で、
情報処理能力が低下しているぞ
…と。




その時はしっかり寝るようにしてください。





まあ単なるズボラなだけかもしれませんがね。



男性5


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック






脳の警告!机の角に足の指をぶつけたら!



夜泣き1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








机の角に足をぶつける!



机やタンスなどの角に
足の指をぶつけたことはありますか?


ものすごく痛いですね。




これは何で起きるのかというと


ボーッとしているからです。







何を当たり前の事を…と思ったかもしれません。


しかしそうでもないのです。



そのボーッとした理由が問題なのです。





考え事」なのか「話に夢中」になっていたのか、
またスマホを見ていたのか。


いずれにせよ何かに
気をとられていたのでしょう。



こういうことであれば問題ありません。



考え事やスマホを止めて、
前を見て歩けばよいのですから。




しかしこれが不眠・寝不足による
脳からの警告であれば看過できません。


あなたの生活を
見直す必要があるでしょう。









脳からの警告!

机やタンスの角に足の指をぶつけるのは
脳がしっかり起きていないからです


そのため脳と体の反応に
齟齬をきたしているのです。



脳の起きている度合いを表すのは
覚醒レベルといいます。


睡眠が不足すると、
脳の覚醒レベルが低下します。


そうすると注意力が散漫になって
ボーッとします。


注意力が落ちているので、
机の角に足の指をぶつけるのです。


イヌ1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック












因みに脳の覚醒レベルが低下すると
興奮状態になることもあります。


いわゆるハイな状態です。


徹夜明けになると
妙に興奮していることってありませんか?


あれは脳の覚醒レベルが低下し、
注意力が散漫になっているので、
逆に危機感を持ち、
体が興奮状態にしているのです。


そうしないと危険だから!




しかし当然、脳の覚醒レベルは低いので
仕事などではミスが頻発します。




いずれにせよ足の指をぶつけるのは
脳が体の動きを把握していないのです。


これは脳からの警告でもあります。


脳の覚醒レベルが低いぞ…と。










脳が体の動きを把握する2つの感覚!


脳は2つの感覚で、体の動きを把握しています。


1つは平衡感覚(前庭感覚)です。


平衡感覚は
動いている時に体の傾きを感知して
バランスをとっています。


本来は動いていると、
止まっている時に保たれたバランスが崩れます。


それを平衡感覚で調整しているのです。


因みにハトは平衡感覚が発達していないので、
歩く時に頭を上下させてバランスをとっています。



もう1つは固有感覚です。

筋肉は体を動かすものだと思っていますが
実はここの感覚を脳に伝える機能も持っています。


視覚や聴覚のように、
外部からの刺激を受け取る感覚がある場合に対して
自分の動きで感覚を生み出すことから
固有感覚といいます。



この2つの感覚で動きを把握しています。


しかし机などに体をぶつける時には
この感覚の把握にズレが発生しているのです。



そしてこういう状態の時には
脳は新たな命令を出します。


それは目覚めさせるために、
戦略的に平衡感覚や固有感覚を刺激するのです。


つまりせわしなく動いたり、貧乏ゆすりをしたり
落ち着かない状態になります。



体をぶつけるのは脳の警告ですが、
他人に「落ち着かないなぁ」と指摘されたら
なお気を付けましょう。


あなたは睡眠不足かもしれません








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック




ネコ1





プロフィール

mitsuihide

夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく