睡眠と不眠の間に…!

皆さんよく眠れていますか? 眠れていない皆さんに、眠りのメカニズムと眠りの方法を解説します。

起床

快適な睡眠のためには、窓際族も悪くない



皆さんよくれていますか?
このブログでは読んでいただいている方に、
快適な睡眠ができるような情報を提供しています。


ネコ6


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








オフィスワーカーの錯覚!


オフィスで仕事をしている人は
照明の下で仕事をすることになります。


もちろん窓際に仕事場がある人は
照明よりも太陽に光をたくさん
浴びているかもしれませんが、
ふつうは照明の明るさに慣れているのです。



余談ですが、
窓際に仕事場がある人は窓際族などといい、
会社員の中でも立場の良くない人が付きます。


しかしこの後書くように
窓際に机がある人は、
快適な睡眠のためには
良い場所だと言えます。





オフィスで仕事をしている時は
決して暗くないと思います。


例えばビルの高いところで働いている人は
ビルから外を見る時に、中の方が明かるい
思うことはありませんか?


知識として、
外の方が明かるいということはわかっていても
感覚として、中の方が明るいと思います。


皆さんもオフィスで働いている時に、
明るい照明の下で仕事をしていると思うでしょ


しかしそれは錯覚なのです。


人の視覚は焦点を合わせるため、
日常の明るさに対応しようとします。


日常的にオフィスの中で仕事をしていると
その明るさに適用してしまうのです。



男性4


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









太陽光と比べ物にならない


実はオフィスの照明は
仕事がはかどりやすいように、
500ルクス程度に調整されているのです。


机に上の高さで500ルクスです。


では太陽の明るさはどのくらいかというと
1万ルクスです。


オフィスの20という明るさです。




人は起きてから16時間後に眠くなります。

例えば朝7時に起きると、
夜11時には眠くなるのです。


それを調整しているのは
脳のマスタークロックです。


そしてマスタークロックは
体内時計の調整を行っています。


つまり起きたら朝だよと、体を目覚めさせ、
夜になると睡眠物質を排出し、眠りに誘うのです。


この時に排出するのが睡眠物質メラトニンです。


メラトニンは昼間はセロトニンという
覚醒物質に姿を変えます。


メラトニンは睡眠に誘い、
セロトニンは覚醒をソ即します。


このメラトニンは
光を浴びると排出を止めます。


それに合わせてマスタークロックは
体内時計を調整するのです。




ところでマスタークロックは暗くなると
メラトニンを排出するように即しますが、
その境目が500ルクスなのです。


つまり1日中オフィスの中にいると、
起きているのかいないのかわからず、
マスタークロックが混乱します


そのためしっかりと光を浴びて、
体内のメラトニンを量を減らして、
覚醒するようにしなければなりません。







それではどうすればよいのか?




簡単な話で、光を浴びればいいのです。


室内は500ルクス程度でも
窓際に行けば5000ルクスくらいにはなります。


新聞を読んだり、朝食を摂ったりするときも
できるだけ光を浴びるようにすれば、
時間的にも大丈夫です。


因みに5分程度光を浴びれば、
マスタークロックの調整はスムーズになります。



そういう面では窓際族は悪くありません。








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



日差し1





朝食にゼリーは大敵!


イヌ1



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








快適な睡眠のためには
夜遅く食べないことは重要です


お腹の中に消化物があると
睡眠中も消火活動が続き、
眠りにくくなります。

つまり睡眠の質が低下します。


できれば寝る3時間前、
少なくとも2時間以上前に
食事をすませましょう。




夕食を早めに食べると、
早朝お腹が空いてきます。


この空腹具合が、
スムーズに目を覚まさせてくれます。




ネコ9







朝何を食べる?



よく洋食和食かということで

朝食にはどちらがいいかと言われます。



結論から言うと和食の方が良いのですが、

洋食でも別にいいです





和食の方が良い理由は

よく噛むからです


よく噛むことで、
体を活性化させることができます。


噛むことは運動と一緒なので、
体を目覚めさせます。



以前、起床後16時間後
眠くなるという話を書きました。



つまり朝7時に目覚めると
夜の11時に眠くなるのです。


その時にしっかり目覚めることで、
体内リズムをリセットし、
1日のスタートとなります。


そのためには起きたら
しっかり朝日を浴びる習慣をつけることと

朝食をしっかりとることです。



朝食もよく噛むことで、
体を動かし、顎を動かすことで
体内リズムが活性化してきます。


そして体をしっかり動かすと
セロトニンを分泌します。


このセロトニンは、
夜になるとメラトニンになります。


このメラトニンが
睡眠に誘うのです。



よき眠りはよき起床から、

そしてよき朝食からなのです。




ただし和食の方が理想的ですが、
洋食でもしっかり口を動かせれば大丈夫です。


問題はゼリーなどで代用することです。




ゼリーは栄養補給にはなりますが、
口は動きません。



だから起床時の食事としては不適切です。


もちろん手軽で、
しかも時間がかからないから便利だとは思いますが、


こと睡眠よおび起床の面では
マイナスと言わざるを得ません。



便利なことは必ずしも
良いことではないのです。







眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック



女性4




睡眠時間は個人差がある



ネコ11



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック










睡眠は「質」「リズム」「量」で決まります。




睡眠は何といってもが重要です。

とはいかに深く眠るのかということです。




睡眠には浅い睡眠(レム睡眠)と

深い睡眠(ノンレム睡眠)があります。



レム睡眠の時には脳は休みません。

脳を休息させるには深いノンレム睡眠をとる必要があります。





朝起きた時にも長時間寝たにもかかわらず、

あまり疲れがとれていないことってありますよね。





あれは深い睡眠がとれていないからです。


脳が休まっていないから、疲れがとれないんです。





これが「睡眠の」です。







因みにレム睡眠とノンレム睡眠のサイクルは

大体90分です。




つまり90の倍数で睡眠時間をとると、

スムーズに起床することができます。








<睡眠のリズム>

これは生活リズムとも関係があります。


先程書いたように、

眠くなるのは起床に関係があります。



起きた16時間後に眠くなるのです。


そしてそれを司るのは「体内時計」です。



体内時計は「いつ起きて」

「いつ寝るのか」が刻まれています。




このリズムが正常だと、快適な睡眠ができます。

しかしリズムが狂っていると眠れなくなります。

トカゲ1


眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック








<睡眠の量>

いくら「質」の高い睡眠をとっていても、

睡眠の絶対量が少なければ意味がありません。


深い睡眠をとって、時間も90分サイクルでも

例えば3時間睡眠なら寝不足になります



よくナポレオンは3時間しか寝ないと言いますが、

実は結構昼寝をとっていたそうです。





つまり快適な睡眠をとるためには、


出来れば6時間以上の睡眠時間は確保するべきです。


もちろん短期間なら4時間半とかでもいいのですが、


ある程度の時間を確保するように心がけるべきです。










ところでこのような話は一般的な話です。





個別にはそうでは無い人もいます。






つまり長く眠らなくてはダメな人と、

短い時間でも大丈夫な人がいるのです。







長く眠らなければいけない人はロングスリーパー


短くても十分な人はショートスリーパーと言います。





これは当然ですが個人差があります。


そしてこういう人は先程書いた

「質」「リズム」「量」にも

当てはまらないケースがあります。

ネコ9





例えばロングスリーパーの代表的な人物に

アインシュタイン
がいます。


彼は毎日10時間以上寝ないと

体調がすぐれなかったといいます。





またショートスリーパーでは

ミケランジェロなどが有名です。



彼は教会の壁などに絵を描く時には、

足場の上
で寝ていたそうです。



いちいち降りるのが面倒くさかったようです。



そして15分ほど寝ると起き上がり、

また作業を続けたそうです。






まあ確かに15分くらいの睡眠なら

わざわざ降りることはないでしょう。




もちろん15分が全ての睡眠時間ではなく、

それを複数回繰り返していたそうです。







あとショートスリーパーの代表者のように

言われているナポレオン

時間しか眠らなかったといわれるが、

結構昼寝をしていたそうだ。





リングスリーパーやショートスリーパーは

あくまで体質であり、それによって健康は害しない。


むしろ無理やり寝たり起きたりすると健康に悪い。





こういった体質もあるので、睡眠には気を付けましょう。





まあ朝起きた時に快適であれば、

何時間寝ていてもよいでしょう。








眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック





イヌ1






快適な睡眠こそ、健康のバロメーター!



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









皆さんはよく眠れていますか?




このページに目を止めたあなたは
よく眠れていないのではないですか?








毎晩、布団に入る。




しかし眠れない。





どうしてだかわからない









毎日仕事でクタクタになっている。




しかし眠れない。










これは苦しいことです。








よくわかります。







私も以前そうでした。








布団に入っても目がさえて眠れない。




眠ろうとするのに、

むしろ余計に眠ることができなくなる。







知らず知らずのうちに、体に力が入り、

体温が上がって、呼吸が乱れてくる。






息苦しい感じが、全体を襲う。








いかん!眠らないと。





寝返りをうち、
できるだけ体をリラックスしようとする。





一時的に体の力が抜けるが、

また元の通り、体が熱くなるのを感じる。






この繰り返しで、

朝まで眠れないことも度々ありました。



ネコ6




眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック















今は違います。









眠るのは大体1時すぎ



眠気に襲われて、布団に入ります。








布団に入ると、徐々に意識がおちていきます。


ゆっくりゆっくり…と、


眠りについていきます。





その間、15分ほど。






寝ている時はほとんど記憶にありません。






さえも見ないほどです。






夢を見るのは浅い睡眠時です。



その時は脳が活性化しています。
だから夢を見るのです。




当然、私も見ているはずですが、



起きたときには記憶していません。






それほど深く眠っているのです。






ゆっくり寝息をたてて、

体の力を抜いて、


リラックスしている。






脳から、体から、

今日の疲れが抜けていきます。











それから数時間後、







完全に無になっている状態の中で、


徐々に意識が覚醒していきます。





そして遠くで人の声が聞こえます。


最初は夢かと思うほど、小さな声ですが、

段々、はっきりと聞こえるようになっていきます。







もうです。







目覚まし時計を借りることなく、


かすかに聞こえる人の声や動作で、


目が覚めます









そこで、少々まどろんでから、


枕元の時計を見ます。







時間は約7時半ごろ







大体同じ時間に起きます。


ネコ8



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











そこで毎朝同じ行動をとります。




7時半ごろになれば、



必ず起きて、カーテンを開けて、


日光を体いっぱいに浴びます。








日光を浴びることで、

脳がリセットされ、覚醒していきます








だから必ずしっかりと

日光を浴びるようにします。











そしてこの時、



「あ~あっ!よく寝た!」




背伸びをしながら、声が出ます。











この瞬間が健康である証拠です。











不眠とそうでない人の違いは、


朝起きるときにわかります。









不眠の人は朝からどんよりしています。


眠れなかったのですから、当然です。






昼間、仕事をしている時も

頭がボーッとしています。

そしてやる気が出ず、積極的に仕事に取り組めません。



だから受け身の仕事の終始し、段取りも悪くなります。

その上、脳の働きが悪いので、ミスが頻発します。



それも簡単なミス、ケアレスミスが多く、

何度も繰り返します。



脳がよく休んでいないので、注意力散漫になります。



当然、仕事は遅く、残業も続きます。

更には上司や同僚の評価が下がります。



イヌ1




眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック









しっかり寝れた人は、朝から活発です。


朝早く出社して、仕事の段取りをし、

出社してくる同僚に、大きな声で挨拶します。



毎日のスタートダッシュが違います。



もしかしたら、早朝ミーティングを
こなしたかもしれません。


それに脳がフレッシュになっているので、
仕事のミスが少ない。



仕事も早く終わるので、残業も少なく、

アフター5の時間も充実します。



当然、上司や同僚の評価も上々です。


明るく活発で、仕事に積極的に取り組む姿をみれば、

評価が高いのも納得です。











1日6時間程度の睡眠でも、

深く眠ると、このように充実した人生を送れます。






健康のバロメーターは朝決まります。




それはしっかり眠れたか否かです。


















しっかり眠れること、






こんな単純なことが、

幸せのバロメーターなのです。









悩みがあれば、寝ることができません。





金銭上、人間関係上、健康上、



いろいろな悩みがあります。







それらは頭を悩まします。


「どうしよう!どうしよう!」


終わりのない、無限ループに陥ります。







この考えには、終点はありません。




答がないから悩んでいるのです。







簡単に結論が出れば、

誰も悩みません。








しかしよく眠れる人は、


この悩みが少ない人です。







もしくは切り替えのうまい人です。





だからクヨクヨ悩むことで、

無意味な思考の無限ループから抜け出します。

















こういう状況から

抜け出たいと思いませんか?








そして充実した生活を

してみたいと思いませんか?











あなたの仕事のこと、

人間関係のこと、

金銭のことの悩みを解決することはできません








しかしぐっすり眠ることを

お手伝いすることはできます。





このブログはそのような悩みの方に

読んでもらいたいと思います。











眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック






女性5

朝スムーズに起きるには?


幸せな充実した生活は

、目覚める時に分かります。




朝の目覚めが快適でないと

人は幸せではありません。







スッキリ目覚めるということは


ぐっすり眠れたということです。





それは充実した生活を

送れていることを意味します。





ぐっすり眠ることは、

比較的悩みがない人です。




もちろん悩みがない人などいませんが、

それが比較的軽い人です。





仕事のこと、健康のこと、人間関係のこと



色々悩んでいたら眠れませんよね。








ぐっすり眠れるということは

こういった悩みがそれほど深刻じゃない証拠です。


ネコ3




眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック













起床の重要性!



人間は起床した時にから、

睡眠のカウントダウンが始まります。



起床の16時間後に眠くなるのです。





そういった生活リズムが

体内時計として成立しています。






つまり正しい起床が、

正しい睡眠のなのです。








毎日同じ時間居起床することが

生活リズムを整えて、

正しい睡眠に誘います。







もちろん毎日同じ時間に寝て、

睡眠時間も一定の方が良いのですが、



なかなかそうはいかないでしょう。





そういった場合、

起床時間を一定にすることを心がけるべきです。




つまり寝る時間が不安定でも、

起きる時間を一定にさせるのです。


ネコ4



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック












起きるのが苦手な人は?





そうはいっても、

起きるのが苦手な人はいるものです。






毎日布団の中でウダウダして、

スッキリ起きられない。





低血圧な人などは、

起きるのに時間がかかります。







そんな時は
どうすればいいのでしょうか?









<太陽光線を浴びる>


一つの方法は太陽を浴びるというものです。

誰でも経験があると思いますが、

太陽を浴びると覚醒効果があります。



特に目から入った光は

脳を刺激して覚醒します。






これが脳をリセットして、

16時間後へのカウントダウンが始まるのです。




とにかく日の光を浴びるようにしましょう。





もし時間があるようなら、

ベランダを掃除するなども良いでしょう。


もしくは植物の手入れなどもしてください。



習慣づければ自然と太陽を浴びるようになり、

脳の覚醒に役立ちます。





もしそんな時間がない人なら、

毎朝、10秒ほど太陽を見ましょう。


もちろん凝視することはないです。
(目を傷めます)



しかし目からしっかり太陽光が

入るようにしましょう。




そして通勤時は日向を歩き、

電車の中でも極力窓側に立ち、

光を浴びるようにしましょう。







そうすることで脳が覚醒します。



女性1



眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック











<布団から出られない時は>

特に寒い時は布団から出にくいですよね。


そういう時はどうすればいいのでしょうか?




その時は布団の中で

ヨガストレッチをしましょう。




体を伸ばすと血行が良くなります。

そうすると体が覚醒していきます。




まあヨガとかストレッチというと

堅苦しいかもしれませんが、

要は体を動かせばいいのです。




布団の中で体を動かすと、

血流量が増大して、体熱が上がり、

覚醒してきます。



そうすると起きやすくなります。





布団から出らたら、太陽光を浴びることをれずに






もしそれでも起きられない人がいれば、

最後の手段としてシャワーを浴びます。



少々熱めの42~3度程度で。




熱めのシャワーは体温を上昇させます。





そしてシャワーが皮膚を刺激し、

交感神経優位
になります。







ただし湯船につかるのは良くないです。


血圧が急激に上がり、疲労になります





こういった対策を持つことで、

スムーズに朝起きられるようになるでしょう。











眠れなくて悩んでいる人が、
ぐっすり眠ることができる方法を無料で教えます。
興味ある方はこちらをクリック





イヌ1

livedoor プロフィール
夢しずく
ギャラリー
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 冬に寝る時に気を付ける心臓発作!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠対策は周りの理解から!
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
  • 不眠の慢性化を防ぐには・・・。サプリメントの活用も
夢しずく