睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

血流量

冷え性の人はなぜ寝つきが悪いか?



冷え性の人は寝つきがよくありません。
それはどうしてでしょうか?






1.人が眠くなる時

人が眠くなる時は、体温が低下している時です。

つまり温かい体温が徐々に低下している時に
眠くなります。

これは活動モードから休息モードになり、
体内のエネルギー消費を抑えようとするためで
これにより睡眠に誘われるようになります。


ここで問題なのは体温低下といっても
表面の温度ではないということです。


体表面の温度は問題ではありません。
そうではなく体内の内部体温が問題なのです。


内部体温とはその名の通り体内の体温で、
この温度が下がると眠くなるのです。


内部体温は腋の下で測るような
普通の測り方では測れません。

直腸などで測るやり方があります。




2.春眠暁を覚えず!

しかし諺で「春眠暁を覚えず」といって、
温かくなると眠くなる思うかもしれません。

確かにポカポカとしていると、
気持ち良くなって眠くなるということあります。

つまり温かくなって体温が上がると眠くなる
という体験をすることがあります。

「春眠…」だけではなく、例えば寒い外から
温かい室内に入ると眠くなったり、
同じく寒い外から帰って、風呂で温まっている時に
眠くなることは経験があるでしょう。


つまり体温が下がる時ではなく、
体温が上がる時に眠くなっているのです。


これはどういうことでしょうか?



先程書いたように、体温が下がる時というのは、
内部体温です。

体表面の温度ではありません。
内部体温が下がっていると眠くなるのです。


つまりポカポカと温かくなると、
体表面の温度は上がるが、内部体温は下がるのです。




3.体内で起こっていること!

これはどういうことかというと、
寒い時には内部の温度を保とうと
体は防御しようとします。

そして手足に向かう血流量を減らし、
内臓周辺を保温しようとします。



これも寒い時に体験していると思いますが、
寒い時には手足がかじかむでしょ。

あれは手足の血流量が減少して、
温度が行き渡らなくなっているのです。

血流が行き渡らないと、
温度も行き渡らないのです。


手足より重要な内臓を守るために、
内臓周辺に血流量を増やし、
温度を一定に保とうとします。


寒い所から温かいところへ移ると、
体表面が温められ、血管が拡張します。

そして手足への血流量が増えることで、
内臓周辺の血流量が減ります。

そのために内部体温が下がるのです。


体が温まることで血流が流れやすくなり、
手足が温まる。相対的に内部体温が下がる

こういったことが体内で起きているのです。





4.冷え性との関係!


冷え性の人は手足が冷たい。
これは手足への血流量が少ないことを意味します。

それ故に体の内部だけで血が巡り、
結果として内部体温が下がりません。

そのため内部体温を下げるには、
手足への血流を増加させ、
手足を温めなければなりません。

手足が温められるとそこから熱が放出され、
内部体温が下がるのです。


故に手足を温めて、血流量を増やして
熱を放出することで、スムーズな睡眠ができます。




5.手足を温める方法

本来、自分の熱で手足を温めて、
熱を放出させることができればいいのですが、
冷え性の、特に女性は難しいでしょう。

それは女性は筋肉量が少なく、
熱を生み出す力が少ないからです。


自力で熱を発生されられないのであれば、
熱を加えることが必要です。


その際に、靴下や手袋をする人がいますが、
あまりお勧めしません。

それは熱を保護する行為で、
熱を加えることになりません

熱を保護しても、元々血流量が少ないのであれば、
血流が行き届かず、熱の放出につながりません。


それより湯たんぽなどを使って、
熱を加えるのが良いでしょう。

そうすることで手足の温度を上げ、
血流量を増やし、熱を放出させて
内部温度を下げます。



冷え性の人は手足を温める。


それも温度を保護するのではなく、
熱を加えるということを考えて、
対策をしましょう。


体温と睡眠の関係


皆さんよくれていますか?

このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ11



体温と不眠!




最近暑い日が続きます。



熱いと寝苦しくなります。
寝付いても深く眠ることができず、
すぐに起きてしまうこともあります。




このような現象は
どうして起きるのでしょうか?






人が眠くなる時には深部体温が下がります。


深部体温 つまり体内の体温です。


よく病気の時に熱を測るのは
表面の体温です。


そうではなく、体内の体温を測るのです。



そうすると、睡眠をするときに
深部体温が低下していることがわかります。



ところでどうして深部体温が低下すると
眠くなるのでしょうか?





人の睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」の
2種類があります。


レム睡眠は浅い眠りで、体は眠っているのですが、
脳は覚醒している状態です。


ノンレム睡眠はその逆で、
脳が眠っている深い睡眠です。



最初に眠る時には、
深いノンレム睡眠に入ります。



つまり脳をめるのです。


脳を休めるとは
脳のエネルギー代謝を抑えるのです。


最初に眠るためには
脳の代謝を抑えて、エネルギー消費を下げる
そのために深部体温が減少するのです。



ネコ2




春眠暁を覚えず!



しかし疑問があるかもしれません。



春眠暁を覚えずというように、

暖かくなると眠くなるではないか?

と思うかもしれません。





また冬などに寒い中から帰ってきて、
暖かい室内に入ると眠くなることもあるでしょう。



これは体を温めると眠くなるのではないか?

体温が下がると眠くなる
というのは間違いではないか?…と。





実はそうではないのです。



冬の寒い時には体温を保護するために、
内部に血液を集中します。


そのために深部(内部)体温が
下がらないのです。


よく寒い時には手足が冷たくなり、
血の気が失せることがありますが、
実際に血の巡りは悪いのです。


体温が下がる時には
放熱をしなければなりません。


つまり手足に血流を行き渡らせて、
温度を上げて、熱を放出するのです。


そうしないと体温は下がらないのです。



つまり冬に室内に帰ると、
それまで手足の血流が抑えられていたのが
暖かい部屋に入ると、手足の血管が拡張し、
血流量が上がり、手足の温度が上がる。


そして熱を放出して、
深部体温が下がるのだ。





これは一部の冷え性の女性にも言えます。


冷え性の女性は

手足が冷たくて眠れない

と言います。



本人の認識としてはその通りなのでしょうが、
実際はそうではありません。


これは手足が冷えることで、
手足から熱が放出されない。
そのために深部体温が下がらないから
起きることです。


そのため手足を湯たんぽなどで温めると
血流量が増え、手足が温まり、熱が放射されて
深部体温が下がるので、眠くなるのです。


体温=深部体温と睡眠とは
密接なつながりがあります。



夏の暑いときに眠れない人は、
深部体温を下げるように努力してください。




イヌ1



livedoor プロフィール
夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく